2016年3月25日金曜日

ドミニカ共和国が1年で唯一静かな日

今ドミニカ共和国はセマナ・サンタです。聖週間、ホーリーウィークとも言います。いわゆるイエスキリストが処刑された日です。来たことない方はご存知ないかもしれませんが、とにかくドミニカ共和国は性に寛大で乱れてます(^u^)一応カトリックが国教らしいけど、そんな風にはまーったく見えません。それでもセマナ・サンタは、それなりに行われます。ドミニカはクラクションの騒音やコルマドという店や個人宅から流れ出る音楽の音量が、尋常なレベルではありません。耳をつんざくような、とんでもない音量で音楽を楽しみます。通常の人には、これらの音量で音楽を楽しむのは到底不可能かと思われますが、ドミニカ人にとってはそれが普通。郷に入れば郷に従え、今は大音量で音楽を聴くのが習慣になってます。日本だと警察に通報されるレベルが、ここでは普通です。

そんな音に関しては尋常でないドミニカ共和国が、唯一静かな日が今日。

どこに行っても渋滞とクラクションの音、コルマドから流れる年中似たような音調のサルサやレゲトン。そんなドミニカ共和国が、今日はとても静かでした!

近所のおじさんに昼食に誘われたので約束の1時に行ってみると、奥さんはまだ調理を始めたばかりという感じで、待つこと3時間、やっと4時に昼食にあり付けました。何時間か会話を楽しみ、そしてドライブに出かけました。

こんなに快適に車を運転出来る日は、1年で今日1日だけです。家に帰るのがもったいなかったけど、どこも開いてないし暇だったので帰って来ました。

ドミニカ共和国に旅行で来るのはいいですが、住むとなったら音は大敵です。でもまっ、そのうち大音量でサルサとかバチャータかけたくなってくると思います。

外国人にとって、セマナ・サンタは貴重な1日です。


麻薬捜査

時々こうやって麻薬捜査が行われてます。誰かがチクったりで、突然ある家を大勢の警察官が包囲して捕まえていきます。よくみる光景なので、ドミニカンのみなさんそんなに気を止めてません。こういう光景みると、一応機能してるんだ?と安心します。すこーしだけね、すこーし。

話しはそれますが、ドミニカ共和国はマリファナ吸ってる人多いです。その辺どこでも買えます。安いので50ペソ~位から買えて、時々欧米系の観光客が怪しいドミニカ人に連れられて路地に入っていくのを見ます。マリファナ買いに行ってるんでしょう。





2016年3月20日日曜日

地震

夜寝ていたら、カタっと窓の音がしました。

地震アプリで見てみると、7分後に出ました。首都サント・ドミンゴから東に100キロの場所が震源地。マグニチュードは4.6。活断層地図には載ってない場所です。活断層がなくても地震は発生するので、ドキドキですね!日本人は地震に敏感なので、1時間程怖かったです(=o=;)

いつも街中を歩いていて思うんだけど、ほんとに耐震設計大丈夫なのと思うような建物ばかりだし怖いわ!専門家も建物弱いって言ってたし、やっぱりコンテナ買ってその中にすもうかな(´ε`;)ウーン…

日本だと大丈夫かなって思えるんだけど、ここドミニカ共和国では無理です、思えません!


2016年3月14日月曜日

グリコ・ポッキー



日本でおなじみ、グリコ・ポッキー。

ナショナルというスーパーマーケットに売ってました。前から気になっていたけど、高すぎるので買おうと思えないです。138.95ペソに本日のレート2.5円をかけてみてください。ポッキー一箱にちょっと払おうとは思えないでしょー。日本で生まれ育った日本人なら。でも確か、ヨーロッパでもミカドっていう名前で見たことあったかも。同じくらい高かったけど、ドミニカの方がもっと高い気がする。

値段はおいといて、こんな遠く離れた国にもポッキーがあるってうれしいですね!

何度もしつこいですが、買いませんがっ!

2016年3月11日金曜日

渋滞と救急車

ドミニカ共和国の渋滞はすごいです。渋滞の酷さは、ある程度のお金を持っている層は、公共の乗り物に乗るという概念が全く無いのと大いに関係あると思います。それと、世界を代表する運転マナーの悪さも関係していると思いますっていうか、してるでしょ!

とにかく運転マナーもルールも最悪な国で、そのマナーの悪さとルールを守らない運転が、更に渋滞を発生させているということに誰も言及しないというか、気づいてなんでしょうか!!!!!

例えばです。

左折しようとすると、自分が曲がるためにハンドルを切っている時、左や右からかぶせるように後続の車がやってきて自分の前に突然出てきます。これ、ドミニカの運転ルールかと思うくらい当たり前に行われています。かなり危ないです。

少しでもスペースがあれば、車線とか前の車に従って運転するという概念がないので、右でも左でもお構いなしにスペースある所に車突っ込んでいきます。その為、交差点では渋滞が発生します。スペースを開けて止まるという概念がないので、十字路がすぐに塞がってしまいます。

考えるという力はないのでしょうか!ドミニカ共和国で運転すると、ストレスがたまってあまりよくないです。日本やその他の国から来た友人知人家族は、絶句。二度と車には乗りたくないと言ってます。助手席や後ろに乗っているだけでも、かなりストレスがたまるそうです。

こんなドミニカ共和国なので、救急車や緊急車両が来ても、スムーズに避けるとかできないみたいです。モタモタ走って救急車の邪魔をしてみたり、どうして避けないんだか、ずっと救急車の前を走ってみたりです。

今朝見た強者です。

対向車線はものすごい渋滞です。こちらがわの車線(二車線)にはみ出してきて、救急車が走ってきました。そのすぐ後に、一般車両が何台も続いて走ってました。そうです!救急車の後を続いて走れば、速く走れるからです。

日本じゃまずみないでしょ。そんな発想もないでしょ。

ドミニカン、やるっ!

短期旅行者の運転は、おすすめしません。

2016年3月9日水曜日

何歳になっても恋愛

えー

最初聞いた時は えっ と思うんだけど、日本ではあまり聞かない話しなのでうらやましくも思うというお話です。

今はけっこう庶民的なバリオに住んでるんだけど、もう何年も住むと近所の人殆どが顔見知りだしお友達みたいな感じで、誰がどうしたとかという噂なんかが毎日飛び交ってます。みんないい年して噂話大好きだけど、人の事を悪く言うところがないのでドミニカンは好きです。

近所の人の恋愛話だけど、70歳の数年前に旦那さんを亡くしたおばさん、52歳の年下の彼氏がいます。そろそろ1年のお付き合いになります。

貧しいドミニカの人たちは、日本で例えたらワンルームマンションのような広さの家に、家族何人もが住んでいます。息子夫婦だったり娘夫婦だったり、いったいどこに寝るんだ?!と驚く狭さです。

70歳のおばさんもものすごく小さな家に住んでいるけど、52歳の年下の彼氏が時々泊まっています。息子や娘夫婦も嫌がりはするらしいけど、別に誰の目を気にするわけでもなく生活しています。

息子や娘がいる小さな家で、トタン板一枚隔てた横のベッドで、愛をほぼ毎日愛を確かめあっているらしいです。なんとも微笑ましい話し。

52歳の彼氏は、私の家の修繕に時々来てくれる人で、この前工事を頼んだ時、ノビア(70歳の彼女)と昨晩何回やったとかそういう話しを何回も聞かせてくれました。まじで70歳と?と聞いたら、年齢なんか関係ない、セックスだと豪語してました。ドミニカのバリオでは、セックスレスという言葉は存在しないように思います。

※ノビア=恋人



もう一人のご近所さんの話し。

35歳のペドロ(仮名)に最近彼女ができました。彼女の年齢、これまた60歳。毎日おめかしして、ちょっと離れた彼女の家に行っているペドロをよく見ます。

誰にも恥じることなく、堂々と相手の年齢関係なく思うドミニカ人って素晴らしいと思いませんか?!

こういう部分からも、人間らしく生きる事ができるのは、ここドミニカ共和国だと思います。