2018年12月31日月曜日

バイクの部品調達は何処からか?! (;´▽`A``

えー、ドミニカ共和国をとことん紹介するブログです。まだここは31日の午前中です( ー`дー´)

今年最後は何について書こうかと考えたところ、やっぱりドミニカ共和国らしいお話でということで、バイク修理の部品についてのお話です。

とても庶民的な地域に引っ越して、それなりにティグレと呼ばれているドミニカん達と仲良くなったりしました。

ティグレはそれなりにあまり良くないこともして生きているわけで、ドミニカ共和国のかなり裏な部分やダークな部分を垣間見ることができてそれはそれで刺激的です。

バイクタクシーの運転手をしている(モトコンチョと呼びます)ティグレのバイクが壊れてしまって仕事が出来なくなってしまいました。

麻薬の売買を辞めてからは、真面目に?モトコンチョをして生きています。

修理代にいくらかかかるから貸してくれとずっと言われていました。毎日の売り上げからちょっとずつ絶対に返すからと、ものすごくお願いされました。

時々まだマリファナは吸っているようですが、真面目に働いているのを毎日見ていたので、バイク修理のお金を貸してあげることにしました。でも現金をそのまま渡すのは信用できないから、バイク修理の人と直接話して自分が現金を渡すならOKということにして、

そのティグレと一緒にバイク修理屋巡りをしました。

何件か回りましたが、だいたいどこも部品調達や工賃の値段は同じでした。

なんでこんなに修理屋知ってんの?とティグレに聞いたら、みんな昔は一緒に泥棒したりマリファナ売っていた仲間で、今は真面目に修理屋をやっている連中だと教えてもらえました(;・∀・)

50代や60代のおじさんいましたが、昔は泥棒してたんですね(;´▽`A`` 

まったくそんな感じに見えないので驚きでした。

何件かバイク屋をまわっている時に、時々 TANAKA と書かれた修理屋が目についたので、ティグレにどうしてTANAKAで直さないのか聞いてみたんですが、

返ってきた言葉がドミニカらしい。

TANAKA は正規に部品を調達しているので、部品代も修理代も他より高い!

ということは、その他の路上や家の軒先でやっているような修理屋はどっから部品を調達しているのという話になり、

大きな声で話すなとティグレに言われ、

小声で、盗んだバイクの部品を使うから TANAKA よりも安いんだと教えてもらえました 😨

なんか昔の会社の同僚から聞いたことありますね。車のサイドミラーの修理を頼んだら、修理屋のオーナーや部品を納めている人たちが、それと同じ車のミラーをどっかから盗んで盗品を取り付けるという話を。

ドミニカ共和国では、バイクや車の修理の部品までが盗品が使われています。真面目に正規の部品を扱っているお店ももちろんありますよ!

ですが、路上やその辺でやってる修理屋はほぼ盗品が使われているそうです(;´▽`A``

修理屋は盗品を買うから、正規で直すよりも安いということですねっ!

盗品の部品を使って直してもらったバイクや車、またその直してもらったバイクや車も部品を盗まれたりして、部品が巡り巡っているということです(∩´∀`)∩ワーイ

もう何が何だかなんですが、ここはドミニカ共和国です。

日本の常識とはかなりずれているのが、飽きないところだと思います!

もしも盗品部品が使われるのが嫌であれば、ちゃんとした修理屋で直すことをおすすめします😁

というわけで、今年最後はドミニカ共和国の盗難部品調達について書いてみました。

また来年も頑張って更新するので、よろしくお願いします<(_ _)>

2018年12月25日火曜日

フェリスナビダーっ!

昨日のクリスマスイブは、男女がいちゃつく日ではありませんです( ー`дー´)キリッ

ましてやバージンを男に捧げる日でもありません!日本はちょっとおかしいんじゃ。。。

ドミニカ共和国では、家族と食事をしたり友人達と食事と会話を楽しんだり、敬虔なクリスチャンは教会の人たちと過ごしたりします。

本日25日は祝日で、ほとんどの店が閉まっていて、年中とんでもなくうるさいドミニカ共和国でも稀な静かに過ごせる貴重な日ですv( ̄Д ̄)v

昨晩は近所のマリアさん達と、家族との食事もない貧しい人たちや子供たちに、無料の食事を配りました(∩´∀`)∩ワーイ


写真には写っていませんが、セルド(豚肉)もありました!

貧しい人も多い地域に住んでいますが、さすがに24日は家族で食事を済ませている人も多く、その中でもさらに家族がいない、親がイブの食事を用意できない家庭の子供たちが並んでくれました。

イブの前日にものすっごいでっかいスピーカーと発電機を搭載したトラックがやってきて、この地域にとめてガンガンと音楽を流していたんですが、およそ1時間後でしょうか、

警察のトラック数台とピックアップがやってきて、まるで武装集団のような格好をした警察がでっかい銃を構えてトラックの周りに立ち、

まるでハリウッド映画のような状況になりました。

誰か近所の人がトラックの騒音に腹を立てて警察を呼んだようで、一昨日のはいつものピックアップ1台の警察の注意とは違い、ものすごく迫力がありました((((;゚Д゚))))

写真を撮れなかったのが残念です(´Д⊂

警察がスピーカーを後ろに積んだトラックを運転して、没収して行ってしまいました。

あれだけの騒音と機器の数だと、日本円で10万円以上罰金を払わないと返してもらえないそうです。

これは近所の人の話なんですがね、スピーカーもでっかく数も多く、あれだけの数を没収すれば警察もかなりお金になるので、

だからあれだけの規模でやってきて、とり上げたとみなさん話していました。

小さなスピーカー一個でガンガンと騒音流している場合、たいていは注意1回で終わりです。まず没収されることはないです。

警察も商売なドミニカ共和国です(;´∀`)


本日25日ですが、ちょっと前に携帯電話に間違い電話がかかってきました。

5割のドミニカんは間違い電話と分かった時点で、一方的に電話を切る人が多いんですが、

今日の間違い電話のドミニカんは初老の女性で、じゃあ一体あなたは誰なの?と聞いてきて、どこどこに住んでいる者だけどと答えたところ、

間違えて悪かったね、素敵なクリスマスを楽しんでと言って電話を切ってくれました。

たったこれだけの出来事が、今日一日をハッピーにしてくれました(∩´∀`)∩(∩´∀`)∩(∩´∀`)∩

すべてのドミニカんが間違い電話でも一方的にぶっきらぼうに切るわけじゃないんです(´;ω;`)ウゥゥ うれしかったです



2018年12月12日水曜日

ドミニカ共和国で売られているパン

最近、ドミニカ共和国のダークな情報ばかりだったので、今日はものすごく普通なドミニカ共和国情報を書いてみようと思います(∩´∀`)∩

先日の記事の最後にも載せましたが、ドミニカ共和国には数十メートル毎に写真のようなコルマドと呼ばれている小さな商店があります!


電気代の支払いもできずATMもありませんが、日本のコンビニみたいなものでしょうか。小さく見えても、日常生活に必要なものはほとんど買えます。

貧しい人にも優しい売り方がされていて、マヨネーズやバターやサラダ油までもがグラム売り(ポンド)で買えます。バターがサクッと切られて、分厚い紙に巻いてもらった時、

ああああ~~~、発展途上国で生活してる~~~~っ!という、なんとも言えない幸福感を味わえます👀

マヨネーズなんかも、プラスチックのペラペラのコップにちょっとだけ入れてもらった時なんか、海外で生活してるかっこいい自分みたいなのも感じますかね💦

本日は、コルマドで売られているパンの紹介です!


これは pan de agua と呼ばれているパンで、アグアとは水という意味です。味がほとんどなくぱさぱさしていて、ビーフシチューやクリームシチューに最高にあう味付けです。ドミニカんはこれにサラミやハムを挟んで、コルマド内でよく食べてるの見ます😊これが意外とおいしく、ハムやゆで卵を挟んだら最高においしいです(∩´∀`)∩


これは pan de leche とい呼ばれていて、レチェとは牛乳という意味です。上のアグアのパンよりも味が濃く、シチューには合わないです。ドミニカんはホットチョコに浸して食べてるのをよくみます。


これは最近どこのコルマドでも見られるようになった、袋に入ったパンです。パサパサでガチガチで、たしか pan de sobao と呼ばれていた気がします。小学校の給食時代に出てきたコッペパンに食感が似ているので、時々買ってはジャムバターを付けて昔を偲びながら食べてます(*^▽^*)

IKEAのパサパサのホットドッグのパンにも似ているので、IKEAのソーセージを買ってきてはさむと意外とイケます。

これらのパン、すべて5ペソです。本日のレートで11.5円です!

初めてドミニカ共和国にやってきた時は、確か3ペソだった気がします。5ペソから更に値上がりされそうになった時、いろいろと問題が起こって、結局5ペソ据え置きだったような記憶があります。たった2ペソでも、庶民のドミニカんにとったら大きいみたいです😢

小腹が空いた時、1個からでも気軽に買えて便利です。大きさにばらつきがあって、小さいのに当たった時はちょっと悲しいです( ;∀;)

本日は、ドミニカ共和国のコルマドで売られているパンについて書いてみました(o^―^o)

2018年12月8日土曜日

裏で買うピストル ((((;゚Д゚))))

えー、最近ドミニカ共和国の闇の部分ばかり書いてます。

そろそろもっと明るい普通のドミニカ情報を書きたいので、さっさと書いて終わりにします(`・ω・´)ゞ

実はドミニカ共和国、アメリカと同じく銃社会です🔫

許可を取れば誰でも?ピストルを購入できます。犯罪歴があったりしたら当たり前ですが、許可はおりません。

それに登録費用も更新料も毎年かかります。

銃の値段も上がって、昔よりかなり手に入れるのが大変になったそうですが、地道にすれば普通の人は許可されるみたいです。

ですがこれは普通にお金があって普通に生きてきた人たちの話であって、

ドミニカ共和国のティグレやヤバイことばかりしてきた人に許可がおりるわけもなく、そういう人たちががどうやって銃を手に入れるか、もちろんそこはドミニカ共和国、

けっこう簡単に裏で手に入ります (;・∀・)

ティグレ達はmerucado negro メルカド・ネグロと呼んでいて、直訳すると黒い市場です。

本来なら許可されないティグレのような人たちが銃を持っているので、まあ考えてみれば物騒ですね😢

裏で買うピストルは物にもよるんですが、だいたい50,000~70,000ペソ(11万5千円~16万円)で手に入ります。

もちろん中古で、シリアルナンバーは消されてます。

玉が必要になった時は、購入先のティグレに連絡をすればいつでも購入できます💦

だいたいドミニカ共和国のティグレ数人に声をかければ、5人目以内でピストルを購入できる先がわかるはずですって、まあこんな情報必要ないですが、

ドミニカ共和国はこんな感じで裏で買えてしまうんだよ~怖いんだよ~ということで読んでください。

試し撃ちも頼めばできます(;・∀・)

ちゃんと契約している郊外の土地があって、そこに行けば撃てるそうです。確かティグレはその場所をフィンカって呼んでました。fincaって確か農場って意味だったと思います。

郊外の広い土地ってことだと思います。

こんなに誰でも気軽にピストルが手に入るということはいいことではないのは明らかですが、もっと問題なのが、この裏で出回っている銃の出処ですね。

だいたい想像付くと思いますが、誰かが誰かを殺すのに使ったピストルとかも確実に入ってるとのことで、普通の感覚を持った人間は手を出さないはずですね💦

あまり突っ込んで聞くと、反対に危険が及びますのでご注意ください💦💦💦

まあ、出所とかそういうの気にしそうにないティグレや裏の人たちが買うんでしょうが、真面目に普通に生きている側の人間からすれば、

やっぱり迷惑なお話です 😞

真面目に生きてる人が、麻薬関係の発砲に巻き込まれて時々死んでいるのもドミニカ共和国です。

ね、本当に迷惑ですよね。

こういうの無ければ、自由に人間らしく生きられて最高の国なんですがねぇ  (*´Д`)=3ハァ





2018年12月5日水曜日

マリファナ売買の現場 続編

実はですね、実はです 💦

昨日マリファナ売買の記事を書いた数時間後、偶然にも?またモトコンチョのティグレにマリファナ売買の現場に連れて行ってもらいました。

買ってきて欲しい部品があったんで呼んだんですが、話が弾んで違う場所にも連れて行ってやると言われ、好奇心からついつい付いて行ってしまいました(;^_^A

※うちのすぐ近くにモトコンチョの待機場所があり、そのティグレはいつもそこにバイクにまたがって客待ちしてます

先週、現役警察官ロビンソンと3人で行った現場の他に、その近辺の地域にいくつもマリファナ売買の場所(プントと呼ばれてます)が点在していて、絶対に地元の人しかわからないような場所で売られてました。

その近辺には小さな子供も女の人も普通に生活をしていて、だけどそんな普通に貧しい生活をしている人たちまでが、自分家の近くで売られているマリファナを買って誰でも吸っているそうで😞

幅60センチ位の塀と家の隙間を歩いて行くと、怪しいドア。そこを入るとさらに奥に続く暗い部屋。その一番奥の壁に、直径15センチ位の穴が開いていて鉄格子まで付いてました。そこがマリファナ売買の窓口。

奥からは無線のガーガーピッピーという音。

その無線の音は何かと聞くと、警察の無線を盗聴してるとのこと( ゚Д゚)

さらにその場所には怪しい部屋があり、そこでマリファナを吸うことができるようになってました

購入してすぐに、鼻から白い粉を吸っていたおじいさん、どっからどう見ても日中は路上で空き瓶やゴミを拾って生計を立てている人。

そんな何処の路上にもいそうな人まで、マリファナやコカインやクラックを常用していたとは本当にもうショックでショックで(´;ω;`)ブワッ

そんなマリファナ売買のプントに昨日は5件くらい見学に連れて行ってもらったんですが、ある場所には20人くらいの人たちがいて、みなさんマリファナ吸ったりコカイン吸ったりしていました ((((;゚Д゚))))

ちゃんと吸う場所まで併設されてる所もあって、もうあれはホラーです 😢 

昨日初めて知ったんですが、クラックという白い塊まで売られていました。プレパラードと教えてもらったんですが、プレパラードとはすぐに使えるという意味

すぐに吸えるコカインらしいです (;・∀・)

クラックをいうものを知らなかったんで、ググりました💦

日本ではいくらするのか知りませんが、マリファナだとたばこみたいな形状になったのが長さ8センチ位で200円もしないみたいです。

自分はいくらこんな現場に連れて行ってもらったからって、絶対に吸う気にはならないです(ヾノ・∀・`)ナイナイ

学生時代もエジプトやインドに旅行に行った時、友達は興味本位でみんな吸ってましたが、霊感家系に育ったせいでしょうか、やたらとスピリチュアル的な考え方をしてしまって吸えません 😞 それで正解なんですがねっ!

昨日行ったマリファナの売買スポットみたいな近辺で育った子供は、やはり大きくなってそれ関係の人生を送ってしまうそうで、

他のプントを襲ってその復讐でピストルで撃たれたりとか、あまりろくな人生待ってないそうです😞

こういう麻薬のプントに来れない、ドミニカ共和国で高級住宅地と言われているNacoAppoyo Hondo地域に住んでいるリッチなドミニカん達は、麻薬売買のプントから売りに来たティグレ達から10倍~20倍の値段でマリファナやコカインを買うそうです (;´∀`)

と、モトコンチョのティグレに教えてもらいました。

本当に昨日行ったどの場所も、ひっきりなしに誰かが買いに来てました。

買いに来ている層は本当に日常生活の路上で見る、普通のドミニカん達。

路上でゴミを拾ってるおじいさん達、どこにでもいそうなモトコンチョのドライバー、普通のおじさんおばさん、若者。

今まで知らなかったけど、みなさんけっこう普通にマリファナとか吸ってたんだなとドミニカ共和国を見る目がすこーし変わりました💦💦💦💦💦

普通に観光に来たり、普通に仕事で住んでいるだけでは、なかなか行けない場所だと思いますが、自分は偶然にもドミニカんの生粋のティグレ達と知り合って、

もっともっとダークな話も聞いたんで、これからも時々書いていきたいと思います。




〇〇〇の闇の売買現場へ ((((;゚Д゚))))

先週の出来事なんですがね、昨日の記事に書いたモトコンチョのティグレと、もう一人現役の警察官と、

普通に生活していたら知らないような場所に連れて行ってもらいました(^^;

ドミニカのどんなことも知っていた方がいい!とか二人に言われて、じゃあお願いしますと現役警察官ロビンソン(仮名)が運転する車の後部座席に乗って連れて行ってもらいました。

その場所は何処かまでは伏せておきますが、マリファナやコカインが売買されている薄暗い一軒家の部屋でした。

ドアの中と外に見張りがいて、買いに来た客の為にドアの開閉🚪

中に入るとテーブルに緑っぽい葉っぱと白い粉が置かれていて、客の注文に合わせてグラムを量っているところでした。

緑の葉っぱはマリファナでドミニカ共和国製、白い粉はコカインでコロンビアからの輸入だそうで(;・∀・)

その場ではドキドキで聞けなかったんですが、後から聞いたら、

マリファナは1グラム50ペソ(115円)、コカインは1グラム800ペソ(1,840円)でコカインの方が高級品!

先進国から来た外国人が炙って鼻から吸っているとか教えてもらいました💦

ドミニカ共和国でヒッピーのような生活をしていてるアメリカ人やイタリア人、吸いたい時に彼らに頼んで連れて行ってもらうそうです。

1人のイタリア人がモトコンチョのティグレやロビンソンを見つけられなかった時、大丈夫だろうと一人でその地域に買いに行ったら、即効路上でスマホを奪われたそうです( ゚Д゚)

アジア人が一人で歩いて無事で居られる場所ではないようで、モトコンチョのティグレやロビンソンと歩いていれば、誰も危害は加えないそうで、事実無事に行って帰って来れました。

最初にロビンソンの車から降りた時、その真横に座っていたドミニカんの女の人が、口と目を大きく開けてびっくりしていた様子で、拉致られてここに連れてこられたアジア人がこれから何かされると思っているような感じだったので、

実は慌ててロビンソンの車の後部座席に戻ったんですが、自分たちと一緒なら大丈夫だ!と言われ、再び恐る恐る外に出たような場所で、一人では(ヾノ・∀・`)ムリムリ

その場所には警察も時々行くそうですが、摘発とか逮捕ではなく、マリファナを売っているティグレ達からの上納金を受け取りに行くだけで、逮捕とかほっとんどないそうで、ドミニカ共和国の警察の腐った部分が見れます( ー`дー´)キリッ

マリファナを買いに来ていたのは、モトコンチョの運転手や、どこにでもいそうなティグレ達。

その場所にマリファナを買いに行けない人たちに、そこで買ったマリファナをロビンソンは高値で売っているそうで、

考えてみれば警察官の給料では買えないようなヒュンダイのセダンを最近買っていました😞

マリファナ売買で捕まったとしても、取引していたグラム数で賄賂渡して釈放の金額も変わってくるそうで、誰かが警察に賄賂を渡せば、マリファナ売買でも数時間で自由になるそうで、本当にドミニカ共和国は犯罪天国です😢

そしてまた翌日から通常通りマリファナ売買、国が貧しいと警察官は金銭を他から得るために犯罪者も簡単に野放しにする国です 😞

ドミニカ共和国はマリファナも合法ではないので、観光に来てついついマリファナを吸ってしまって逮捕なんてされてしまった場合、賄賂を渡してくれる人がいなかった場合は悲惨な状況になりますんで、どうか合法の国でお願いします<(_ _)>

今日はドミニカ共和国の闇のマリファナ売買について書いてみました。


2018年12月4日火曜日

オーマイガー!ドミニカん ( ゚Д゚)

あのですね、ドミニカ共和国にはティグレと呼ばれている人たちがいます。

日本に例えると、なかなかこのティグレに近いカテゴリーがないので表現しにくいんですが、

職に就かず勉強もせず、ただだらだらと毎日を酒と女とマリファナで過ごしている、

お金儲けの方法は窃盗やマリファナ売買等の悪いこと、まあこんな感じでしょうか。

でも根っからの悪人ってのは結構少なくて、どんなティグレも情に熱いっていうか、

日本のコンクリ事件や九州のサイコの殺人事件の方がずっと悪人で、そういうのとはまた違うタイプの悪い連中って感じなドミニカんのティグレですがね、

もう本当に唖然と( ゚д゚)した出来事が本日ありました( ;∀;)

庶民的な地域に長く住んでいると、ティグレと呼ばれるドミニカん達とも親しくなってきて、そんなティグレの中にはマリファナ売買を辞めて真面目にバイクタクシー(モトコンチョと呼びます)をしながら日々のお金を稼いでいるティグレもいて、

最近とくに親しくしているティグレのドミニカんがですね、サラッとあり得ないことを本日教えてくれました😞

そのティグレが、昨晩路上で人を襲って現金を強奪したそうです ((((;゚Д゚))))

あまりにもサラッと言うもんだから、最初は冗談かと思ってたんですが、本気でその奪ったお金でバイクを買いなおしたいから相談したいと言われました。

最初は何言ってるのかよくわからず、何回か聞きなおしてやっと把握できたんですがね、

とにかく本当に昨晩人を襲って現金を強奪したそうです。

「そ、そんな悪いことはするな!ちゃんと真面目に働いて生きろっ!」って言ったんですが、

「だって言ってただろ、ここの物は盗むな、盗むなら外で盗め、他の人から盗めって、だから他の人から奪ったんだよ、絶対にオマエからは盗みたくないからな、だって恩人を襲えるわけないだろ」

と、こういうわけです(;・∀・)

言いました、確かに言いました!ウチに来た時に、ここの家の中の物は盗むな、盗むなら他でやってくれと冗談でっ!冗談でサラ~っと言っただけのことが、

そのティグレのお友達はその時の言葉を本気で取っていて、だから他から盗んだと言うではないですか😢

日々真面目にバイクタクシーしても、その日の家賃払ってご飯買ったらおしまいだ、それ以上の物は何も買えないって。いや、だからって盗んじゃだめじゃ、、、、、、(;´∀`)

自分はそのティグレを時々金銭的にも食事的にも助けてあげていたので、ものすごく感謝されています。それはそれでうれしいことなんですが、だからって、、、ねぇ 😞

そのティグレから、毎日パトロンとかフェッフェとか呼ばれてます(^^;

盗んだことが気に入らないなら、そのお金をイグレシア(教会)に寄付すればいいかと真剣に聞かれたんですが、もうノーコメントです。

とにかくあの時の言葉は冗談で、ウチでも外でも何処でも誰にでも盗みはするなと言っておきました。

そのティグレとは会話も弾み、いっぱい物事を知っていて(知らない世界ばかりだけど)頭の回転も早い、ちゃんとした国で教育を受けていたら、

もっと違った人生があったんじゃないかとよく思います😢

国のレベルも教育レベルも低く、本来の能力をこの国では発揮できていない人がゴロゴロいるようにも思うんですが、運命っていうかそれが人生ですねっ。

日本人に生まれたのも運命、う~ん。

私にできることは何かっ!と考えたら、ティグレたちともっと仲良くなってまともな人生を歩めるように協力していくとかいいなと思ったんですが、

まあドミニカんのティグレたちが聞いてくれるとは思えないんで、そっと見守るだけ?ですかねっ!

本日はドミニカ共和国のティグレという人たちについて書いてみましたが、時にはティグレは真剣に人助けもしてくれる、とても熱い人たちなので、ドミニカ共和国に来た時はそんなにおそれる心配はないです、ただお財布と貴重品だけはお気を付けください<(_ _)>










2018年12月3日月曜日

犯罪天国!ドミニカ共和国 (/・ω・)/

ドミニカ共和国って、多分というか、きっと日本じゃ通用しないようなことが日常としてあって、

だから日本の常識で育った者は何度か聞き返さないといけない場面が多々ありまして、

ずっと前からなんとなく聞いて知ってはいたことを再確認っていうか、詳しく教えてもらったら、

やっぱり😅な、クレージーな国であることは間違いありません。

日本に例えると、西成のあいりん地区みたいな感じとはまた違うかもしれませんが、下町も下町、そんな場所に住んでいると、

やっぱりよろしくない知り合いも友達もできてしまって、普段付き合ったり会話するには問題ないんですが、

彼らのお話を聞いていると、もう((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルなお話ばかりです(;・∀・)

日本だと窃盗や人を傷つけるような犯罪を犯したら、不起訴になったり示談成立したりしても、すぐには出してもらえないかもしれませんが、

ここドミニカ共和国だと、例えば外国人の観光客を襲ってスマホを盗んだとし、運悪く逃げる途中に警察に捕まって連れて行かれたとします( ー`дー´)

もしも奥さんや両親や友達にお金があれば、警察にお金を渡してすぐに出してもらえます。

もちろんやった犯罪の程度によって、警察に渡すお金(賄賂みたいなの)の額が変わってきます。

ちょっとした窃盗などの犯罪だと、5,000ペソ~7,000ペソが相場だそうで、日本円に換算すると1万円ちょっと~1万5千円ちょっとです

さすがに殺人とかになったりすると、一応ドミニカ共和国では刑期が30年が最高だそうで、それを無しにするのは無理らしいですが、

1年とか2年という短期に変更ということは、どうやら可能みたいです。

もちろん、お金を払ったらですよ!これができるのは、よっぽどのお金持ちらしいですが(^^;

昨日窃盗で捕まった人間が、家族たちが警察に賄賂を払ってすぐに出してもらい、また翌日窃盗とかよくある話だそうで、もう本当にいい加減で適当な国ですねっヽ(`Д´)ノ

真面目に生活してる方の人間にしてみれば、そんなに簡単に犯罪者が放たれたら警察や刑務所の意味ないです😞

お金を払えばすぐに出れるという感覚なんで、みんな誰でも気軽に犯罪するんだと思います😞

バーに勤めている近所のホルヘ(仮名)も、最近観光客のクレジットカードコピーに加担して警察に捕まりましたが、すぐに出てきてコルマド(商店)でジュースを飲んでました(;´∀`)

その後、刑務所に入るとかそういうものは一切ナシです。

一応警察も犯罪者を捕まえるという行為は行ってますが、その後が適当も適当でありえないでしょ (*´Д`)

殺人が起こっても、泥棒が入っても、放火されても、日本の鑑識系のドラマで見るようなすごい捜査は行われず、とりあえず警察車両はいっぱいやってきて必要最低限なことは聞かれますが、きっと多分それだけです、本当に犯罪天国です。

だから皆さん、ドミニカ共和国に来られること&住まわれることがあれば、悔しい思いをしないよう日々お気を付けください<(_ _)>



2018年12月2日日曜日

ドミニカ共和国、結構厳しい ((((;゚Д゚))))

おひさしぶりでっす!

ちょっとバカンスで、フロリダの友人を訪ね1か月くらい向こうでのんびりしてきました。

帰ってきて1週間くらい経つんですが、やっぱりドミニカ共和国はヘビーです(;´∀`)

それくらい殺伐としていて、でもいい加減で適当で、何とも言えないクレージーな国だと思います。

最近見聞きしたあんなことこんなことに比べたら、これから書くことはそんなに大したことじゃないんですが、

けっこういい加減で適当な国だと言っても、なかなか怖い部分もありました。

とある勤め先で、評価らしきものが行われたそうです。

それぞれ従業員の名前が書かれてあって、それに投票をする形になっていたそうです。

その結果、100人中1人からしかいい人だと評価されなかった人が、即効首になってしまいました( ゚Д゚)

残りの99人が、その人は悪い人だと評価し、自分より立場が下の人を酷く扱ったり悪く言ったりすると書いたそうです。

そのアンケートみたいな評価の結果で、何十年か務めた勤め先を辞めさせられた人が一人います。

もちろん退職金は通常通り出たそうなんですが、けっこうシビアな世界だと思いませんか (;´∀`)

けっこう上の方の立場の人だったんですが、アンケートだけの結果で辞めさせられるとは、合理的というかなんというか、なんか怖いっ!

ドミニカ共和国は、お店や企業の人の移り変わりがけっこう激しいです。

突然たいした理由もなく辞めさせられたり、日本人には理解できないようなシステムもあります。

大統領や政権?が変わったら、公務員の従業員も変わってしまうみたいなことも聞いたんですが、長く勤めている人もいるし、

本当に辞めさせられた人もいるし、その辺のシステムはまだ完全に理解できていないので詳しくは書けません。

今日は久しぶりだったので、けっこうかる~いドミニカん情報を書いたんですが、

数日前に連れていかれた場所は、本当に((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルな場所でした。

まあ、日本で普通に生活をしていたら生涯見るような場所ではないと思うんですが、

そんな場所があちこちに普通にあるドミニカ共和国、楽ちんで適当に生きれて便利なんですが、ちょーっとやっぱり怖いですね (;・∀・)

その話はまた後日書きますね。それでは。


2018年10月25日木曜日

ドミニカ共和国にもUber Eatsができました(∩´∀`)∩ワーイ?

AmazonといいUberといい、アメリカ以外の国の地元企業がどうなろうが知ったこっちゃないという感じなので、AmazonもUberもあまり使いたくないんですが、

ドミニカ共和国のような離れ小島のなんにもない国では、仕方なく使ってしまいます(;・∀・)

日本にいたらAmazonより楽天、Uberより自分の車です( ー`дー´)キリッ

でね、最近ドミニカ共和国のUberもUber Eatsを始めたようで、

まだまだメニューは少ないんですが、試しにどんなものかと注文を実際にしてみました。

残念ながら配達区域外に住んでいるんで、わざわざ地域内の友人宅に行き、ケンタッキーを利用してみました!

その感想です

もう二度と注文すっか ヽ(`Д´)ノプンプン でした!

注文から到着まで約50分

宅配料やら詳しい説明を読まず、とりあえずボタン押してみたら注文受け付けとなり、

調理中マークが点滅、そして配達中が点滅、、、、、、という感じで、

実際にUberの運転手さんがケンタッキーから配達先までのルートと今現在がフォークとナイフのアイコンで表示されました。

メニューの価格に配送料も含まれているみたいで、お店で直接注文するよりもちょっと高くなっていました。

友人宅の近辺はまったく初めての運転手さんで、到着予定を10分位オーバー。

そして手渡しで受け取りました。

UberEatsはクレジットカード払いのみで、受け取るだけで何も払わなくていいんですが、ドミニカ共和国のUberは他国と比べてかなり安い!

運転手さんは雀の涙程度しかUberから受け取れないんだろうなと思ってましたが、やっぱりそうでした。

この配達でいくら稼げるの?と聞いてみたところ、もう聞いてビックリで涙が(´;ω;`)ブワッっと

夜の10時前にガソリン使って20分程運転して、たったの80ペソ! 日本円にすると190円あるかないかです。

ドミニカ共和国のUberは鬼ですね。

安いと想像していたんで一応チップを用意してたんですが、用意していてよかったです(о´∀`о)

これは運転手さんのせいじゃないですが、冷めたチキンやポテトはあまり食べれたもんじゃないですね(;^ω^)

一応保温っぽい箱から出して渡してくれたんですが、ピザハットの冷めたピザと同じく冷めてました。

そして注文したものと違うジュースが届き、中の具材も間違っていました。ただ間違っていたなら可愛いですが、これはないやろという状態の物がはさがってました。詳しく書くのはやめときます(´;ω;`)

間違えはドミニカ共和国ではデフォなんでいちいち文句言ったりせずに、大人しく受け入れられるようになったんですが、

店舗で注文したら間違ったものは交換してもらえ、酷い状態のものはその場で言え、もっとあったかいチキンとポテトを食べれるのにと思ったら、

少し高いメニュー代払ってもう二度とUberEatsでケンタッキーを注文することはないです( ・ิω・ิ)

ためしにどんなものかと利用してみましたが、まだまだ始まったばかりで今の状態では継続して利用したいと思えるサービスではない

ドミニカ共和国のUber Eatsでした!




2018年10月24日水曜日

ドミニカ共和国でも貞操を守っている人はいますっ!

最近15歳の子が男と同棲していたとか32歳の男と付き合って妊娠したとか、そういうドミニカンの性にとても奔放なことを書いたと思いますが、

今日はその反対に、ドミニカ共和国にも立派に貞操を守っている人たちが存在するというお話です。

もともとドミニカ共和国はキリスト教が根付いているので(ちょっと変わってる感じしますが)、クリスチャンも数多くいます。

クリスチャンの中にも、エヴァンヘリコ、クリスティアーノ、カトリカ等いろいろと宗派みたいなものはありますが、

基本はやはり結婚までセックスはしないとうのは聞いてはいたんですが、聞けるに聞けなかった事をとある23歳のドミニカンのおネエチャンから教えてもらいました(∩´∀`)∩ワーイ

日本にはドミニカ共和国まで宗教が根付いていないので、クリスチャンだから結婚までセックスはしない!とかいう概念ほぼゼロなんで、

どっちかと言えば日本もドミニカ共和国に負けず劣らず性に寛大で奔放なのかもしれませんね( ー`дー´)キリッ

といいまいすか、クリスマスイブは彼氏とお泊り~とか言ってる人多いんで、ドミニカ共和国よりも実は日本の方が性に緩いんでしょうか(;^ω^)

ドミニカ共和国でさえ、クリスマスイブは彼氏とお泊りぃなんて概念ありませんです。

たまたま23歳の若いドミニカンのおネエチャンに兄弟は何人いるかと聞かれ、そこから話が始まったんですが、

普通は日本では2人か多くて3人、一人っ子も珍しくない時代です。私の時代も兄弟合計2人というのが多かったです。

どうして日本はそんなに少ないんだと聞かれました。そのおネエチャンは5人兄弟がいて、他のドミニカンも5人とか8人とか10人兄弟姉妹とか珍しくないです。

ドミニカ共和国は中絶禁止国なので、中絶は行われていません。

日本人はどうやってコントロールしているんだと、すっごい真顔で聞かれました(;・∀・)

日本人夫婦にはセックスレスというのが多くて、私の友人で同じ部屋に寝ているけれど5年セックスがない夫婦がいるよと教えたら、おネエチャンはものすごく驚いていました。

ドミニカ共和国の若者はセックス大好きですぐにセックスして妊娠して、そんなのばっかりで私は嫌だと嘆いておられました。

おネエチャンのお話では、ドミニカ共和国の女の人はピルや注射で妊娠しないようにするから、こんなに太ってるんだそうです。

確かにドミニカ共和国は巨体な女の人が多いですね(;^ω^)

アメリカに負けてないおデブちゃんが8割位の国で、確かにあまり魅力感じないですね(;^ω^)

多分おネエチャンは日本では中絶もできるし、将来のことやお金のことを考えて夜の夫婦生活に余裕が持てない等、まったく想像ができないんだと思います。

だから説明するごとに驚いてましたが、日本みたいにもっとコントロールすればいいのにと、日本を羨ましがっていました。

そして突然、私はまだバージンよ!

と、得意げに教えてくれました!!!

それはとても良いことだと思うよと言ったら、喜んでくれました(∩´∀`)∩ワーイ

結婚まで絶対にしないそうです。彼氏がいるんですが、会ってお話をするだけのお付き合い、もうなんてええ子や~(`;ω;´)ですねっ!

このおネエチャンもクリスチャンで、毎週日曜日は教会で過ごしているそうです。だから彼氏と会うのは土曜日だけ。

日本人にももう少し宗教というものが根付いたら、クリスマスイブは恋人とホテル予約なんて変な考えなくなるんじゃないでしょうかっ!

まっ、多分一生来ないでしょうが、残念です。

性にものすごくいい加減だと思っていたら、とても意外だったのでドミニカンのおネエチャンたちについてかなり見方が変わってきました(о´∀`о)

日本人と比べてみなさん顔の彫りも深く派手なので、相当すごいんだろうなという先入観だけで申し訳ない (_ _;)

でも実際に教会に行ったり聖書を読んでいないドミニカンは、とても性に活発で低年齢化もすごいです(;^ω^)


2018年10月21日日曜日

ドミニカンの復讐行為について(;^ω^)

ここに住み始めた頃から思ってたんですが、

ドミニカンってかなり幼稚な人が多いです( ー`дー´)キリッ

ラテンで陽気な人たちであることに変わりないんですが、日本のように島国というのが影響しているのか、

ちょっとどこか独特なラテンな雰囲気とネチッとした性格の持ち主も多いのではないかと思います!

目には目をじゃないですが、ドミニカンたちを観察しているととにかくベンガンサ(復讐)が多いです。

最近近所の人たちに起こった実話なんですが、ドミニカ共和国では個人が路上や家の前に飲食関係の屋台を出していることが多く、

家は遠いけど何故かそこの路上で小さな屋台を出している人は、その近くの家の人に頼んで屋台の荷物を夜は置かせてもらっているとかもよくあって、毎月置賃を家主に払ったりしています。

今回これで近所で問題が起こってしまい、幼稚だなと思いながらみてました(;^ω^)

露店の荷物をある家に置いていたドミニカンがいたんですが、荷物を置かせてあげていたドミニカンが置賃値上げを要求したところ、

もっと置賃安くていい他の家に変えてしまったところ、新しく置かせてあげていた家のドミニカンが荷物を最初に置かせてあげていた家主から恨みを買ってしまい、意地悪をされてしまいました。

と言うのも、新しく荷物を置かせてあげていたドミニカンは自分の持ち家ではなく、

家賃ただでその家に住まわせてもらっていた人で、最初に荷物を置かせてあげていたドミニカンが、

本当の家の持ち主の家まで公共機関乗り継いではるばる行って、あることないこと吹き込んで、

それを信じた本当の家の持ち主は、ただで住まわせてあげていたドミニカンに出ていくよう命じてしまいました(´・ω・`)

マリファナを売っているとか、夜は変な女を家に入れているとかあることないことです。

自分が賃料値上げしたから安い所に変わられただけなのに、自分には賃料が入らなくなったもんだから、

その恨みの矛先が新しく荷物を置かれた家の人とか逆恨みもいいとこなんですが、そこがドミニカンです!

なんかややっこいですが、これ実話です。

ドミニカでは子供じみた嫌がらせがけっこう日常的に行われています!

コロンビア人のオネエチャン一家が借りて住んでいた家の大家が、オネエチャン一家に出ていって欲しかったらしく、わざと水のパイプを切って水を止めたり、電気の配線を切って電気を止めたりで、やり方が素直ではなく子供じみていて、

オネエチャン一家も最初は水をバケツで運んだりして戦っていたんですが、結局もっといいアパートへと引っ越しました(о´∀`о)

あと怖いのが、ドミニカン意外と単純で本能的に動いてしまうところがあるので、

ドミニカ共和国でローカルな地域で交通事故を起こしてしまって、もしも対象が小さな子どもだったりした場合は命ない場合が多いです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

すぐに近所や親戚が子供が轢かれた場所にやってきて、運転手をボッコボコに殴る蹴るの暴行で命の保証ありません

警察なんてすぐに来ないし、ちょっとした事故くらいでは絶対に来ないし、

ドミニカ共和国ではローカルな地域で事故を起こした場合は、さっさと逃げろと言われているくらいです!

人間として正常な感情で轢いてしまった人を介護しようとすると、周りのドミニカンに殺されてしまう場合があります、これまじです、実際に見たから言えるんでっす!

まじで怖いですよ(;・∀・)

話はそれましたが、本当にドミニカンたちは復讐や嫌がらせを幼児のような純粋な?気持ちでやってしまうので、ドミニカ共和国に来ることがあったらどうか恨みを買わないようお気をつけください!

ただで住んでいた家を追い出されたドミニカンですが、大家にあることないことチクったドミニカンに復讐を考えているという噂が近所に流れています (;^ω^)

人を雇って闇に葬ろうとしているとか((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ドミニカンのこんな部分には、極力関わりたくないですねっ!

今日はドミニカ共和国の復讐(ベンガンサ)についてでした(∩´∀`)∩ワーイ?


一応追記

親同士の喧嘩で子供が巻き込まれ、ケンカ相手の娘さんを人を雇ってレイプさせたとかもありました。貧しい国なのでお金の為ならそれくらいの事平気でやってしまう人が多いのも事実なので、どうかドミニカ共和国で人の恨み買うのだけはやめましょう (;^ω^)

未成年者とのお付き合い その後です((o(´∀`)o))

15歳の若いドミニカンの女の子と付き合ってる32歳のドミニカンのお話です。

昨晩ですが、やっと?うちから出て行ってくれました(`;ω;´) 

写真載せるわけにはいかないんですが、本当にねえ、二人とも何考えてんだヽ(`Д´)ノプンプン

実は!

15歳の彼女の方も昨日うちにやって来てたんですが、私妊娠してるのとか言うんですよね、妊娠ですよ、妊娠。

(´゚д゚`) はあ?ですよ

だって先週にお互い再び会い始めたと聞いていたのに、妊娠ってどういうことですかね(・・?

よく聞くとこっそりと2ヶ月前から会っていたらしいんですが、人んちお世話になるのに嘘付くかねヽ(`Д´)ノ

一応年上として当たり前の助言しときました。

その子、もう何年も前から学校に行ってないです。学校に行かずダラダラ生きて、たまにタトゥー入れに行ったり鼻ピアスしに行ったりです。

言っても響かないと思っても、一応言いましたよ、一応!

今は若いからいいけど年取ってくるしこんな貧しい国でどうすんの?と。

勉強もしていない手に職もつかない、今しかできない勉強をするべきだと真顔で一応。

案の定、まったく通じませんでした (´・ω・`)

ベベ~(赤ちゃん)とか言って二人で盛り上がりながら、妊娠したとなったら話は別で親も家に帰ってきていいとのことで帰って行きました。

二人共すごく性にいい加減で寛大な二人なので、自分の子供っていう確信あるんでしょうかね(;^ω^)

15歳の女の子の方には同時進行の他の彼氏もいたと聞いているんですが、もう好きにしてくださいでっす!

それにしても妊娠が本当だとして、32歳の方は無職の寄生虫です。

これから先どうしようとかそういう思考回路ゼロで、ただただ毎日ハッピーです。

今度娘と会ったらと女の子の父親に脅されていたのに、妊娠とかなって命大丈夫なんですかね(´・ω・`)

周りのドミニカンをみていても、生まれてくる子供の将来や学費を考えて作っている様子はないし、

すごく子沢山なドミニカ共和国です。

女の人は未婚で10代で生んで、また20代で他の男の子供生んで、また違う男の、、、、、の父親が全部違う兄弟姉妹がたくさんです( ・ิω・ิ)

私の母親はまだ生きているという70歳のドミニカンがいるんですが、お母さんは何歳かを聞いたら83歳。

13歳の時の子供さんです。ドミニカンの昔の人なら珍しくもないし、今のドミニカンでも15歳で出産とか14歳で出産はたまに聞きます。

もちろんちゃんとした教育ができていないので、貧乏の負の連鎖です。

日本人の思考回路からすると、

これでいいんですかねと不安に思うんですが、ここは日本じゃないし、みんなドミニカン貧乏でもハッピーに生きてるから、

これはこれでありで、他人が口挟むことじゃないのかもしれませんねっ!

というわけで、数日間勝手に住み着いていたドミニカンの友人は、昨晩妊娠したという彼女と一緒にやっと帰っていってくれました

(∩´∀`)∩ワーイ


2018年10月17日水曜日

未成年者とのお付き合い(*˘︶˘*).。.:*♡

とことんドミニカ共和国の情報を伝えたいブログですが、本日は情報と言いますかドミニカンの恋愛についてです。

実はドミニカンの友人の一人が(30代)、15歳の女の子と付き合っています( ー`дー´)

機会に恵まれれば、お金がある好きでもない相手と結婚して子供まで産んでしまう事にあまり抵抗のないドミニカンの女性が多い中

30代のお金もなく働きもしない相手と愛情だけで付き合っている15歳のドミニカンの女の子、これは純愛だと思ったんですが、年齢的にどうなんでしょうかねというお話です(;^ω^)

何人かのドミニカンに30代の男が15歳の女の子と付き合う事にこの国で問題はあるのかと聞いたところ、大問題だ!犯罪だ!という人もいれば、

当人同士が好きあっているなら問題ない!アモール(愛)だ!というドミニカンもいるので、

これが問題になるのかならないのか、何が正しいのかはよくわかりません。

大丈夫なのかなと思いながらアメリカや日本に帰省している間、その30代と15歳のドミニカンカップルに問題が起こっていました。

15歳の女の子のお父さんはアメリカに出稼ぎに行っていて、ドミニカに帰省中に娘の交際相手が30代無職ということを知り激怒、

両家の家族が集まって話し合いになったそうです。

30代無職男性ドミニカンの家族は、もう二度と娘さんと合わせないと誓い、お互いの電話番号を変えさせて連絡を取れなくしたそうです。

女の子の方はお母さんが住んでいる家に引っ越しさせられ、二人は離れ離れになりました(´;ω;`)

というのも、30代無職ドミニカンのアパートの真上に、15歳の女の子は祖母と二人で住んでいたからです。出会いはアパート内((o(´∀`)o))

数ヶ月会えなかった二人ですが、突然先週お互いに会って愛を確かめあったそうで、

付き合いを再開させました(*˘︶˘*).。.:*♡

そのカップルが昨晩うちに飲みに来ていてタクシーで仲良く同じアパートに帰って行ったんですが、また2時間後に二人がうちにやって来ました(゚∀゚)

実は昨日午後、二人が仲良く27通りという道路を歩いているところを30代ドミニカンの叔父さんに見られてしまったそうで、

叔父さん激怒で出て行けと言われて家を追い出され、30代ドミニカンがうちに転がり込んで来ました(;^ω^)

女の子の父親が知ったら、ドミニカンの友人の命大丈夫でしょうかね((((;゚Д゚))))

今度娘と会ったら命はないとか言われてたらしいんですが(;・∀・)

ドミニカン、意外な人が気軽にピストル持ってるから怖いです。

うちで面倒おこさんでくれと思いながら、お金がないので追い出すわけにも行かずこまったもんでっす!

何歳でも愛し合っている二人を引き離すのは、無理というものですね。

というか、働けと思うんですが ( ´Д`)=3



2018年10月14日日曜日

ドミニカ共和国に小包を送る時は、潔く諦めましょう( ー`дー´)キリッ

過去に書いた記憶あるんですが、ドミニカ共和国に小包を送られる予定がある方は是非読んで見てください(∩´∀`)∩ワーイ

日本からドミニカ共和国だと、DHLとかはめちゃくちゃ高いので、

郵便局から送るスモールパケット国際小包船便になるかと思います。

日本からだとアメリカのNY経由でドミニカ共和国まで荷物が届くんですが、ドミニカ共和国の空港に荷物が着いた時に、

箱を開けられて中を確認されます。

ちなみに船便で日本から出しても、NYからは航空便になります!

確か何年か前はチェックするのは郵便局に取りに行って(家まで配達なんてしてくれませんよっ!)その時に本人立会のもと、箱を切って中を確認してくれていました。

それが残念な事に、今ではサント・ドミンゴの空港で勝手に中を確認されて閉じられます。

これが問題なんです、これがっ!!!!!

aduana(税関)の開封職員が、これまた本当にいい加減もいい加減、超いい加減な仕事しかせず、

荷物2個につき1個の割合で、中身がざっくり切られてます!

日本人の感覚なら箱の上部のテープでとめていた線に沿って箱を開封すると思うんですがね、ここはドミニカ共和国、

日本の常識は通じませんよ( ̄ー ̄) 日本では~なんてウンチク傾けても笑われるだけですよっ。

箱の底側が切られていたり(下の写真)


箱の側面が適当に切られていたり(写真下)



もう嫌がらせとしか思えません ヽ(`Д´)ノプンプン

親に荷物頼む時、切られても大丈夫なように厚紙とかを一番上に置いてと頼むんですが、意味ないない。

だって底や側面適当に切るんですよ、それもざっくりと!

もうこれは薄いアルミを敷いたり側面に入れたりするしかないでしょっ!!!!!

切られても中が傷つかないようにするには、もうこれしか手がない(`;ω;´)

不幸中の幸いでしょうか、写真1枚目に見える白いスーパーの袋の中には犬の寝床が入ってましたが、うっすらとクッションに線が付く程度で寝床本体は無事でした(´;ω;`)

写真2枚目も中身が切れたんですが、こちらはインスタントラーメンの外の袋が少し切れてました。

これね、文句言いたくなりますよね?

でもね、言っておきます。文句言っても無理でっす!

ここ、ドミニカ共和国。世界一適当でいい加減な国!

郵便局の人も、NYの出稼ぎドミニカンが祖国で頑張る家族に送った衣類がざっくり切れていたり、

洗剤の袋が切れて洗剤がすべて出てしまったりと、苦情の嵐だそうです( ・ิω・ิ)

何度伝えてもいっこうに直らず、もう郵便局の人も諦めてるそうです(∩´∀`)∩ワーイ

なのでいくら文句言っても、これはきっとかわらないと思います。

これは勝手な推測ですが、aduanaの職員になって考えてみました(о´∀`о)

やってられっかよっ!俺にはアメリカに出稼ぎ家族はいない!誰も自分に荷物を送ってくれる奴はいねー、くっそぉ~、羨ましいぜ!中身が切れようがそんなん俺には関係ねーよっ!

というジェラシー混じりの気持ちでざっくりいい加減に切っているとしか思えません(´・ω・`)

なので箱の見える場所に丁寧に、aduanaの職員さんの心が軽くなるような文章を書いておいたら、ひょっとして丁寧に切ってくれるかもしれません( ー`дー´)

これは余談ですが、小包を家まで配達してくれないドミニカ共和国でも、スモールパケットだけは自宅まで配達してくれていました、過去形です!

数ヶ月前から、スモールパケットもはるばる郵便局の本局まで取りに行って税金100ペソ(230円)払って受け取るように変わりました。

こちらの変更も同じく、ドミニカンからの文句の嵐だそうです(´・ω・`)

本局遠い人、いったいどうするんですかね?今までは自宅まで配達してくれてたのが、交通費かけて受け取りに行って更に100ペソの支払いです。これは、理解できない改悪ですねっ!

配達もしない郵便局って、何の為に存在してるんですかね(・・?

郵便局も税関も、ものすごくいい加減で適当なドミニカ共和国からでした(∩´∀`)∩ワーイ


2018年10月11日木曜日

ドミニカ共和国のUberとバスとピザ

本日、朝早くから人と待ち合わせをしてまして、

それがドミニカン達の出勤時間と重なるので ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

あの大渋滞の中を自分で運転するだけの気力は朝からないので、知り合いのタクシーのドミニカンに電話したところ、先約があり駄目でした。

仕方なくUberを朝の大渋滞の中呼びました(´・ω・`)

去年までUberにはまったく興味なかったんですが、去年の年末に初めて利用してちょっとハマってたんですが、

他国でのいろんな悪い噂、アメリカNY空港の件等聞いたら、なんか嫌な会社と思えるようになってきて、

実はちょっと使うのをやめようかと考えていたところでした。

ですが今朝は仕方ないですね( ー`дー´)

で、今朝のUberは珍しく三菱の車で、運転手さんの服装がUberらしくなかったです。

あの~、ひょっとしてUber以外にお仕事をされてるんじゃと聞いてみたところ、

出勤途中にUberの運転手をしていると教えてもらえました(о´∀`о)

実はですね、他の国は知りませんがドミニカ共和国は自宅に帰る方向や勤務先の方向に合わせ、同じ方向に行きたい乗客を拾えるようになっています( ー`дー´)キリッ

悔しいですが、賢いシステムですねっ!

そう言えば、お前が今日最後の客だと、自分の家と同じ方向のUberの運転手さんに乗せてもらったことが過去にあります。自宅の方向に向かう客を拾えるようセットしたとか、そんな話確か聞いたことがありました。

今朝のUberの運転手さんは、自分が行きたかった場所の近くのオフィスで働いている人で、出勤前に出勤しながらお小遣い稼ぎ中の方でした。

どうせ出勤先に行くなら、お金になった方がいいという考え方ですね!

合理的です!

そして用事が終わった後、よく見るとよく街なかで見る黄色バスがたくさんとまっていました。

どうやらそこが始発だったらしく、たまにはバスにでも乗ってみようかと思い、勇気を出して乗ってみました。


これです。

こちらはバスの中。

発展途上国ならではの、ちょっと汚い感がいい味だしてます!

運転も想像通り、もう二度と乗るかと思えるほど荒く酔いそうになりました。

デリケートな方には、ドミニカ共和国のバスはおすすめしません( ・ิω・ิ)

市バスとは思えないほどのスピードと運転の荒さ、まるで遊園地の乗り物です。

乗っているだけで、腹筋が鍛えられる感じでなバスでした。クーラーの効きはまるで冷蔵庫の中のようで、体調崩しそうな寒さです。

体が弱い方には、不向きです。

料金一律30ペソ(69円)は前から乗った時に払うようになっていて(有人)、降りる時は後ろから降ります。もちろん時刻表なんてありません。

行き先は知らなかったんですが、とりあえず終点まで乗ってみました。着いた場所に何があるというわけでもなかったので、すぐにUberを呼んで自宅に帰ってきました。

帰りのUberも、これまた珍しくホンダでした! 
なんか今日は良いことあるかな~((o(´∀`)o))ワクワク

ドミニカ共和国のUberの多くが、韓国車のKIA5とかHyundaiで乗り心地がどれもこれもちょっと自分には合わないです(`;ω;´)

なんていうか、後部座席に乗っていると常に左右に無駄に揺れているというか、やっぱりK国制という感じで何かが違います、何かが(-д☆)キラッ

昔アメリカでHyundaiのレンタカーで走ったことあるんですが、なんていうかあの時もハンドルがグラグラしてうわ~っと何か変な感覚が来ましたね (´・ω・`)

やっぱ苦手

日本車だと運転手さんとの会話も弾み、普段はポリスをやっていると身分証明証まで見せてもらえました(∩´∀`)∩ワーイ

ほとんど毎日Uberの運転手してて、月に6回位ボスが電話してきた時だけポリスとして働くと言っていました。月に6回でも普段はポリスです(;^ω^)

仕事先から渡されてるピストルも持っていました。仕事で使うピストルを、私用にも使えるって日本よりかなり緩い制度なドミニカ共和国です!

最後に、この写真は昨晩の23時ギリギリに注文したピザです _| ̄|○ il||li


一口食べて写真撮ってみましたが、やっぱり写真ではピザの冷たさは伝わりませんねっ!

昨晩のピザは、久しぶりに冷めたピザが届きました。

ですがここはドミニカ共和国です、この程度のことで文句言っても仕方がないです。

受け入れるしかないです。

幸い、アメリカに帰った友達にもらっていた電子レンジがあったので、チンと温め直して食べました(о´∀`о)

何もかもが日本とはかなり違う、ドミニカ共和国です(∩´∀`)∩ワーイ



2018年10月10日水曜日

ドミニカ共和国のものすごく貧しい人達の食事

今日はドミニカ共和国の、ものすごく貧しい人たちの食事について書いてみたいと思います( ー`дー´)

日本よりも立派なSUV車がいっぱい走っている国でも、やっぱりここは発展途上国。

貧乏な層の暮らしは、日本人からは想像できないものです(´;ω;`)

貧乏にもランク分けがあって、その貧乏の中でも一番下の貧乏なドミニカンの食事についてです。

中国のヘイハイズとはまたちょっと違いますが、ドミニカ共和国にも出生届けを親が出していないが為に、学校にも行けず仕事にも就けない人が存在します。

どうしてそんなことが起こるのかをドミニカンに聞いたら、貧乏故に書類提出にかかるお金も交通費もないとか言うんですが、

出生届出すのってお金いるんですかね(・・?

どうして届け出がされていない人が存在するのかは、ドミニカンの回答からはよくわかりませんでした。でもいるのは事実です。

そのような人たちは、コルマドと呼ばれる商店の使いっ走りをして小銭をもらったり、路駐の手伝いをして小銭をもらったりしています。

捨てられている瓶類を集めて小銭を得たりもしています。

何もすることがない時は、路上やコルマドという店の近辺にずっと1日中座っています。

出生届がされていない人だけでなく、ちゃんと身分証明証(ID)があったとしても、職がない人はいっぱいです。

そのような人たちが1日に稼げるお金は10ペソ(1ペソ本日約2.3円)~100ペソあるかないかです。時々工事現場の手伝い等の仕事が入った時は、別です。

もちろんそれだけのお金では満足な食事もできず、誰かにおこぼれや食べ残しをもらう以外は、写真のようなものを毎日食べています(´;ω;`)ブワッ



上の写真が、コカコーラもどきの炭酸飲料10ペソで、横に見えるパンらしきものはKimbo(キンボ)10ペソと呼ばれるものです。これで20ペソ

下の写真は、コーラもどきと小さなスポンジケーキ菓子5ペソで合計15ペソ

毎日見ていて気づいたのですが、何故かみなさん水ではなくこのミニコーラもどき。

水も同じ10ペソなのに、なぜかこの体に悪そうな炭酸飲料です。

これが朝食、昼食、夕食と3度食べられたらラッキーで、1回だけの時もあります。

興味があったので本日初めて買ってみたのですが、もうこれが毎日だとしたら人生嫌になって来るんですが、

そう思えるのは日本人は恵まれてるという証拠ですね (´;ω;`)

ドミニカンの貧乏の更に下の貧乏な人たちは、こんなものしか食べられなくても、毎日元気に生きてます( ・ิω・ิ)

彼氏と喧嘩してぇとか受験に失敗してぇとかいう理由で死にたくなるとか、ドミニカ共和国で一度貧乏生活してから言えっですねっ!

ついでに書きますが、このような貧乏な人でも一応住む場所は確保できていることが多いです。確保出てていない場合は、どこかの屋根の下とか公園のベンチです。

田舎にいたら本当に使いっ走りの仕事すらないから、親戚とか友達頼って都会に出てきて、誰かの家の屋上に寝させてもらったり、階段の下や踊り場に寝させてもらったりしています。

何処に住んでるって?と貧乏なドミニカンに聞いて、

屋上、屋上!と答えられても、

最初はすぐに理解できませんでしたが、今じゃもう驚きませんよ( ー`дー´)キリッ

雨が降った時は、家の中の廊下とかで寝させてもらえるそうです。

今年は忙しかったから殆どしてなかったですが、以前はよく近所のオバちゃん達と炊き出しをやっていました。やっぱり貧しい人を炊き出しで助けるということは、けっこう喜ばれる事してたんですね(∩´∀`)∩ワーイ

今年はもう仕事しないから、また近所のマリアさん達と炊き出し計画ですね(`・ω・´)ゞ

本日は、貧しいドミニカンたちの食事事情についてでした。

2018年10月8日月曜日

傾いた建物とドミニカの一般的な昼食の写真

とことんドミニカ共和国を紹介するブログです(∩´∀`)∩ワーイ

数年ではわからなかったドミニカン独特の習慣とかも最近やっと頭の中でまとまってきて、いろいろと思うこといっぱいのドミニカ共和国です。最近やっと理解できた事の一つに、ドミニカ共和国のお手伝いさん制度についがあります。

近日中にドミニカ共和国のお手伝いさんについて書いてみたいと思います。

今日は!

あの傾いているらしい建設途中止めの建物2棟、なんと、一緒に写っている写真です( ー`дー´)キリッ


手前に見えるのが30年以上も放置されているもので、奥に見えるのがまだここ数年のものです。

大きな地震来たら一気に崩壊すること間違いないですね、怖いですねっ!

カリブ海が綺麗だからと、うかつにマレコン通りを通ってられませんね!

地震といえば最近ハイチで地震があったようで、日本のニュースで初めて知りました。

10年程前のハイチ地震ではドミニカ共和国も揺れたそうですが、今回はどうして揺れなかったんだろうと確認してみたら、離れ小島のようです。


ちょっと古いお話なんですが、地震に詳しいドミニカンの教授のお話によると、ドミニカ共和国の南方近くに海溝があったとしても、東北沖地震のような津波を起こす威力はないらしいんですが、やっぱり地震は怖いですね。

建物は日本よりずっといい加減なんで、津波の心配より建物の中や外にいた場合の被害の方がきっと大きいような気がします(´・ω・`)

最後になりますが、これがドミニカ共和国の一般的な家庭とコメドールと呼ばれている大衆食堂で食べた場合の昼食です(о´∀`о)


何故かご飯を塩と油で炊くので、食べ終わった後は口周りがベタベタです。肉以外にチキンと豚の選択肢もあります。たまに魚も。

見ている限り、よく毎日飽きないで似たようなものばかり食べれるなって感じなんですが、日本がありすぎなんですかね(;^ω^)



2018年10月6日土曜日

ドミニカ共和国のピザハット

もちろんドミニカ共和国にもピザの配達はありまっす!

首都サント・ドミンゴで有名どころをとりあえず3つ

Pizza Hut     Pala Pizza    pizarelli


味は個人差もあるかもしれませんが、ピザハット以外は日本人の口にはあまり合わないようなぽわ~んとした味付けで、生地も日本人好みではない感じです(;^ω^)

おまけにどこのピザの配達も、時と場合によっては届くのが1時間かかることがあり、もれなく冷めてます。

冷めたピザ程不味いものってないですよね?

冷めたピザの時は、凹みますよね(`;ω;´)

とりあえず電話すると、どうしてほしいんだ?新しいのを配達してやろうかとか言われるんですが、1時間も待った上に更にまた待つ気はしないので、次回からは熱いのちょうだいと断るんですが、

冷めたピザを自分で温めなおしたら、味は微妙に変わりますね(´;ω;`)

そして久しぶりに昨晩受付時間終了ギリギリの23時前にピザハットに電話して、前回は冷めていたから今度は熱々のお願いとピザの小を一つ注文しました(о´∀`о)



土曜日の夜の注文ギリギリの時間帯は混むそうで、届いたのは0時前でした。今回は熱々でした(∩´∀`)∩ワーイ

具材はイタリアンソーセージでサイズは小、お値段385ペソです。日本円にして約900円弱でしょうか。


ピザハットだけは美味しく食べられます。その他のピザ屋は本当に口に合わないです(´・ω・`)

うちの親も友達も、この国はピザすら美味しくつくれないのかと驚いてましたが、ピザハットなら日本と変わらないと食べてました。

余談ですが、多くのピザ屋は、機械のオーブンではなくレンガ等で作った立派な窯を使ってて味があります( ー`дー´)キリッ ですがピザ自体の味はこれまた微妙なんですね。

ピザ屋で働く近所のドミニカンですが、大雨の日に勤務先から電話かかってきて、多めに払うからと出勤を頼まれてました。大雨で天気が悪い日、ピザ屋は忙しいそうです。

近所の人は大雨の中働きたくないので、断ったそうです。


時々不思議に思うんですが、ドミニカ共和国でピザの配達を気軽にできる層というのは、やっぱりお金持ちに限るんでしょうか。

というのも、ピザの値段は日本とそれほど変わらないか、若干安いかなと思う程度で、やっぱり高いと感じてあまり注文することはないです (´・ω・`)

まあ、お金持ち層は日本のサラリーマンより稼いでますからね、だって学業優秀じゃなくても本人望めば医者になれて日本より高い診察料得られるんだからねぇ。それに日本と同じかそれ以上の値段やサービス料を取るのに、従業員の給料は日本の10分の1以下ですから、そりゃオーナーは儲かるでしょう (;^ω^)

ピザの配達一つにしても、いろいろな事を考えさせられるドミニカ共和国でした(∩´∀`)∩ワーイ

2018年10月3日水曜日

もう一つの建設途中止めの建物

一昨日書いた、微妙に傾いているという建設途中止めの建物の隣に、実はもう一つ同じく建設途中止めの建物が首都サント・ドミンゴにあります( ・ิω・ิ)


これですっ!



一昨日の写真と反対の場所から以前撮っていた写真なんですが、この前書いた建物が右、左が本日書いているもう一つの建設途中止めの建物です。

あまりこの辺は通らないので記憶が定かではないんですが、ドミニカンに聞いたら、

写真左側の方は3~4年前に建築が始まって、これも写真の状態で突然建設が途中止めになったそうです。

さてその理由は?

これも本当かどうかは定かじゃないですが、自分が聞いたすべてのドミニカンは、傾いてるからって言います(;・∀・)

カリブ海を一望するシェラトンだったかヒルトンも建っている立地なのに、なんとももったいないことですね(´・ω・`)


これが本日の傾いていると言われている建物を裏側から撮った写真になります。

なんか見るからに怖そうな感じしませんか?

話は変わるんですが、2年だったか3年程前にこれに関連するニュースを見たことあります( ー`дー´)

サント・ドミンゴだったでしょうか、理由は詳しく覚えていないんですが、お金の問題だったか建物に問題があったかで、これまた建設が途中止めになっていた4階建ての建物がありました。

それがある日の朝突然、崩壊してしまいました((((;゚Д゚))))

上から下まで一気にです。

中国や韓国なら似たようなニュース見たことありますが、日本じゃまだそこまでの崩壊はなかったですよね?

もうその建物、建設途中止めになってて正解っ!

人が住んでたら大変!

人が住んでいなくて本当に良かったです (∩´∀`)∩

ドミニカ人の日常や態度や教育レベルを見ていたら、耐震設計がきちんとできたまともな建物は無理なんじゃないかと素人でも感じるくらいですから、

やっぱり君子危うきに近寄らずですねっ!

実際に高級アパートメントやホテルなんかも配線とか配管とか目に見える所も、かなりヤバイ感じです。地下とか入ったらそれが顕著に現れていますね。いい加減な国民性が、建物にもしっかり出ています( ー`дー´)

資産価値ってあるんかねと日本人なら思うかもしれませんが、ドミニカンはそんなこと考えないので資産価値は多少なりともあるのではないでしょうか!

お金持ちの人は高級住宅街と言われている場所の高層アパートとか買ってますが、怖くはないんでしょうかね(;^ω^)

明日は我が身です( ・ิω・ิ)

今日も再び、ドミニカ共和国の建設技術について書いてみました。

2018年10月2日火曜日

悪魔に乗り移られたドミニカンの女の子

えー、本当にドミニカ共和国という国は不思議なんですが、

ドミニカンとぶらっと歩いていたら、

「あの女はブルーハ(魔女)だ!近寄るなよ」

とか、

「あのドーニャ(おばさん)は魔術を使っているから危険だ」

とか、意味不明なことを言われます(;・∀・) 

そんなにこの国には魔女がいるのか!と思いますよね?

魔女に頼んでお金持ちになろうとしたドミニカンもいるくらいだし、ドミニカ共和国にはそんな魔法やおとぎ話みたいなことが本当にあったりするんでしょうか。

数日前ですが、外で近所の人たちが騒いで、一斉にある方向に走って向かっていました。

何が起こったのか近所の人に聞いたら、知り合いの15歳のお孫さんに悪魔が乗り移ったとかで、みなさん、その様子を見に行っていたようです。

自分も気になったのですぐに走ってその家まで行くと、すごい数の人がおしよせていました。

本当に知り合いの15歳のお孫さんが別人になったように、床で転げ回り低音の悪魔の様な声で叫んだりおかしな事を話したり、時々白目をむいていました((((;゚Д゚))))

ちょうどその数日前に、仰天ニュースを検索していて偶然出てきたエクソシストという動画を観たんですが、まさにその通りの感じでした。



途中で怖くなったので長居はしなかったんですが、翌日ご近所さんに聞いたら、数十分後にその女の子は普通に戻ったそうです。

ご近所のドミニカンにはマリファナを気軽に吸っている人も多いので、マリファナかなと思ったのですが、

普段マリファナでハッピーになっているドミニカンの態度とは全く違ったし、

貧乏ですが真面目なドミニカンのご家庭で、更には15歳という年齢を考えてもマリファナでおかしくなった感じではなかったです。

ってことは、みんなが言う通り悪魔が乗り移ったんでしょうか ((((;゚Д゚))))

自分には初めての経験でしたが、何人かのドミニカンはたまに見る光景だとか行っていました(゚∀゚)

お隣ハイチはブードゥー教を信仰している人も多いと聞くし、現にこの近所にもハイチ人のオバちゃんが時々ブードゥーの儀式をしているのを年に数回見ます。

やっぱり本当に悪魔が乗り移ったんでしょうかね (・・?

日本では通常考えられないことが日常になっていて、それを発見するのもまた楽しいドミニカ共和国です(∩´∀`)∩ワーイ



ドミニカ共和国の建物は案外恐ろしいです

立派にそびえ立つこの建物!


首都サント・ドミンゴの、通称マレコン通りとマキシモゴメス通りの交差点付近に建っています。

カリブ海を一望できる、すばらしい立地です( ・ิω・ิ)

初めてドミニカに来て見た時、工事中かなと思ってたんですが、どうやら途中で工事が止まったまま放置されてました。

もう何年も前に気づいてはいたんですが、改めてドミニカンにこの建物について聞いてみたら、

39歳のドミニカンが小さい頃からずっとあのまんまだというから、かれこれ30年以上はこの途中止めのまま放置されているらしいです。

時々不法に出入りしているドミニカンやハイチ人見ます(;^ω^)

建設が途中止めになったその理由は、傾いているかららしいです。

肉眼ではずっと見ていてもわからないんですがね (´・ω・`)

素人目に見てもこんな建築でこの高さ大丈夫なんかねという建物が乱立している首都サント・ドミンゴですが、ドミニカンは平気で住まわれています ((((;゚Д゚))))

建物に詳しい外国人が来たら恐ろしいと言っているくらいなんで、近寄らない方が無難なんで、

やっぱりあまりお金持ちじゃない地域に引っ越して、正解かもしれません(∩´∀`)∩ワーイ

これはドミニカンの言うことだからどこまで本当なのかはわかりませんが、

この建物の現場監督みたいな立場だった人、自殺をしてしまったそうです。

建物が傾いた責任を感じたとか、昔むかしに記事に書かれてあるのを読んだことがあると言っていました。

それが本当なら、この建物の横を通るたびに悲しくなってしまいますね(´;ω;`)

この建物に限らず、こんな感じで放置されている建物は、郊外に行けば規模こそ小さいですがよく見ます(;^ω^)

まあどれだけお金に余裕があったとしても(現実はないですよっ)、絶対にドミニカ共和国でアパートを買ったりする気にはならないです。

素人目に建築現場見ていたら、購買意欲が掻き立てられるどころか、どんどんその気なくなりますってくらい恐ろしい感じです(;・∀・)

やっぱり平屋を買って正解だったと思う、ドミニカンの建築技術でした。

日本の耐震問題で姉歯とかいうの、昔聞きましたね。

姉歯事件なんて、ドミニカのアパートよりもしっかりしてるんじゃと思いました(;^ω^)

一応地震ある国なのに、耐震技術とかあるんでしょうか。こわっ



2018年9月29日土曜日

ドミニカ共和国でも自殺あります

ラテンのパッパカパ~♪の国で、自殺とは縁が全く無いように思われる方もいるかも知れませんが、実はドミニカ共和国にも自殺があります(´;ω;`)

いつのデータかわかりませんが、100,000人に対して7.33がドミニカ共和国の自殺率です。同じ年の日本のデータは、15.53です。

今までドミニカンは自殺なんてしないと思っていたんですが、実はまあまあお友達のドミニカンの娘さんが自殺をしました。

多くのドミニカン男性は結婚せずにいろんな女の人に子供産ませて、子供は10人いるとかよく聞くお話なんですが、

娘さんが自殺したドミニカンも10人子供がいて、どの子供とも一緒に住んだことはありません。

ですがやはり父親には違いないので、自殺してものすごく悲しんでいました。

そのドミニカンには日本円で千円程貸していて、その担保にとID身分証明証を預かっていたので、自分のところにIDを取りに来たことで自殺のことを知りました。

IDがないと、遺体の引き取りができないとかで。

ドミニカ共和国で初めて聞いた自殺なので、みなさん、どのような理由で自殺をされるのかは定かではないですが、

その娘さんは一緒に住んでいる内縁の夫と喧嘩か何かをして、その腹いせに首を吊ってしまいました。

わずか15歳でした。

15歳で同棲というのもびっくりですが、そんな理由で死ぬなんてもったいないとしか言いようが無く、一応日本のお通夜に当たるものに行っては来ましたが、

泣いているお母さんが本当にお気の毒で、仕方なかったです。

こんな事言うと変な人って言われるのはわかってるんですが、死後の世界は必ずあります( ー`дー´)キリッ

自殺はその死後の世界をとんでもなく苦痛に満ちたものにします!

だから絶対に自殺は駄目ですね、どんなに苦しくても頑張って寿命まで生きないと駄目です( ・ิω・ิ)

たった15歳で男と喧嘩したくらいで、本当にもうヽ(`Д´)ノプンプンです。

その娘さんの同棲相手の男はちょっとだけ通夜に来て、さっさと帰って行きました( ゚д゚)

いつも陽気にドミノをして飲んだくれているドミニカンに見えますが、どんな国の人でもそれぞれいろんな人生があるんですねっ!

でも自殺は駄目ですね、絶対に。


2018年9月27日木曜日

ドミニカ共和国のPica Pollo

最近ドミニカンの運転マナーの悪さとか、ドミニカンの不満ばかり書いていたので、

今日はドミニカ共和国の食事情報です(∩´∀`)∩ワーイ

ドミニカ共和国は賃金が低いわりに、物価は日本と同等かそれ以上なのに低品質揃いのとんでもない国で、

日本人にとっても物価高いなと感じるのに、日本の10分の1以下の給料でみんなどうやって生活しているんだろうと未だに不思議に思います( ー`дー´)

そんなドミニカ共和国でも、お金があまりないドミニカンのお財布に優しい値段で食事を提供しているのがやっぱり中国人(;^ω^)

自分も時々買って食べます!

ですが、知り合いのドミニカンが働いている(た)店に限ります(; ・`ω・´)

というのも、何度か書いてます客が食べ残した白ご飯の焼き飯への使い回しや、ゴキブリが浮いたソースを平気で使ったりと、

中国人のお店で働いていた知り合いのドミニカンから得た情報で、怖くて食べれないです(;・∀・)

ドミニカ共和国には Pica Pollo ピカポジョ と呼ばれる、ファストフードのお店があらゆる場所にあります。

売られているものはどこも同じで、チキンと焼き飯です。

チキンはpolloポジョと呼ばれ、骨なしか骨付きが選べます。骨なしの方がちょっとだけ高いです。

付け合せはフリートと呼ばれている食用バナナか、フライドポテト。どこもフライドポテトを選んだ方が10~20ペソ高くなります。


上の写真はペチュリーナと呼ばれ、骨なしチキンで付け合せは食用バナナ。

だいたいどこも小が140~160ペソ、大が200ペソ前後です。1ペソ本日2.26円


これはチョーハンと呼ばれる焼き飯で黒々としていて、小が50ペソ~大が100ペソ前後です。

最初食べた時、まずっ!と思って食べれなかったんですが、慣れですかね、仕方なく時々食べてたら、いつの間にかチキンに添えて食べれるようになりました。

これはいろんな中国人のレストランで働いていたドミニカンからのアドバイスですが、チョーハンを食べる場合、普通のレストランは客の食べ残した白ご飯を使ってる場合が多いから、ファストフード系のpica pollo系でチョーハンを食べたほうが安全だとのことです。

pica pollo系は持ち帰りが多いし、白ご飯の提供がほとんどないからですねっ!

上の写真のpica polloは、ご近所さんが働いていて絶対に使いまわしがない店のを確認の上購入しています(;^ω^)

だってやっぱり人が食べ残したご飯で焼き飯とか、絶対に嫌でしょ (`;ω;´)

自分のようにチャイナレストランで働いているドミニカンが知り合いにいると真の情報が入って来ますが、観光で来た場合は見分けるのは大変だと思います。

すべての食材を使いまわしているわけじゃないですが、チョーハン(焼き飯)系はかなりどこも白ご飯を使いまわしているので、チョーハンを食べたい方はぜひpica polloと呼ばれているファストフード系のお店にされることをおすすめします!

まあ、はるばる日本から旅行でやってきて焼き飯はないとは思いますが一応(;^ω^)


2018年9月26日水曜日

ドミニカンの交通マナーの悪さ世界一

わかりやすい動画見つけました!

ほんまこれ、毎日毎日イライラくるドミニカンの運転です。

やっぱりね、事故起こってるやん (´・ω・`)

うちの両親も友達もドミニカ共和国に会いに来てくれた時、ドミニカンの運転見て驚いてました。

何これって。

絶対こんなん無理、イライラ来るから二度と(ドミニカ)来ないとか言ってました(´;ω;`)

Digital Hoyで見つけた動画です


対向車線に出て平気で追い越す車と、そこに適当に走ってるドミニカンのバイクが衝突

たった一台追い越したくらいで、オマエの人生そんなに変わらんやろ!といつもヽ(`Д´)ノプンプンです!

安全運転なんて概念ゼロに近いですから、確認なんてしません( ー`дー´)キリッ

まるで動物が本能で運転しているかの如く、ありえない独自の運転ルールが存在してます。

それに慣れるには、相当量運転するか同じように真似して運転するしかないと思いますね(; ・`ω・´)

ドミニカ共和国はアメリカと同じ右側通行なのですが、左折しようとした時に本来なら動画のような一車線ずつの道路でも平気で隣のレーンも塞いで2重にも3重にもなって左折しようとします。

だから自分が左折しようと思っても、我こそ先に左折しようと対向車線にはみ出してきているドミニカンの車で行先が塞がれてて、なかなか左折できないことがよくありますヽ(`Д´)ノ

そのせいで常に?交差点等では渋滞が発生してます。

自分たちが順番通りに運転していないせいで渋滞が発生してるってこと、理解できないんですかね(; ・`д・´)

自分の前の車について運転とか絶対にできないドミニカンですヽ(`Д´)ノプンプン

少しでもスペースがあれば、対向車線に平気ではみ出て追い越して前を走っている車の前にかぶせてきて、我こそ先にと左折しようとするのはドミニカンのデフォです。

いきなり右や左から車出てきて、めちゃくちゃ危ないです(; ・`ω・´)

ドミニカ共和国は車の維持費が非常に安いのでUberを知った後も引き続き車を所有してますが、

ドミニカ共和国で車に乗ってイライラしない為には、Uberで運転手さんにすべてを任せ、自分はスマホを終始見て外に注意をむけないって方法がいいかもしれませんね ( ´Д`)=3

観光で来られる方は、プンタ・カナやプエルト・プラタ等のリゾートのオールインクルージブホテルでのんびりとした時間を過ごせば、こんなにイライラとドミニカンの運転に来ることはないのでどうぞご安心ください(∩´∀`)∩

ドミニカ共和国はほぼ毎日雨です

ドミニカ共和国をとことん紹介するブログです(∩´∀`)∩ワーイ

最近ほぼ毎日、朝から昼頃まではいい天気なんですが、

午後から突然の雷雨の日が続いています。

1時間もすればやむんですが、夜まで天気悪くて家の中ジメジメな毎日です (´・ω・`)

どうしても本日Ciuda Nuevaという場所に行かなくてはならなかったんで、雨の中車で出かけたんですが怖かった((((;゚Д゚))))


ドミニカ共和国の道路は水はけがものすごく悪いので、大雨が30分も降ればすぐにこんな感じで大洪水が起こります( ー`дー´)キリッ

ヤバイかなと思いながらも迂回するの面倒だったので前の車に続いたんですが、なんとかなりました(∩´∀`)∩

ドミニカンは犬の散歩にウンコ袋とスコップを持ち歩くという教育ができていないので、犬の糞は路上にそのまんまです。

大雨の時にはその路上の糞が雨水に混ざって (゚∀゚)

考えただけでも想像を絶しますっ!

ですがこの汚い水の中を、多くのドミニカンは靴が濡れてもバシャバシャと歩いてます(´゚д゚`)

ドミニカ共和国に来られる方がいらっしゃいましたら、写真のような雨水には絶対に足を入れないでくださいね (о´∀`о)

菌がうじょうじょです( ー`дー´)


雨だったこともありUberがつかまらなかったから自分で車出したんですが、Uberについてまた新しい知識を得ました!(この前ですが)

ドミニカ共和国のUberは、事前に登録してあるクレジットカード払いと現金払いがあり、配車毎に支払い方法を選べます。

今まで知らなかったんですが、Uberをやってる多くの運転手さんにとって、現金払いの客の方がいいそうで、クレジットカード払いの客を嫌がる傾向があったそうです。

それで今まではつながった客がクレジットカード払いだと、運転手自らがその配車をキャンセルしていたらしいんですが、

その為かシステムが代わり、運転手は客がどの支払い方法なのかが直前までわからないように変更になったようです。

なのでクレジットカード払いだからと、運転手理由で勝手にキャンセルされなくなりました。

今まで時々つながってすぐにキャンセルされたことがあったんですが、ひょっとしてクレジットカード払いだったから嫌がられてたんですかね(・・?

いつも現金がないドミニカンなので、分からん気もしないですが ねぇ (;´д`)



2018年9月25日火曜日

エロいニュース

そう言えば面白い(エロい)ニュースがドミニカ共和国であったのにも関わらず、すっかり書くのを忘れていました(; ・`д・´)

今から数日前の22日、サント・ドミンゴ市のFebrero27通りとLincoln通りにある広告塔のスクリーンが何者かによりハッキングされ、

エロいビデオがしばらくの間流れました。

それによって、ちょっとした事故や渋滞が起こったり (゚∀゚)


ドミニカ共和国らしいニュースですね(∩´∀`)∩ワーイ?

スペイン語になりますが、下記にその時の記事があります (о´∀`о)

Un largo tampón y un accidente son el resultado de un video porno en pantalla 27 con Lincoln


隣の車のドアに平気で当てるドミニカンヽ(`Д´)ノプンプン

何処の国だっていろんな性格の人がいて、その比率の違いだとは思うんですが、ドミニカンは日本よりも陽気で適当でかなりいい加減で雑な人が多いのは確かだと思います。

だから居心地良いんだと思うんですが、今日の出来事は久しぶりにドミニカンに対してヽ(`Д´)ノプンプンでした。

某駐車場にて、知り合いの車の助手席に座ってスマホいじってました。

しばらくすると隣に車が来そうになったので、エンジンかけてライトをつけたり消したりしてみて、中に人が乗ってるよアピールしときました。

隣の車の中に人がいないのがわかると、ドミニカンは平気でドアを開ける時にゴンとぶつけて知らん顔だからです(●`ε´●)

隣に来た車は駐めてから何やら食べていたようで、すぐには出てきませんでした。

だからエンジン切ってまたスマホをいじっていたら、ドアにゴンと当たる大きな音と衝撃。

中に人がいるよアピール、まったく意味がなかったようです

すぐにエンジンかけて窓開けて、今当たったよね?と一言。

素直に認めればいいのに、知らない当ててないと言い訳。

こんなことが年に数回あるんですが、ほぼすべての人は自分が当てたことを認めません。言い訳ばかりで、けっこう驚きます(;・∀・)

ドミニカんの車はスモークで真っ黒なので、中に人がいてもわかりにくいんですね。

もしも中に人がいるのわかったら、こうやって当てなかっただろと言ったら、さっさと暴言吐いて行ってしまわれました。

悪いこと注意して暴言吐かれました(´;ω;`)

それから10分後、またそのドミニカンのおばちゃんが帰ってきて、中に自分がいるのを確認している様子でした。窓が黒いからわかりにくいんですかね、こんな時不便ですね。

そして今度は娘も一緒だったんですが、中にディアブロがいるとか娘相手に嫌味言ってるのが聞こえたんで、

今なんて?人の車に当てといて文句言ってそりゃないだろって窓開けてオバちゃんに言いました。

すると更なる暴言吐かれ、オバちゃんは最後の最後まで当ててないとか暴言吐きまくり。

ドライブレコーダー可動してたけど、当たった時の音聞く?とドライブレコードを指さしたら、無視してブーンと行ってしまわれました(´・ω・`)

ね、おかしいですよね ヽ(`Д´)ノプンプン

他人の車に派手にぶつけておいて、文句言われてあれだけ暴言吐けるのは本当にすごいと思います(;^ω^)

ドミニカ共和国には日本じゃ車検に通らないだろうというボロボロな車も未だに現役で走っているので、そういう車は他人の車に当てても傷つくとかどうでもいいからますますお構いなしです。

今日のオバちゃんの車も、30年前位のトヨタでした。

他人への愛に溢れ、キスやハグの嵐のような国に見えますが、ゴミを路上に捨てないとか礼を言うとか基本の教育が全くこの国は出来てません。

教育って大切だな~とつくづく思う出来事でした(о´∀`о)

学校で子供に掃除をさせるとか、そんな当たり前に自分達がしてきたことって実は実になっていたんだなと思いました。ここドミニカ共和国では、公立も私立も掃除のオバちゃんが学校を清掃しています。

お金持ちになることばかり考えて、ジペタ(SUV車)がどうだとか、アパートメントがどうだとかそんな会話ばかりするより、

ゴミを捨てさせない教育をしようと思いつかないのかなとゴミだらけの路上を見て思います(´;ω;`)ブワッ

綺麗な国なんです、とても綺麗な

ゴミがこんなに散らかってなかったらですが (´;ω;`)ブワッ (´;ω;`)ブワッ

とても大好きなドミニカ共和国なのに、こんなことがあるとやっぱりまだまだ凹んでしまいます (`;ω;´)

みなさま、ドミニカ共和国で駐車される時は、いろいろと起こりうる最悪な事態を考えて最善な場所に駐車されることをおすすめします(∩´∀`)∩

そうやって考え抜いて駐めても、ドミニカンにやられっぱなしなんですがね(;・∀・)

2018年9月24日月曜日

ドミニカ共和国のニート

日本ではニート問題がありますが、ここドミニカ共和国にもニートに近い言葉がありまして

vividorと言われています( ー`дー´)

日本ほど立場も悪くなく、それなりにドミニカ社会に受け入れられています(о´∀`о)

働きもせず学校にも行かず、朝からダラダラ路上でドミノをしたり夜はコルマドと呼ばれている店の前で酒を飲んでみたり、

日本のニートよりも堂々とみなさん生きられています。

日本よりも仕事がないし賃金も低いので、ニートになりたい気持ちもわかるんですが、それでも頑張って働いているドミニカ人はいっぱいなんですがね(;・∀・)

ドミニカンの友達の一人に、自分はヒッピーとして生きると言っている人がいて、親のアパートに同居し、

生活費を入れるわけでもなく、昼までゴロゴロ寝て、

昼は家のご飯を食べ、午後から好きなコルマドの前に行って酒をたかって飲むという生活を32歳でかれこれ15年位している人がいます。

日本人のように将来の不安が~という概念、あまり誰も持っていないように感じます。

他のスペイン語圏の国ではvividorはどういう意味で使われているのかは知りませんが、ここドミニカ共和国では日本語のニートのような人をさします。

ちなみに女性のニートはvividoraと言われますが、あまりこれは聞きませんね(;^ω^)

どちらかと言うと女性の場合は、chapiadora チャピアドーラと呼びます。

好きでもない男にたかって金銭搾り取るみたいな感じでしょうか。

日本よりも過酷な国でvividorでいいと思える強い精神を持ったドミニカンです。

アメリカに誰かが出稼ぎに行っているその家族とかは、その送金でここドミニカ共和国で生活しているんですが、

誰一人としてそれを恥じるとかいう概念もないようです。

お金を稼げる人が稼いでそれをもらって生活するというのは、恥でもなんでもないです。

日本と全く考え方違いますねっ!

日本人がドミニカンのように考えられたら、もっと自殺率とか減るんじゃないかと思いますが、

日本という国がとんでもなくいい加減で後退することは間違いないので、やっぱり日本は今のままでいいんでしょうかね (∩´∀`)∩ワーイ?

今日は役に立つ?スペイン語を書いてみました。

今日は祝日です。祝日は比較的ドミニカンが静かにしてくれる日で、渋滞もなく快適にドライブ出来ます。

2018年9月20日木曜日

ドミニカ共和国で定期預金

ドミニカ共和国の定期預金の利率はいいと聞いていたので、実は5月に試しに100,000ペソを6ヶ月定期に入れてみました (о´∀`о)

同じ銀行だけど、聞いた銀行員さんや日時によって利率とかの説明が毎回違うし、いい加減なドミニカ共和国ということもあり惜しくない額にしました (; ・`ω・´) 今のレートで22万5千円位です

5月9日に入れて、気づいてみれば毎月きちんと9日に発生していました!




本日までの4ヶ月間で約1,000ペソ、およそ2,260円程です

日本よりずっといいですね!

6ヶ月定期でこの利率、3年とか5年定期にすれば確か5%以上だったと思います( ー`дー´)キリッ

銀行が倒産した時の政府の救済措置があるとか言われましたが、なんせここはドミニカ共和国!信じろってほうが無理なので、貯金全額ドミニカ共和国の銀行の定期に入れるというのは怖いですね(;^ω^)

絶対に倒産しないなら、迷わず全額入れるんですが惜しいです(´Д⊂グスン

ここで銀行の利子で生活している日本人の方にお会いしたことありますが、5年以上の定期に入れていると仮定して年5%以上

子供さんも旦那さんもいるらしいので、最低でも20万円は必要ですよね?

ってことは、いったいいくら預け入れしてるんだろと計算してみたら

お、恐ろしい ((((;゚Д゚))))

もっと利率がいい定期にしているとしても、日本円で5千万円以上は預けているんじゃないかと勝手に推測

素直に知りたいと預け入れ額を聞けばよかった(; ・`ω・´)

まだお若いのにどこにそんなお金あったんでしょう?!

へ、変なもの輸出してるとか(; ・`д・´) なんて でも

ここ、ドミニカ共和国

う~ん、チャレンジャー

20年以上も前の話しらしいですが、イタリア人だったかアメリカ人の定年退職者の方が、

利子で生活していこうと退職金を全部ドミニカ共和国の銀行に預けたそうです。

残念なことに、その銀行が倒産、

国に帰って、定年後も働くことになったというお話を聞いたことがあるんですが、

その時は救済措置なかったんですかね。

今は倒産しても預けたお金は帰ってくるそうですが、ここは適当でいい加減なドミニカ共和国!

それでも構わないという方がいらっしゃれば、ドミニカ共和国で利子だけで生活していくことは可能です!!!

ものすごく贅沢な暮らしを望まなければ、日本より生活費はかかりません

如何でしょうか (∩´∀`)∩ワーイ


ドミニカ共和国の金貸し

えー、過去に書いた記憶があるのですが、ドミニカ共和国の金貸し業についてです(-д☆)キラッ

前にも書いたと思いますが、ご近所さんに金貸しをしているおじさんがいまして、かなり潤っています。

時々ビールをご馳走になりに行くんですが、家の外から階段から屋上まで監視カメラだらけです。家の中はドミニカンの成金趣味そのまんまでキラビヤカで、シャワールームはまるで日本のラブホテル。

いつ命を狙われてもおかしくない職業なので、カメラいっぱいなんですね((((;゚Д゚))))

今日、久しぶりにお宅にお邪魔してきました。

今日は家の中いろいろと案内してもらったんですが、ドミニカ人の普通の給料では無理な物ばかりが置いてありました。

お酒が入ってきたおじさんは、誰がいくら借りたかというリストを見せてくれて、全部説明してくれました(;・∀・)

時々電気の配線を頼む電気会社に努めているご近所さんの名前もあり、それも給料日のたった数日後に給料と同じ額だけ借りていたり、

最近車を買い替えたご近所さんも、このおじさんから車を買い換える費用を借りていたり、

ご近所さんの多くが、このおじさんからお金を借りていることが判明しました(;^ω^)

守秘義務の概念ゼロのドミニカン(∩´∀`)∩ワーイ?

アメリカに出稼ぎに行って暮らしているドミニカンまでもが、このおじさんから借金していたのにはちょっと驚きました(´;ω;`)

アメリカにせっかく出稼ぎに行くことが出来ても、すべてのドミニカンが生活が楽になるわけではなく、アメリカでもお金に苦労しているんですかね。

はるばる祖国ドミニカの元ご近所さんのおじさんにお金を借りて、ここに残っている家族にアメリカまで送金してもらっているみたいです。

このおじさんもものすごく商売には厳しく、はるばるアメリカにいるドミニカンの元ご近所さんに、利息の支払い催促のメッセージをアプリでジャンジャン送っていました。

ドミニカ共和国の金貸しの利息は月に20%です。

何故か月に2回利息を払う制度になっていて、例えば日本円で1,000円借りたら15日に10%の100円、30日にまた100円、月に合計200円の利息を払う制度になっています。

多くのドミニカンが元金を返すことが出来ず、永遠と月に2回の利息を払い続けているようです。

おじさん、ホクホク。

おじさん、新車で黒のJeepを最近買ったようです。普通のドミニカンの給料では、なかなか買える車ではありません( ー`дー´)

時々思うんですが、おじさんより安い月10%にしても利息だけでなかなか儲かるんじゃないかと(;^ω^)

まあ、そんな阿漕な商売はしませんが(¯―¯٥) 思うだけ 想像するだけです

ドミニカ共和国は銀行の利息も日本の数十倍いいし、金貸し業も登録なしですぐに誰でもできるし、お金があればドミニカでお金は意外と簡単に増やせるということがわかってきました。ま、日本よりも簡単に闇にも葬られ易そうですが(; ・`ω・´)

銀行の利子で生活しているという日本人女性もいるくらいだし、う~ん 

みんなチャレンジャー



2018年9月17日月曜日

ドミニカ共和国への行き方

えー、自分の場合は日本への帰り方になるんですが、

今回はドミニカ共和国の西にあるプンタ・カナというリゾート地にある空港からカナダ経由で日本に帰ってきました。



日本からドミニカ共和国へ来るには、アメリカ経由のデルタ航空とか一般的ですが、リゾート地の空港でよければエア・カナダも飛んでます。

トロントに日本人の友人がいるのもあって、トランジットを兼ねてトロントに何泊か帰りにしてきました。

その為、ドミニカ共和国のプンタ・カナからトロントまでの往復はマイルを使い、トロント~関空を購入しました。

アメリカ乗り継ぎより、カナダ乗り継ぎの方が時間もかからないしけっこうおすすめかもです。

トロントからバンクーバーまでカナダ国内線

バンクーバー~関空 がエア・カナダ・ルージュというLCCです。

今回乗っててよかった?来年からはエア・カナダ・ルージュがなくなり、普通のエア・カナダになるそうです。

そう言えばかな~り昔、関空からもエア・カナダ飛んでたような記憶がありますが、いつの間にかなくなってたんですね(´・ω・`)



トロント~プンタ・カナ路線は、カリブのリゾートを楽しむ(楽しんだ)人ばかりでした。離陸後&着陸前のたった数分ですが、窓から見えるプンタ・カナ上空はのどかでした。




2018年9月16日日曜日

日本で思ったこと

ドミニカ共和国で人生のんびり適当に生きるのもいいですが、たまには人間に戻りたいっ!と思ったら、日本で何週間か生活するのも悪くないですね( ー`дー´)キリッ

日本で結婚式があったので、珍しく年中暑い国から真夏の日本に帰ったのですが、

うっわ~~~~~~、やっぱ日本めっちゃ楽!

と思うことでいっぱいでした。

というのもですね、ドミニカ共和国は確かにのんびり適当に生きるのには最適な国ですが、お金がなく一歩間違えたらとんでもなくストレス溜まってしまうので、

そこんとこの調整が難しいですね。

細かいことが全く気にならない性格の人は、お金があれば日本より楽でしょう!

日本じゃ両親と同居になるんですが、ちょっと自分でカレーでも作ろうかなとスーパーに車で買い物に行きました。

これがまったくのストレスフリーで (´;ω;`)ブワッ ちょっとウルウルきましたね

ちょっと近くのスーパーに車でカレーの材料を買い物にという簡単な行為、日本だと本当にストレスフリーです。

これがドミニカ共和国だと、家を出た瞬間から戦いです。

家から道路に出れば、世界一運転マナがー悪いであろうドミニカン相手にカーチェイスしながら排気ガスと渋滞の中をスーパーへ、

スーパーへ着いたら着いたで、狭いのに無駄にデカイUSV車ばかりがとまっている駐車場になんとか自分の車をとめて、

どうか誰にも当て逃げされませんようにと祈りながらスーパーの中へ入り、

肉を買うときは、洗剤の味がしませんようにと祈りながら選び、

レジでは買った商品をレジのオネエチャンにボンと雑に扱われ、

両隣の車に当てられていないか恐る恐る自分の車をチェックして、

また世界一運転マナーの悪い路上に出て、家まで帰らなくてはなりません(´・ω・`)


本当にこれ、ものすごいストレス!

だからUber知ってからは、ちょっとその辺のスーパーに行くだけでもUber使ったりしてました。

日本だと、何処にとめても両隣の車に当てられる心配もほとんどないですよね?

ドミニカ共和国だと、人が乗っていなければドアを開ける時にゴンっと隣の車に当てるのとかデフォなんで、周りにとまっている車の位置とか場所とか、被害を最小限にするために

かなり自分で計算して駐めなければなりません( ー`дー´)キリッ

スーパーで肉を買って洗剤のほんのりした香りが~なんてのはよくあることで、そのことをスーパーに電話しても、あらそう、今度から気をつけるわねで終わりです。

ドミニカンは洗剤を多様するわりに、綺麗にすすぎません。だから肉を切った調理器具なんかに洗剤が残っているんですね。

だからドミニカで買う肉類(もちろんその他の商品にも)に洗剤の香りが(´;ω;`)

こんな感じのドミニカ共和国なんで、日本に帰ってスーパーに行くというだけの行為がものすごく楽で、本当に感動しました。

ドミニカ共和国がいかに酷いかというのを久しぶりに実感したんですが、なぜかやっぱりこの適当でいい加減なドミニカ共和国に住むのはまだまだやめられそうにないです、困ったもんです。

(∩´∀`)∩ワーイ?

2018年9月15日土曜日

お久しぶりです😃

最後にこのブログを更新したのはかなり前ですが、放置していたわけでもやめたわけでもないです( •̀ㅁ•́;)

このブログは自分が何を食べたとか何処に行ったとかを晒すブログではなく、ドミニカ共和国をとことん紹介するブログなので、ドミニカ共和国にいない時には書くことがありません( ・ิω・ิ)

仕事でアメリカに行ったりプエルトリコに行ったり、日本で結婚式なんかもあって、数ヶ月はドミニカ共和国にまともに住んでいなかったです。

今年の分は十分働いたので、来年までは好きなだけのんびり適当にドミニカ共和国で生活する予定です(∩´∀`)∩ワーイ

これから来年まで仕事をほとんどするつもりもないので、これからは頻繁にドミニカ共和国情報を更新していく予定ですのでよろしくお願いします(_ _)


例のごとく、近所のドミニカンに預けていた犬は痩せこけていて、あまり丁寧に扱われていなかった感じですヽ(`Д´)ノプンプン

今度こそ他のドミニカンに頼んでかえろう






2018年5月6日日曜日

権利書偽造

すっかり忘れてたんですが、3週間か1ヶ月程前だったでしょうか。

ドミニカ共和国はサント・ドミンゴ市、ソナコロニアル(ZONA COLONIAL)という観光地にあるエルコンデ(EL CONDE)通りをぶらぶらとアメリカ人の友人と歩いていた時なんですが、

ドミニカンのおばちゃんからビラをもらいました。

で、いろいろと力説されました。

ビラが配られていたソナコロニアルという地域では、持ち主が不明な土地があり、貧しいドミニカン達が勝手に住み着いている建物が今も多くあるそうで、

そういう土地建物を金持ちや外人が狙って、弁護士とグルになって嘘の売買契約を作成してその土地建物を自分の物にしてしまう行為が横行しているみたいで、もらったビラはアイランド・ライフ・バックパッカーズ・ホステル Island Life Backpackers Hostelというホテルのオーナーが、

嘘の土地契約の売買書を弁護士と一緒に作成して、そこに住んでいた貧しいドミニカン達を追い出してしまったそうです。

それに対するビラなんですが、話を聞けば聞くほどヽ(`Д´)ノプンプンでしたね!

アイスランドホテルに限らず、ソナコロニアルにある Hodelpa Caribe Colonialというホテルも何年も前に同じことをやって、

そのホテルの向かいに住んでいた貧しいドミニカン達を追い出して、ホテルの向かいの一等地?の土地建物をたった数万円で横取りしたそうです。

こういう悪いことする奴らは、ちゃんとホテル名をブログに書きますね(-д☆)キラッ

真面目に生きてるんで、こういう話しを聞くと猛烈に腹が立ってきますねヽ(`Д´)ノ

お金でなんとでもなる国なんで、やっぱりどこもかしこも腐りきってますね。

この国ではある程度お金があれば、日本では出来ないようなことがいろいろと簡単に出来てしまうようです。ビラを読めば、警察にも賄賂を渡して警察も強力するみたいなこと書いてありました。

まあ、この世にはカルマってものがあるんで、そういう事する奴らはホテルが将来潰れてしまうとか火事に遭ってすべてなくなてしまうとか、結局プラスマイナスゼロになるんで、まあその日を楽しみに待ちましょう (∩´∀`)∩ワーイ





ドミニカ人のマナー

えー、お久しぶりです (_ _)

たまにプエルトリコに仕事関係で行く以外は、ドミニカ共和国で平穏無事な日々を送っています(*^^)v

アメリカから友達が、いろんなことを楽しむ為にここに遊びに来てたくらいと、UBER新情報位しか書くことがなかったんで更新はしてなかったんですが、

もう本当にむちゃくちゃ腹が立つっていうか、まだまだ発展途上国だなーと思うような出来事がありました。

命に関わるとかじゃなく、本当にどうでもいいちっぽけな事かもしれませんがね、

日本人にとっちゃ理解し難いですねヽ(`Д´)ノプンプン

車に関してなんですが、

ドミニカ共和国で車を綺麗な状態で維持するのは、絶対に不可能なことです。

いくら自分が綺麗に当てないように気をつけたとしても、路駐をしている時や駐車場に止めている時にいろんなドミニカンが平気で傷を付けてくれたり当て逃げしてくれます。

これ、この国の標準です。

小さい傷でごちゃごちゃ言わない、エルマーノ!(兄弟)と笑いあって終わり。

とてもご立派な高級車が傷だらけとか、ここではよく見ます。


わかってはいるけど、新たな傷を発見した時のフツフツと心の底から湧き上がってくる感情はやっぱり日本人なんですかね。

人を待っている時、クーラーかけて車の中にずっといたんですが、

こっちの車はスモークで真っ黒で中が見えないので、中に人が乗ってるのか乗ってないのか外からは判断し難いです。

その為か、車の中にいると

よくゴンと音がして、隣の人がドアを開ける時に平気で横の車にぶつけてくれます。

やっぱり我慢できないんで、窓開けて今ぶつけたね?って言うと、一応は謝ってはくれるんですが心の中ではヽ(`Д´)ノプンプン状態です。

それが嫌なんで、そんなに暑くない日は窓を少し開けて車で待機するんですが、

外から見ても明らかに中に人がいる時は、さすがのドミニカンもそっとドアを開けて、少しの隙間から自分の車に入ってますね。

オマエラ、やろうと思ったら当てずに入れるんじゃないかよ!!!!!!と更にヽ(`Д´)ノプンプン状態です。

人がいないと思ったら、平気でゴンと隣の車にぶつけるドミニカン、これ本当に9割のドミニカンがそうです。

ドミニカで駐車場に止めた時、こっそりと中に乗っていたら多分左右の車がゴンゴンドアにぶつけてくれますよ(o・ω・o)

ここでいい車に乗りたいと思わないのは、この為です。

せっかくSUVだらけの国にいるんだから、かっこいいSUVとか乗ってみたいとは思うんですが、値段も日本の倍近くするしゴンゴン当てられて傷だらけにされるし、渋滞はありえないくらい酷いし、運転マナーは最悪な国だし、

やっぱり小回りがきく小さな車で十分なですね(๑•̀ㅁ•́๑)✧

まあ、最近はUBERがいっぱい走っているし安いしそんなに自分の車で出かけることはなくなりました。

久しぶりの更新は、ドミニカのドア当て逃げ事情についてでした(∩´∀`)∩ワーイ

2018年4月5日木曜日

ドミニカ共和国の医者と医療((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

えー、本日はドミニカ共和国の医者と医療について知っている限り書いてみたいと思います(∩´∀`)∩ワーイ

ご近所のおじいさんおばあさんの医者への送り迎えに付き添いのお手伝いなんかをしていると、いろいろな情報が入ってきます。

この国では病気になりたくない(๑•̀ㅁ•́๑)✧と、

健康であるようにと頑張れます!

本当に、本当に、本当にありえないくらいの低レベルの医者と医療に感じます。

医者になるにしても、おばかちゃんで学校のお勉強ができなくても医学部に行けてしまうという恐ろしい国だし、そういうあまり頭脳がよくない人達が医者になっているわけで、

オマエ本当に医者なのか?!という人がたくさんです。

日本の職人さんが医者になった方がもっとまともな治療するだろうと思えるほど、本当に驚きます。

近所の若いオネエチャンが生理痛の薬を飲んだ途端に、唇と舌が硬直してしまって病院の緊急に送って行ってあげたことがあります。

そこで見た驚く光景((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

医者がですよ、医者、一応誰でも気軽に入れる医学部を出た医者です、その医者がですよ、スマホで症状を検索してました、これ本当の話しです。

そしてスマホで見つけた症状と照らし合わせ注射一本(゚д゚)!

それで治療お終い。

これ、ドミニカ共和国の医者です。全部の医者がスマホで似たような症状を検索して注射打ったり薬処方しているわけじゃないですが、さすがに医者が患者の前でスマホで症状検索ってびっくりしましたね。

オネエチャンに一緒に付き合ったコロンビア人のお友達も、唖然としてました。

コロンビアもここまで医者は馬鹿じゃないって(;・∀・)

コロンビア人のオネエチャンの下の弟さんが生まれた時も、ドミニカのありえない低レベルの処置と医者の態度にコロンビア人のお母さんも驚いてたという話も聞きました。

やっぱり学校の勉強が出来ない人が気軽に医学部に行けて医者になれるっていう制度に、そもそも問題があると思うんです。医学部に限らず、ここでは自分の勉強したい学部にすべての人が無試験で入れます。

でも見ている限りとんでもなく学力レベルが低い国なので、勉強が出来る人しか医学部の試験が受からないとなってしまえば、医者になれる人がいなくなってしまいますね、きっと。

医学部コースに通っている人が、日本で例えたら数学Ⅰレベルの数学の単位が取れず何度も履修している医学部の学生も普通にいるレベルの国です(;´∀`)

日本の医学部入試試験に限らず、日本の大学入試にパス出来るドミニカ人はいないのではないかと思えるくらいのレベルなので、本当に医者にかかるのが恐ろしく思いました。

日本で医者になれないと思ったら、スペイン語を猛勉強してドミニカ共和国で医学部行くってのも手かもしれません(๑•̀ㅁ•́๑)✧

その変わり、ドミニカでは医者になるまで10年必要らしいです。

でね、他国であれば医学部にすら通えないレベルの医者がですね、とんでもなく儲けてるんで更にビックリです。

ドミニカ共和国にも保険制度はあるんですが、民間の保険会社がいくつかと国がやってる医療保険が一つ。

保険にはベーシックという一番掛け金が安いプランから、いろんなカテゴリーのプランがあり、ロイヤルというプランがもちろん一番掛け金高いんですが、負担金なしで100%カバーされる保険です。ベーシックだったら患者5割負担みたいな感じで、安いお給料で働いている従業員さんたちの多くの保険がベーシックです。

他に驚いたのが、一応医療保険制度というものがあるのに、保険治療をしていない医者ってのが何人もいます。

保険会社から払われる金額に不満があったり、払われるのが遅いからという理由で、自分の診察には保険は使えないと言ってる医者です(;・∀・)

困ったもんです。

それで安ければいいんですが、一律一回2000ペソとかが相場で、脳専門とかになると1回一律3000ペソとかいう医者もいました。

1ペソが今日のレートで2.2円位だとして、1回の診察で5千円近く。

ここ、ドミニカ共和国です。ありえない値段設定ですね。

保険を使ったとしても、支払いが1000ペソだという医者が多いです。

もちろん政府がやっている、殆どただの病院に行けばこの限りじゃないです。

日本のように受験勉強の為に青春を犠牲にしなくても医学部に気軽に行けて医者になれて、日本よりも楽に稼げる(個人でやってる医者は)!

なんだかな~と、ドミニカ共和国の医者と治療を見て思いました(´;ω;`)

レントゲンの見方がわからないから、他の医者が来るのを待ってるという医者もいました。風邪を喘息だと言う医者もいましたっけ。製薬会社が無料で置いて帰るサンプル品の箱をこっそり捨てて、中身だけ渡してお金を要求する医者も見ました(゚д゚)!

ドミニカ共和国に住むなら、健康を維持し、事故に遭わないよう心がける事が絶対に必要だと思いますっ!

というわけで、今日はドミニカ共和国の医者と医療についてでした。


最後に、ですが不思議不思議、

ここでもペースメーカーの手術や、脳の手術が行われています。近所の人、まだ生存しています。でも自分はノーサンキューですっ(๑•̀ㅁ•́๑)✧

2018年4月3日火曜日

お久しぶりでーす(∩´∀`)∩

毎日ドミニカンと遊んでばかりの人生じゃいけませんので、たまには仕事してます(;・∀・)

というわけで、今回も1ヶ月程プエルトリコに行き、同じ仕事をしている仲間と働いていました。

今は返信が追いつかないので、メール送信フォームを一時削除してますが、

ドミニカ共和国での仕事は、日本から何かを輸入したりとかじゃないです(๑•̀ㅁ•́๑)✧

何を輸入しているんだという質問が多いんですが、まったく輸入とか輸出とか関係ない仕事で生計立ててます。コンテナで何かを日本から運んでその差額の利益を得るとか、考えようによっちゃ面倒じゃないですかね(;・∀・) そんなに稼げるってわけでもないし、そんな面倒な事はしてないです、お役に立てなくてすみませんm(_ _;)m

パソコン一つあればどこでも出来るので、プエルトリコの方が◯◯がホニャララなので都合はいいんですが、やっぱり格安で売ってもらった家やおまけとしてもらった犬の世話もあるし、

ドミニカ共和国からまだまだ離れる気はないです。自分の退化を感じることもあるんですが、まあ、ドミニカ共和国で暮らしていたらそれはある程度仕方ないかなと諦めてます(´Д⊂グスン

近所の人に犬のエサ代たんまり渡して出かけてたんですが、なんか久しぶりに犬見たら痩せてる気がするんですがね(_ _;)

なんで?って聞いたら、エサ代が十分じゃなかったとか。

おいおい

まあ、これがドミニカです(´・ω・`)

ドミニカ人が年に数回静かな日があり、それの1日がセマナサンタ(イースター)なんですが、残念ながら今年はプエルトリコにいました。ドミニカ人が静かな日をドミニカで過ごさないなんて、すごいもったいない気がするんですが仕方がないですねっ(・∀・)

写真はドミニカのミニバスなんですが、やっぱり発想が日本人とは違うな~と思いませんか?!

乗客が買ったベッドのマットなのはわかるんですが、窓開けてロープ回して車体の真後ろにとめる、やっぱドミニカンですねっ!

 
 
帰ってきてそうそうにUberに乗ったんですが、久しぶりに乗ってもいつも会話は新鮮です。
 
ベネズエラ人が運転手のUberだったんですが、ちょっと長距離だった為にいろいろと世間話したんですが、ベネズエラ人の運転手さん、ドミニカ人女性と偽装結婚をするそうです。
 
ベネズエラクライシスで生活が成り立たず、ドミニカへ来てみたものの、やっぱり居住権がないと不便なことも多いとのことで、ドミニカ人女性と結婚とのことです。ですがベネズエラから一緒に来たベネズエラ人の彼女がいるらしいんですが(-_-;)
 
最近はベネズエラ人が永住権の為にドミニカ人と偽装結婚が増えてきているそうで、これからはドミニカ人が偽装結婚のビジネスを拡大させそうな感じですねっ!
 
Uber用に車を買う人がここでは多いんですが、その多くがKIA5という韓国製の車で、その乗り心地ってのがちょっと最悪で、普通の道なはずなのにオフロードみたいなドミニカの道路事情に加え韓国車、車を降りた後のフラフラ感は半端ないです (´;ω;`)ブワッ
 
残念ながら日本車をUberで使ってる人は1割か2割位で、そのほとんどが空いた時間にたまにUberの運転手をする程度なので日本車の割合が少ないです。真剣にUberだけで仕事している人は、もれなく韓国車、、、、、、、、、、、、、、
 
知り合いのイギリス人に、韓国車だったらキャンセルするっていうツワモノいたな(;´∀`)
 
さすがにそこまでしませんが


2018年2月25日日曜日

ドミニカ共和国で会う日本人

自分は現地で日本人の人と交流まったくないですが、フラフラとしていたら日本人に会う事はたまにあります。

他の日本人のお話をドミニカンから聞く事もあります(o・ω・o)

自分の中で一番強烈だった日本人が、5人以上の違うドミニカンから愚痴を聞いたA(仮名)氏かもしれませんっ!

けっこう適当でいい加減ですぐ忘れるドミニカンを何年経っても怒らせたままなんて、よっぽどな言動だったんでしょうか(;´∀`)

A氏のような有名な人は除いて、やはり同じ日本人だとなんか分かり合えるっていうか、海外でたまに会話するとホッとしますね(∩´∀`)∩ワーイ

たまにその場で出会ってお話する程度がちょうどいいかなと思ってるんで、あまり深入りはしないようにしてるんですが、

この人ならいい友達になれそうだなという人が一人いたんですが、なかなか再び出会うことはないです(;´∀`)

 今日は先週出会った日本人女性のお話なんですが、

ドミニカンの彼氏or旦那さんがいて、半分はドミニカ共和国、半分はマイアミに住んでいるそうで、とてもおもしろいものをドミニカ共和国へ持ってきてご商売を旦那さんと一緒にされている方でした。

商売の邪魔になっては困るので、売られているものは内緒です。

ドミニカンを相手に選ぶ日本人女性ってのは、どこかこうパワーがあるというかなんかたくましいですね(∩´∀`)∩ワーイ

普通におとなしいお嬢さんだったら、きっとドミニカンの相手は務まらないような気がします(;・∀・)

チャレンジャーというか、尊敬に値します•̀.̫•́✧



これはドミニカンから聞いた日本人の話しなんですが、めちゃ笑えました、いやマジで。

某携帯電話会社のサービスとやり方が気に入らないから解約に来たらしいんですが、

日本で言う違約金が3万円程かかったそうです。

ですが3万円払ってもオタクみたいなやり方するとこの電話は使いたくないからと、きれいさっぱりしたいと解約して少々嫌味をはいて出て行ったらしいです。

今まで◯◯ペソの支払いだったのが、突然◯◯ペソになってその謝罪も知らせもなく、客にだけ解約する時は違約金請求とか早く潰れろとかなんとかみんなに聞こえるように言ったとか言わないとか(゚д゚)!

いやいや、言いたいことすっごいわかります。

グッドジョブですねっ!

ドミニカ共和国って客にいろいろ請求したり突然変更するくせに、自分たちは被害最小限ってところが実はけっこうむかついてます。

手続きとか工事とかそういうことは亀のように遅くて適当なのに、請求の電話とか停止とか切断とかは瞬時に行える能力もドミニカ共和国の会社は持ち合わせています。

その判断力を客にいいサービス提供する方に回したらいいのにと、来た時から思ってましたヽ(`Д´)ノプンプン

でもそれを口に出して3万円払ってスパッと解約とか、かっこいいですね。

このお話をしてくれたドミニカンの仕事にも関わるので、誰から聞いたかは内緒です(๑•̀ㅁ•́๑)✧

それにしても、いろんな日本人がいますね(∩´∀`)∩ワーイ

2018年2月18日日曜日

ケンタッキー・フライド・チキンのクーポン

本日3連チャン目の投稿になります(∩´∀`)∩ワーイ

日本に時々帰省するんですが、すごいですね!

マクドでもケンタでも、レジの前でみんなスマホ出してますね。

何をしているのかと思ったら、スマホでクーポン提示みたいなのがあるんですね。

ここドミニカ共和国ではスマホ提示してクーポンとか、まだ見たことないです。

今回の写真のように、時々KFCが配っているクーポンもらうくらいです。マクドのクーポンはまだ見たことないです。

若いかわいいオネエチャンが、信号待ちの交差点で運転手に渡していました。

危なくないですかね(゚д゚)!

おまけに排気ガス。

みんなもらってあげればいいのに、何故かけっこう無視している人が多いです。

きれいなオネエチャンでも、ドミニカ共和国で働くのは楽じゃありません。






コールスローサラダもあり、サラダベルデ(緑)と呼ばれています。日本のコールスローよりも甘くて砂糖たっぷりという感じなんですが、慣れたらこっちの方が美味しくなってきます。日本のコールスロー食べたら美味しくないと感じるまで、ドミニカの味に慣れてしまいました。

日本のようにチキンフィレサンドらしきものもあり、ここのKFCではなぜかサンドイッチと呼びトマトが入ってます。

味は日本のチキンフィレ圧勝で、日本のチキンフィレサンドをイメージして注文すると涙がでる結果になりますのでご注意下さい。


若いドミニカンのおねえちゃんと先進国の男


もう慣れましたがね、人生ってなんだかねといろいろと思うことが多いドミニカ共和国のお話なんです(´;ω;`)ブワッ(´;ω;`)ブワッ(´;ω;`)ブワッ

それはそれは若いドミニカ人のオネエチャンと、60過ぎたアメリカ人のおっさん。子供さんが一人います。年の差は、お孫さんとおじいさんでしょうか。

旦那さんが英語をオネエチャンに教えてあげています。子供は5歳です。

今までどうやって会話をしてきたんでしょうねと不思議に思うかもしれませんが、お互いにスペイン語も英語も通じなくても、意外となんとかなっているようです。

例えおっさんでも先進国の人間と結婚することは、貧乏から抜け出せる滅多にないチャンス。相手の年齢を考えて子供を作るとか、そういう考え一切なしです。

日本人だと、おっさん相手だと将来先立たれたらとか、大学の費用がとか計算しますがこっちではその考え方はありません(๑•̀ㅁ•́๑)✧

とにかく逃がさない為に、結婚して子供が先決です。

そこに愛はあるのかと時々聞きますが、貧乏よりましだとの回答が多いですね(;・∀・)

あるドーニャ(おばあさん)の知り合いのお孫さんだか親戚だかが日本人男性と結婚しているそうで、目がつり上がって日本人でもとくにフェオ(不細工)だけど金があるからスエルテ(幸運)だとか笑いながら教えてくれました。

日本人の男は中国人同様不細工だけど金を持っている!と、平然と日本人のワタクシを前にして力説してくれました (;・∀・) 

愛情がなくてもお金があれば、子供をつくるのも問題ないそうです。出来た子供が不細工でも、お金が解決してくれると言われました。なんか悲しい考え方ですね。というか、アジア人が不細工だという前提で

ちょっとちょっとですねヽ(`Д´)ノプンプン

ドミニカ人にとっては、外見より愛情より、貧乏から抜け出すことの方が先決みたいです。もちろんすべてのドミニカンがそうではないですよ!!!!!!!貧乏でも愛を選ぶ人だっています•̀.̫•́✧

でも親戚でも親でも、愛がない金の結婚は多く認めている場合が見受けられます。

日本みたいに身売りされたという感覚はないっぽく、お金持ちと結婚できてラッキーみたいに楽観的です(_ _;)

 日本の皆様は、ドミニカの超貧乏な暮らしがどれだけ大変かきっとおわかりにはならないと思いますが、本当にものすごく大変だと思います。

その超貧乏から抜け出すには、先進国の相手を見つけて結婚という手段はわからないでもないです(´;ω;`)

先に書いたお孫さんのようなドミニカののオネエチャンと結婚したアメリカ人ですが、似たような境遇のアメリカ人と偶然ある場所で出会い、二人で盛り上がっていました(;・∀・) 

番号も交換して、いいお友達になったようです。

詳細は伏せておきますね(o・ω・o)

もしも日本で出会いがない!と感じたなら、ドミニカ共和国で若く可愛いオネエチャンを探すのもありかもしれませんっ(*^^)v

年齢や外見関係なく、愛してくれます?よっ!但し、お金があればなんですがね(;´∀`)




Uberの運転手

えー、とことんドミニカ共和国を紹介するブログです!

またまた10日間程プエルトリコに行っていたのですが、久しぶりにUberを利用しました。

今回は渋滞も距離もあったので、いろいろとお話を聞くことが出来たのですが、どれもこれも衝撃的と言いますか、

日本では、日本人ではあり得ないなというお話ばかりで涙です(´;ω;`)

ここはドミニカ共和国だから日本と違って当たり前なのですが、日本よりも生活は大変そうです。

派遣しかないとか贅沢言えるだけ、日本はまだまだましですよっと(・∀・)


Uber初のかなりお年を召した方のUberに乗りました。

Uberは若者が多いのに、珍しいな~と思っていたんですが、いろいろと何でも話してくれる運転手さんでUberでの生活についていろいろと教えてくれました(∩´∀`)∩ワーイ

60歳は過ぎていたと思います、Uberでのみ仕事をしていて働く時間は毎日8時間と決めていて、朝7時から11時頃まで働いて家に帰り再び午後から夕方まで働いて、土日はほんの少しだけUberという勤務形態?でした。

渋滞の時間は絶対に働かないと決めている方でした。

この働き方で月に2万ペソ(2万8千円)稼いでいるそうで、驚いたのがその半分の1万ペソは車のローン返済。

1万ペソで生活できるのかと聞いたら、小さいけど自分の家もあって子供も大きいから大丈夫だそうです。日本じゃいくら子供が成人して持ち家があっても、1万ペソ(1万4千円)じゃ生活できないですね(´・ω・`)

でもドミニカでは贅沢しなければ、持ち家あれば意外と1万ペソで生活出来てしまいます。

Uberをする為に車をローンを組んで買ったそうです。

息子さんもUberの運転手をしていて、息子さんからノウハウを教わって始めたそうですが、息子さんもUberの運転手になるために車をローンで購入したそうです。

Uberの運転手を始める前は路上に軽四輪トラックを止めて、野菜を売っていたそうです。

余談ですが、ボロくても日本の軽トラが一番だそうで、品半島車は本当に駄目だなと言っていました。

おじさんUberを初めてとても幸せだと言っていました。よかったよかった\(^o^)/

その他には大学の授業もほぼ終わった若いお兄さんで、Uberだけで月に4万ペソ(9万6千円)稼いでいる人にあたりました。

その他には、ラジオタクシーと併用しながらUberをしている大学生のドミニカンがいました。彼の場合は自分の車ではなく、日本のラクマみたいなフリマサイトで車のレンタルを見つけて、車を個人から借りてUberとラジオタクシーの運転手をしていました。

気になる稼ぎなんですが、車の賃料を週に4,500ペソ(10,800円)払わないとだめだそうで、月に計算するとかなりな額ですね(;・∀・)

早くローン組んで自分の車買ったほうが、、、、、と言ったら、頭金がまだ貯まっていないそうで無理らしいです。

ガソリン代やネット契約もなんだかんだとひいて、月の稼ぎは2万ペソ弱、昼も食べるから最終稼ぎは14,000ペソほどだと言っていました(´;ω;`)ブワッ

ここでスペイン語を一つ(๑•̀ㅁ•́๑)✧

いろいろな経費を引いた実際の稼ぎをあらわす時にリンピオと言います (*^^)v

給料リンピオみたいな使い方をします。

今までのUberの運転手さんで、一番効率というか稼いでいない感じのお兄さんでしたが、

学生という立場で車を借りてやっているなら仕方がありませんね(๑•̀ㅁ•́๑)✧

将来はグラフィックデザイナーになるとか言ってました!頑張ってください(∩´∀`)∩ワーイ

そういうわけで、ドミニカ共和国のUberの運転手さんには、いろいろな人生があることが見えてきました。なんか、人生って壮大ですねっ!

最初はUberやってみようと思ってましたが、聞けば聞くほどやっぱもういいかなと(;・∀・)

ぜひ皆さんドミニカ共和国に来たら、Uberを利用してみて下さい!何一つ不自由は感じないと思います。

 でも確か過去に、ラジオタクシーを使ってあげてと書いた記憶が(;´∀`)