2017年12月31日日曜日

Uber日記

もうタイトルUber日記に変えようかと思うくらい、Uberにはまってます(∩´∀`)∩ワーイ

今日も4回Uber乗車してきました(`・ω・´)ゞ

今日聞いた給料は、ちゃーんと覚えてます。

1回目の乗車はベネズエラクライシスで避難中のベネズエラ人の人で、ドミニカ共和国でUberだけで生計を立てていました。

1日平均20回乗せて、必要経費すべてひいた儲けが1週間に10,000ペソでした(24,000円)。月にだいたい4万ペソ、日本円で約10万円弱です。

もう1人のUberだけで生計を立ててるドミニカンも、だいたい同じで、日に20回、週に9千から1万ペソ稼いでいました。多分昨日の人だったと思う。いや、一昨日かな?

めちゃくちゃ働いてこの金額だそうですが、ドミニカ共和国で店員とかやると月に14,000ペソなのでUberで働くほうが良いそうです。

無線タクシーは2時間客が取れない時もよくあるけど、Uberなら常にお客さんが取れるそうで、安くてもいいんだそうです。

Uberすごい!

で、なんと!

今日の2回目の乗車は、奥さんが日本人のドミニカンでした(∩´∀`)∩ワーイ

運転手さんもこっちのプロフィールも見れるんで、名前で日本人とわかったと言われました。僕の奥さん日本人だと言われても、だいたいどこの国でも嘘ばっかりで(得にトルコ)

はいはい、そうですか(;´∀`) と答えるんですが、本当に今日の運転手さんの奥さんは日本人のようでした。ほらこれ、と言って、奥さんが車に置いていたと見られる山本周五郎の本を見せてくれました(゚д゚)!

これは本当だ!と、話しがはずみましたね•̀.̫•́✧

奥さんが子供さん連れて年末年始に日本に帰省中で暇だからUberの運転手始めてみたらしいです。立派なジペタだったんで聞いてみたら、10月に買い替えたばかりのトヨタのSUV車でした。奥さんのお父さんに買ってもらったそうで(゚д゚)!

こんな車でUberやってもまったく利益ないんじゃ(;´∀`)

おまけに新車で、お値段聞いたら日本円で450万って(゚д゚)! 何でそんなに高いの?!

その車種、日本で買ったらもうちょっと安いはずです。物価の高いドミニカ、新車の値段まで高かったです。日本の裏まで、当然か(;・∀・) 本当なのかとsupercarroというドミニカのサイトで値段調べてしまいました。

3回目の乗車は、これもなんと!友達の友達でした(;´∀`)

本業は◯◯で◯◯をしてるというから、同じことをしてるドミニカの友達がいるんで名前を出したら、知ってる、アミーゴ(友達)だと言われました(゚д゚)!

Whatsappの写真見せたら、本当にお友達でした。

Uberの運転手してる事知らないから、話しといてと言われました。

もう本当に世界は狭いですねっ!

本業の合間にUberの運転手をやっているので、週に6千ペソいくかいかないかだそうです。

4回目の乗車は、もう夜も遅かったし会話もあまり弾まず何も聞かず聞かれず、おとなしくしてました(*^^)v

そんなわけで、ほぼ毎日Uber使ってます。

Uberにもいろいろな人生や物語がありますねっ(๑•̀ㅁ•́๑)✧

年末なので飲むことが多く夜更かしです!


追記です!

乗った回数と合わないんだけど(;´∀`)
実はUberの運転手さんの弟さんが日本人と結婚して日本に住んでいるという人がいました!
車の部品やバイクや車を日本から輸出してるみたいな仕事をしていて、子供さんはドミニカンのチリチリヘアの方が出たとか笑ってました。
もうね、本当にUberを短期間に使いすぎて何が何やらわからなくなってます(∩´∀`)∩ワーイ

2017年12月29日金曜日

臨機応変なドミニカ共和国

日本は融通効かないこと多いですが、ここドミニカ共和国はすごく適当でいい加減なので、ある程度笑顔を振りまいてチップとか渡せば、自分の思い通りになることはよくあります (;・∀・)

実は今、ものすごく欲しいスマホがあります!

ここドミニカ共和国では残念なくらいに日本メーカーのスマホがなくて、殆どが半島かシナメーカーです。

Alcatel買ってみたものの、やっぱり何かが違う何かが。

しっくり来ない。

ファーウェイも買ったことあるけど、2週間ともたずに売りました。

サムスンは選択肢にすらないです。

やっぱりシナ半島メーカーは何かが違う、何かが (-д☆)キラッ

ここで買えるスマホの日本メーカーはSONYくらいです。1回だけ京セラ見たかなというくらいです。

SONYのエクスペリアシリーズ欲しいけど、ドミニカ共和国で買うともちろんロックされていて色も一色しか販売されておらず、異常に高いです。

とうわけで、臨機応変とはまた違いますが、客に優しいサービスを提供してくれるのがドミニカ共和国です(*^^)v

過去に一度書いたと思いますが、ドミニカ共和国ではアメリカAmazonで買い物をしたものを転送してくれるサービス会社が星の数ほどあります。

200ドル以上の物を買うと、税金が21%かかってきます。

例えば500ドルの物を買ったとすると、105ドルの税金がかかります。

ここでドミニカ共和国ならではのサービスです。アメリカで受け取る従業員が、Amazonから届いた箱を即座に開けて、請求書の紙を取り出して捨ててくれます。そして中古扱いにして、適当な請求書を入れてくれます。

税金がかからないように、200ドル以下の値段設定にしてくれます。

そしてここドミニカ共和国で受け取る時に払う税金の額は、105ドルの半額の52.50ドルに値引きされます (;´∀`)

払う税金って言っても、もうこれは税金ではなくて従業員のお小遣いになるんですがね。

このように、オーナーもグルだったり従業員だけでやってくれたりと、きめ細やかなサービスが望める場合がここドミニカ共和国ではあります!

欲しいスマホがちょーっと高いので、仲の良いドミニカンに頼もうかどうかを検討中?です(;・∀・)

良い子の皆さんは、真似しないで下さいね!あくまでもドミニカ共和国は、こんなことまで考えてやってくれるよという、ドミニカ共和国を紹介している?だけです。

何もかもが適当でいい加減で居心地はとてもよいですが、自分が向上するということはあまり期待できない国でもあります•̀.̫•́✧ どっちかというと退化するかも


またまたUberですが、今日も午前中乗ってきました。

本当に便利です。クレジットカードを登録しているので、小銭の心配もお釣りの心配もありません。

今日のドライバーは珍しく、Uberだけを仕事にしている人でした。

無線タクシーの方が儲かるんじゃと聞いたら、無線タクシーは客の取り合いだし、自分がその場所に向かってても近くを通ったタクシーに客をとられたりと、競争になるのが嫌だから、安くても確実に客が待っててくれる方がいいからUberでいいと教えてくれました。

確かにUberは、客の理由でキャンセルしたらキャンセル料が発生するし、待ち合わせ場所で見当たらなくてもメッセージを送ったり直接客に電話をして場所を聞く事ができるし、競争心のないドミニカンには合うのかもしれませんね(o・ω・o)

ですがこのおじさんの車、ドミニカでジペタと呼ばれているSUV車でした。ジペタは上の高いクラスに入るのかと思っていたら、ホンダフィットなどと同じ値段で驚きました。ガソリン代余計にかかりそうなんだけど (;・∀・)


というわけで、ドミニカ共和国はなかなか居心地がいいです(∩´∀`)∩ワーイ




2017年12月28日木曜日

Uberの料金 in ドミニカ共和国

えー、最近Uberが気になって気になって仕方がない筆者?です(∩´∀`)∩ワーイ

無線タクシーの運転手さん達からいい噂聞いてなかったんで、Uberの馬鹿野郎とか思ってたんですが、実際に使ってみるとかなり便利でいいかもしれません。

タクシーの運転手さん達からは、渋滞だとUberは高くついて仕方がないとか教えられてたんですが、Uberのサイトを調べてみると、な、なんと!渋滞に巻き込まれたとしても、そんなに値段が上がるとは思えない料金設定になってました(゚д゚)!

UberXという普通の車種だと、基本料金が55ペソ(132円)、分毎に3ペソ(7.2円)、キロ毎に7.5ペソ(18円)となってました。

ってことはですね、渋滞にかかったとしても1分7.2円余分にかかるだけですね。最悪な渋滞にかかったとしても30分多く乗ったとしても、200円程しか高くならないってことですね(๑•̀ㅁ•́๑)✧

日本人だから200円ぽっちとか言えますが、最低賃金で生活しているドミニカンには決して安くはないのかもしれません。

何回も書いてますが物価が非常識な位高いドミニカ共和国で、タクシー代金だけは安いと思うのに、そのタクシー代をもっと安くしてしまっていいのかと思うんですが、

利用するにはUberは確かに便利です(;・∀・)

無線タクシーの運転手さんは、普通に無線タクシーで働いている方が儲かるからUberをあまりすすめたくないんですね、わかります、その気持。渋滞だったらUberの運転手の方が儲かるとか思ってましたが、1分たった3ペソ課金されるだけでした。

Uber利用者が増えてきたら、無線タクシーのおいちゃんたちどうするのかなと心配になってきました(´;ω;`)

ってことは、Uber便利だけどたまには古い付き合いの無線タクシーのおっちゃんに頼んで、気分転換でUber?みたいな感じでしょうかね(๑•̀ㅁ•́๑)✧

利用する分にはいいですが、こんなに安い国でUberの運転手しようとはやっぱり思えないかもです(;´∀`)

確か昨晩Uberの運転手やってみたいと書きましたね。

お金の為ではなく、ドミニカンと触れ合う機会を作る為にはもちろんありです!

というわけで、ドミニカ共和国ではUberはかなり発達して便利に使えます。

だけど渋滞ばっかりであまり稼げない無線タクシーのおいちゃん達を使ってあげたいと思えたら、どうか無線タクシーを使ってあげてください (^v^)



uberX

お手頃価格の UBER

Base Fare
DOP55.00
+
Per Minute
DOP3.00
+
Per KM
DOP7.50
Minimum Fare
DOP70.00
Cancellation Fee
DOP70.00


uberXL

大人数でのご利用をお手頃な価格で

Base Fare
DOP55.00
+
Per Minute
DOP6.80
+
Per KM
DOP15.00
Minimum Fare
DOP100.00
Cancellation Fee
DOP100.00



uberMOTO

お手頃価格の UBER

Base Fare
DOP7.00
+
Per Minute
DOP1.50
+
Per KM
DOP6.00
Minimum Fare
DOP17.00

Cancellation Fee

DOP20.00

2017年12月27日水曜日

Uberが好きになってきたーーー!

えー、一昨日に続き、またまUberを利用してみました(;´∀`)

スマホで手軽に手配出来て、本当に写真の人がむかえに来てくれて、

クレジットカード払いを選んでおけば、ありがとうと言ってそのまま降りるだけ。

降りて数十秒後にメールで領収証まで届きます(゚д゚)!

タクシーより便利かもしれない(;・∀・)

タクシー運転手さんにも友達が何人かいて、Uberの愚痴も聞いてたしUberはタクシー運転手の敵みたいに思っていたけど、

利用者側からしたら、すごい便利です。

でも確かにタクシーの敵かもしれませんね。

ドミニカ共和国のタクシーの最低料金は150~170ペソで、170だった場合200ペソ札を渡してお釣りはいいよってなってしまうので最低でも200ペソかかります。だけどUberなら80ペソでも乗れてしまうとわかれば、ドミニカンだって渋滞がなければUber使うと思います。

今日は1キロの距離を乗ってみました!行きは98ペソ(235円)、帰りは80ペソ(192円)でした。

運転手さんは230円と192円から25%を引かれ、燃料代もかかります。1キロの距離を200円程で乗せて、利益はいったいいくらなのかを計算したら(゜-゜)

薄利多売ですね!数十円でもないよりはいい!

物価が高いドミニカ共和国ですが、タクシー代だけは本当に安いです。

Uber利用する時にドライバーになってみるボタンがいつも見えるんですが、なんかUberのドライバーやってみたくなりました•̀.̫•́✧

本業が好きな時に好きなだけできるんで、Uberの運転手もやってみようかと思う今日このごろです(*^^)v

今まで計5回乗って、日本車は1台だけであとの4台はヒュンダイやらキアやらでした。

エコノミー車かハイグレード車かは選べますが、車種まで選べません(;´∀`)

普通の無線タクシーではあまり見られない小さな車が来ますが、エアコンもかかって綺麗でした!

そう言えば今日乗った1台目のタクシー、後部座席から取れるように飴ちゃんの袋を置いてありました。粋なサービスです\(^o^)/







ドミニカ共和国の刑務所生活⑥

せっかくドミニカ共和国の刑務所生活を書いたので、最後まで書かねばと思い書いてます(∩´∀`)∩ワーイ

実はですね (;´∀`)

友人はもっと長く刑務所にいると思ってたんで、Amazonでスパイ用カメラ買って注文してました(;・∀・)(;・∀・)(;・∀・)

だけど友人が思いの外早く出ることが出来たので、そのカメラはもう必要なくなってしまいました(´;ω;`)

だからなんていうか人生の楽しみが減ったっていうか、なんかちょっと悲しくてあまり続きを書く気がしませんでした。そんな時に朗報!

2ヶ月刑務所に入っていた友人の甥が、なんと同じ刑務所に入っていると言うではありませんか。もうギャグみたいですね。

面会に初めて言った時、そんな話は聞かなかったです。

だからまた刑務所に見学に行きたければ、その甥に会いに行こうと言われました。

ちょっと(∩´∀`)∩ワーイという感じです、元気でました!


ドミニカ共和国の刑務所生活は、本当にわけがわかりません。

何度確認しても、ここは刑務所なのかと疑ってしまいます。

囚人は日中何かをするわけでもなく、刑務所内で商売をしていなければ、ただ、ダラダラと時間を刑務所内で過ごすだけです。

これ、もったいなくないですかね?

日本は家具を作らせたり、ミシン使わせたりしてますが、ここは本当にダラダラさせてるだけです。

朝の8時から午後の3時までが囚人が檻の外に出てパティオ(中庭)で自由に商売したりくつろげる時間で、それ以外の時間は、

各自が決まった鉄格子がついた部屋の中にいなければなりません。一部屋何人くらいなんですかね、10人前後はいると思います。

またここでわけわからないシステムになってまして、刑務所内の部屋もレンタルしたり買い取ったりする制度になってます。

ね、わけわかんないですよね? (・・?

パティオに出られる時間帯以外は、すべての囚人が部屋の中にいなければならないんですが、その部屋をそろそろ出所する囚人から買い取ったり、誰から借りるのか知りませんが、お金を払って借りたりします。

この自分が毎日過ごすスペースを確保出来ない人は、何もない人達専用のスペースがありまして、床に雑魚寝だそうです。なーんにもありません。

だから家族が面会に来てくれる人はお金を払ってもらって、場所を買い取ったり借りたりします。

友人はすぐに出られると思っていたので場所の買い取りはせず、レンタルをしていたらしいです。毎週のレンタル料金が600ペソ(1,440円)です。テレビ、扇風機、マットが付いていたらしいです。

ここで友人は週に1回会いに来てくれる奥さんと夫婦の営みをしていたんですね!

刑務所を出る時は、また次の囚人に売ったりします。

刑務所に入った時に買ったスペース(テレビ、ベッド、扇風機)が、出る時には買った時よりも高く売れたという話しは、カードコピーで捕まったことのある人から聞きました。

収容されていた友人は、その部屋だけは絶対に惨めになるからと見せてくれませんでしたが、その部屋がある檻までは連れて行ってくれました。

目を疑いましたね (;´∀`) もうドミニカ共和国、わけわかんない。

一つの檻の中が本間で8畳か10畳位の広さがあるのでしょうか、その中がトタン板と扉で仕切られていて、二段ベッドになっていたり、下のスペースの3分の1位のスペースで生活していたり、いろいろな生活様式?がありました (;・∀・)

人が1人横になれるスペース(扉と囲い付き)だったり、ダブルベッドを置いて冷蔵庫や電子レンジまでがある広いスペースで生活している囚人がいたりと、

囚人の生活もすべてお金があるかないかにかかっていました。

本当に、わけわかんないですね。

各檻に、トイレとシャワーが一箇所、簡易の流しみたいなのがありました。

一箇所だけ特別な入り口みたいなのがあって、その前に警察官が何人か座っていました。

その場所は、凶悪犯罪を犯した凶暴な囚人が入れられているそうで、そこはさすがに入れてもらえませんでした。そこに入っている凶悪犯罪者は、パティオには自由に出入りできず檻の中でずっと生活をしているそうです。

しかしなんですね、やっぱりドミニカ共和国ですね。

国民の教育にあまり熱心じゃないというか、適当いい加減。

本当に毎日をただダラダラとパティオと檻の中で過ごさせているだけで、あれは時間の無駄、エネルギーの無駄だと思いました(๑•̀ㅁ•́๑)✧

ドミニカ共和国は確かに居心地もよく人も温かく適当でいい加減で、日本で生まれ育った人間には楽園だと思います。

ですが正直あまりにもおバカちゃんっぽく、怖くなることもあります。

国民全体の教養といいますか、レベルと言いますが、そういうのは本当にすっごく低いと感じます。

刑務所での生活を見て、それをまた強く感じてしまいました(ー_ー;)

発展する気もなければ、現状のままでいいのかもしれませんが、さすがに先進国で育った人間にとって、この国は教育の場ではありませんね•̀.̫•́✧

先進国で普通に教育を受けて大人になって年数が経った後、のんびりと生きるにはもってこいの国かもしれませんが、ここで生まれ育つというのは、自分の能力を伸ばすこともできずただおバカちゃんだけ育つ気がしないでもないです(;´∀`)

あ、本音書いちゃった

でも教育って大切だな~と、ドミニカ共和国で生活していて毎日思いますよっ!

なので日本にお住まいのみなさん、すっごい恵まれた環境にいると思うので頑張って勉強してくださいね!


刑務所内にある教会(囚人はスマホ使えます)

遠くに見えるのがビリヤード台、左端はエンパナーダの屋台です

パティオでくつろぐ囚人(ジュース飲んだりスマホいじったり)


スマホは一応禁止となってますが、面会に行く家族がこっそりと食べ物や荷物の中に隠して家族である囚人に渡すので、囚人はスマホを持ってます。

警察官が見ても別に取られないそうで、一般人が刑務所内に入る時の検査ではスマホは預けるようになっていますが、それをうまくパスして中まで持って行ってしまえば大丈夫みたいです(;´∀`) もう、本当にわけわかりませんね!

日本と違ってプリペイド式が多いので、外にいる家族が近くの店で電話番号を言えばチャージしてもらえるので、囚人が刑務所の中でチャージできなくても問題はありません。

すばらしいシステムですね(๑•̀ㅁ•́๑)✧

チャージが切れたらまた家族にチャージしてもらうので、自由に家族に電話をしたりメッセージを送ったり写真を送ったりネット閲覧ができます。

殆どの囚人がスマホいじりしていました。

家族がチャージしてくれない場合は、刑務所内でカードも買えるそうです。この場合は、外の値段の倍だそうです。誰が売っているのかと言うと、やっぱり囚人です。

外から売りに来た人から買って、それを刑務所内で高く売ったりするそうです。

だから友人も刑務所内から毎日メッセージを送ってくれていたそうですが、しばらくwhatsappのアプリを削除していたので、再インストールするまで気づかなかったんですね(;・∀・)

刑務所を出る時も大変でした。囚人がたくさん群がってきて、何かくれとポケットの中まで手を突っ込まれそうになりちょと怖かったです、まじで ((((;゚Д゚))))

刑務所の外に出たら、小さな子供がやって来ます。手に押されたスタンプを拭き取ってくれます。そしてチップを渡します。ちょっと微笑ましかったです。

多分これで刑務所生活のお話は最後になりますが、

外国人でも関係なく刑務所に入れられてしまうので、本当にみなさんお気をつけ下さい!

あれは日本人が耐えられる環境ではありませんっ!!!!!!!

いくら安いからと、気軽にマリファナ買ったり売人になったりしないでくださいね(o・ω・o)

売った量によっては、即入れられてしまいます。


あ、まだ書いてないことあった。

囚人でも、身内の葬儀等であれば1日外出が認められるそうです。もちろん警察官と一緒で、お金も払わなければなりません。そのお金が払えなくて、おじいさんの葬式に行けなかったご近所さんがいます。

これは嘘か本当か知りませんが、お金持ちであれば週末は自宅に帰って過ごせるそうです。もちろん、お金がかかります。ものすごい金持ちや有名人だったら、自宅を刑務所にしてもらえるそうです。自宅から一歩も出れず、外には常に警察官。

ドミニカンから聞いただけですので、どこまで本当なのか疑問ですが、ドミニカだけに多分本当なんだと思います\(^o^)/







2017年12月26日火曜日

Uber体験 in ドミニカ共和国

えー、タクシー運転手さん達からUberの評判を聞き、毛嫌いしていたUberですが、

24日の夜にUberを呼んでもらい、ちょっと自分でも試したくなったので、

早速昨晩UberアプリをDLして、Uberを呼んでみました(∩´∀`)∩ワーイ

結果報告ですが、思っていたよりいいです(≧∇≦)b

渋滞じゃなかったからまだはっきりとは言えませんが、渋滞じゃなかったら料金も普通のタクシーより若干安い気がします。

昨日は4.2キロの距離を乗り、180(430円)ペソと130(310円)ペソでした。

これが普通のタクシーなら、200ペソ(480円)の距離です。

行きは利用者が多い為、ピーク料金というものが付き1.5倍になってました(;´∀`)

やはり世間話をしなくてはと思い、いろいろとUberについて聞いたんですが、

タクシー運転手さんが空いた時間にUberと兼用しているのとは事情が違い、

割り切ってUberだけでお小遣い稼ぎをしているという感じなので、そんなにUberに対しての愚痴はないようです。むしろ、無線機つけてガーガーやるよりスマホでやるほうがかっこいいとか言ってました。

タクシー運転手さんは、毎週700ペソを登録しているタクシー会社に支払います。ですが儲けは全部自分のものに出来ます。渋滞でも料金は同じです。

Uberは25%を利益から引かれますが、渋滞だとその分課金されて儲けが上がります。車両も10年以内(だったかな?)の車ではないと、登録できないそうです。

Uberではいくら稼げるのか最初のタクシー運転手さんに聞いたら、1週間に25%を引かれた後に、、、、、、(´;ω;`) 忘れてしまった、思い出せない。毎週火曜日に支払いがあると聞いたのは覚えてます(;´∀`)

結果ですが、自分が思うにですが、

客として乗るには、車両も比較的綺麗なのが来て、クレジットカードで自動的に引き落とされるので現金がなくても乗れて(もちろん現金払いもOKです)、渋滞がなければタクシーよりも安い場合が多いUber、

運転手としてなら、ボロボロの車でも仕事ができ、利益から25%引かれない普通のタクシーがいいのかもしれません。

専業ではなく、本業の合間にするならUberはもってこいのお小遣い稼ぎなのかもしれませんね!帰りの運転手さんは、本業があって夜間だけUberの運転手をされているそうです。昨晩だけの合計利益が900ペソ(2160円)とスマホ画面がチラッと見えました。25%引かれる前なのか、後なのか聞けばよかった!!!

ですが保険とか保障とか事故した場合はどうなんでしょう。まっ、もともと事故しても大した保障も何もないドミニカ共和国なので、先進国みたいに深いこと考えなくていいかもしれません!

ドミニカ共和国では、ボロボロなタクシーが来ても新車みたいなタクシーが来ても料金は同じです。ある意味どんな車が来るかはかけなので、ボロボロな車は絶対に来ないUberが、渋滞がなければいいのかもしれないと思うようになりました!

どうせ乗るなら、窓も普通に閉まって新しいタクシーの方がいいですよね(*^^)v

タクシー運転手さん、ゴメン!ですが、渋滞が多い時間帯はもちろん普通のタクシー使いますよっ(∩´∀`)∩ワーイ

Uberバイクもあるようなので、近くを走っているのを確認出来た時にまたこれも乗ってみたいと思います!










ドミニカ共和国の人は寛大?ですっ?

えー、毎年恒例の24日のクリスマス用の無料夕食の配布を終えた後、

ドミニカンの友人の家に食事に招待されていたので、タクシーに乗ってお邪魔しに行ってました(*^^)v

クリスマスイブの夜のことです。

ドミニカ共和国のクリスマスイブも、日本みたいに男女がイチャつく日ではなく、家族で特別な食事をしたりする日です!

クリスマスケーキもケンタッキーのチキンも食べませんっ!

豚の蒸し焼きやチキン、ポテトサラダなんかを食べます。

このドミニカンの友人の家には時々食事に行ってるんですが、突然見たことがない6歳の男の子が家に入ってきました。

あれは誰?と聞いてびっくり(゚д゚)!

何度か聞き返さなければ、なかなか理解できないドミニカ共和国です(´;ω;`)

ドミニカンの友人には娘さんがいまして、近所に住んでいます。近くに家を借りて住んでいて、24日の夜は娘さんも料理を手伝っていました。

娘さんの旦那さんも途中から現れたんですが、見たことのない子どもを連れていたんですね。

その子供は誰かと訪ねたんだけど、聞くんじゃなかった( ;∀;)

その男の子はドミニカンの娘さんの旦那さんが、こっそり外で作った子供でした。(´;ω;`)ブワッ

え?じゃ、なんで娘さんが世話してるの?って突っ込みたくなりますよね?

旦那さんが浮気した相手の女性は、海外に出稼ぎに行った為、その子のパパである娘さんの旦那さんが面倒を見ることになりました。

そしてドミニカンの友人の娘さんは、旦那が浮気した女の子供の世話をすることになりました。

友人のドミニカンからすれば、血のつながりもまったくない、

娘を裏切った男の子供です。

えっ、、、、、平気なの?って聞いたところ、気分はヨクナイがドミニカではこれはよくある話しで仕方がないと言っておりました(´;ω;`)

確かにドミニカ共和国では、父違い母違いの兄弟がいっぱいいます。

結婚前の若い時に女に作らせた子供がいるとか、20代後半の男にはけっこう普通にあることです。

結婚後も、女遊びをして婚外子がたくさんいたりします。

私のこのドミニカンの友人にも、結婚後に遊んで外にできてしまった娘さんが1人います(;´∀`)

奥さんはどうして別れないんだろうと思うんですが、子供二人連れて離婚は大変なのでできないそうです。

やっぱりそこか(ー_ー;) 日本も同じですね!

しかし日本人の感覚からすれば、娘さんの旦那、図々しいの一言ですねぇ。

遊びで外に子供作ってその子供を嫁さんの実家に平気で連れて来るとか、まあ日本じゃあまり聞かないお話です(;´∀`)

そしてその帰りの話しですが、

全面スモークの車になってしまったので、夜はタクシーを使うようにしています。

友人の家まで行くタクシーはつかまったのですが、自宅に帰るタクシーがなかなかつかまりませんでした。24日の夜ということもあります。

そして友人娘さんの旦那さんが、Uberを使ってタクシーを呼んでくれました。

発Uber体験でした!

今までいろんなタクシーの運転手さんから、Uberなんて無くなってしまえとかいろいろ愚痴を聞いていたので、Uberってとんでもなく悪いサービスで、

高いんだと思っていたんですが、普通のタクシーと同じ料金でした。

ちょっとUber見直したということで、早速昨日自分でUber呼んで再び乗って来ました!

また後程レポートします(`・ω・´)ゞ


2017年12月20日水曜日

ドミニカ共和国にもUberあります!

ドミニカ共和国をとことん紹介するブログです(∩´∀`)∩ワーイ

まだ、ドミニカ共和国での刑務所生活には、もうちょっとだけ書きたいことがあるのですが、

刑務所生活ばかり書いてると、なんかどんよりした気分になってくるので今日はUberについて少しだけ書いてみたいと思います。

ドミニカ共和国にもUberのサービスがありまして、多くのタクシー運転手さんがUberもたまーに使っていると言っていました。ですが、たまーにだそうです。

それは何故か!

Uberはぜんぜんドミニカ共和国では儲からず、普通に無線タクシーに登録してやってる方がマシだということでした!

自分の車、全面スモークにしてしまったので、夜間にタクシーに乗る機会が増えたのですが、

世間話なんかたまにすると、Uberの愚痴みたいなこともよく聞きます。

一度アプリを入れてUberを使う手前までいったのですが、考えてみれば渋滞の多いドミニカ共和国でUberを使うメリットはあるのかと考え、普通のタクシーを呼びました。

運転手さんに確認してみても、やっぱりUberは分数によって課金されていくので、渋滞が多いドミニカでは昼間に使う人は殆どいないそうです。

というのも、物価がわけわからない位高いドミニカ共和国なのに、タクシー運賃だけは安いからです。

タクシーの最低料金は、近場で150(360円)~170(400円)ペソです(会社によって違います)。渋滞であっても、値段関係ありません。かなりの距離乗ったなと思っても、600円とかで1000円超えることは滅多にないです。

もしもこれがUberなら、渋滞でのろのろ運転でもずっと課金されっぱなしです。相場を知らない観光客がたまに使うらしいですが、ドミニカンは昼間は使いません。

ここから空港とかなら渋滞も少なく、普通のタクシーで行くよりもずっと安く行けるそうですが、運転手は儲けが少なくなるので嫌らしいです(;・∀・) 

ま、当たり前ですね。

おまけにUberは売上から30%を徴収し(以前は25%)、おまけに週に1回しか支払いがないので、タクシー運転手にしてはほとんど利益にならないそうです。

どうしても仕事がなくて暇な時、しかたなく同時待機して客を乗せる程度にしか利用しないと多くのタクシー運転手さんが教えてくれました。

まあ、これだけタクシー代が安い国だったら、Uber使う意味ってあまりないかもしれませんね!

おまけに古い車は登録すらできないらしく、ドミニカンにとってあってもなくてもいい会社だそうです。

自分も、こんなに渋滞が多い国でUber使おうとも思いませんし、運転手さんかわいそうだから普通のタクシー使おうとも思います(*^^)v

というわけで、ドミニカ共和国では普通のタクシー使った方が安いですっ!

正直言うと、空港とか行くのはUberの方が安いらしいけど、なるべく普通のタクシー使ってあげてください(o・ω・o)

ドミニカのタクシー運転手さん、渋滞ばかりであまり儲からず大変なんです( ;∀;)



追記
ベネズエラで生活できなくなったベネズエラ人がドミニカ共和国にやってきて、Uberの運転手をやっている話しはよく聞きます。移民でやってきた人たちには、Uberというのはすばらしい?存在だそうです・・・・・・・・う~ん 


2017年12月19日火曜日

ドミニカ共和国の刑務所生活⑤

今日は友人に聞いたドミニカ共和国の刑務所内での食事事情を書いてみたいと思います。

刑務所に面会に行った時のドミニカンの友人は、標準体型になってました。

それまでは豆の様な体型をした、典型的なぽっちゃりとしたドミニカン体型でした。

彼の体型が、刑務所内での食事情を物語ってますね!太ってる人はまず見なかったです。

それもそのはず、ドミニカ共和国の刑務所で出される食事は、人間の食事ではありません(´;ω;`)

お金がある囚人、定期的に家族が食べ物やお金を持ってきてくれる囚人はラッキーです。刑務所内で囚人が焼き立てパンを1個5ペソで売っているし、軽食やエンパナーダの屋台もチキンの炭火焼きも昼のランチも何でも買えるからです!

刑務所に面会に行った時、バナナ1本5ペソも買って食べました。

本当に普通に外で買い物するのと変わらない、ドミニカ共和国の刑務所生活です。

一応、刑務所でも3度の食事は提供されるそうです。

それを食べるのも食べないのも囚人の自由だそうで、家族がいない、お金がない囚人はそれを食べるしかないそうです。

刑務所内で出される食事は、

朝 薄い水のようなホットチョコレート(時々パンが付くこともあるけど本当に時々)

昼 白ご飯のみ(おかずなし。たまにアレンケという塩漬けの魚で味付けされただけの具無しご飯)

夕 朝と同じ、薄い水のようなホットチョコレート


昼の白ご飯ですが、洗ってないそうです。洗わずに炊いているから、虫や石やゴミがいっぱい入ってるそうで、とてもじゃないけど食べられないそうです(´;ω;`)


これ、ドミニカンの友人が収容されている時に送ってくれた写真です。

ご飯が入れられているバケツは、ペンキが入っていたバケツです( ;∀;)

スマホが刑務所内で使えなくても、奥さんと愛の営みができなくても、3度の食事は保障されている日本の刑務所とどちらがいいんでしょうか(;・∀・)

外国人もマリファナで逮捕されれば刑務所に入れられることもあるので、いくら気軽に路上で買えると言っても気をつけてくださいねっ!!!!! (๑•̀ㅁ•́๑)✧

面会に来てくれる人がいないと、本当に悲惨な刑務所生活です!




2017年12月14日木曜日

ドミニカ共和国の刑務所生活④

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

す、すごい話し聞いてしまいました!

刑務所に2ヶ月入っていたドミニカンの友人が、出所祝?ではありませんが、先程までうちに遊びに来ていました。世間話やこれからの事、いろいろ話してました。

とても衝撃的なお話もしてくれました。

ハンムラビ法典ではありませんが、被害者の親御さんの立場であれば、ドミニカ共和国の刑務所内は、

ある意味、やり方はどうであれ、日本よりいいのかも?しれませんね、考えさせられました(´;ω;`)

私が留守中に、彼はアプリで写真を送ってくれたそうですが、すぐに削除して見れなくしたそうです。

その写真というのが、喉を切られて刑務所内で死んだ囚人だったそうです (゚д゚)!

なんでまたそんな写真をという事になり、彼は話してくれました。

ドミニカ共和国で性犯罪、とくに幼児レイプをしようものなら、刑務所内から生きては出られないとのことです。

ここドミニカ共和国では、タイガー=ティグレ=ならず者で、チンピラみたいな人間は通称ティグレと言われています。囚人の大半がティグレなのは言うまでもありません。

一般市民に限らずですが、刑務所内のティグレにとって性犯罪は一番許せない行為だそうです。

婦女暴行などの性犯罪は20年の刑期だそうですが、ドミニカ共和国では20年の刑期を全うした性犯罪の囚人はおらず、すべてがすぐに刑務所内でティグレ達に処刑されてしまうそうです。

どういう処刑をするのかはその時々らしいですが、男性器を切り落としたりと拷問の後、殺されてしまうそうです。

私の友人が2ヶ月の間に1件だけ見た性犯罪者の処刑は、ガラス瓶を叩いて割った物で喉を裂き、まだ息がある性犯罪者の気管へ蝋を垂らして死に至らしめるというものだったそうです。

友人が vela ベラと言ったんですが、最初はすぐに日本語が出てこず、

ベラ?キャンドル? ろ、ろうそく!!!!!!とベラがロウソクと理解できた時は、なんとも言えない感覚に襲われました。

やり方はどうなのかと思いますが、性犯罪者に甘い国の日本人から見たら、ドミニカ共和国のティグレには、正直ちょっと応援したいものがありました。

日本も性犯罪を犯したら、刑務所でリンチを受けてとんでもない殺され方をされるとわかっていたら、もっと性犯罪も減るのではないかと思ったんですが、甘いですかね。

子供に限らず成人を襲った場合でも、レイプ犯には容赦ない拷問が待っているそうです。収容されて即日ティグレによる死刑執行です。

どうして刑務所内のティグレ達が性犯罪者が来ることがわかるのかと言いますと、性犯罪者が刑務所に到着する前に、事前に中で働いている警察官がティグレに言ってまわるそうです。( ゚д゚)ポカーン

日本じゃありえませんねっ!

でもそれだけドミニカ共和国でも性犯罪者は嫌われています。

マリファナとか窃盗とか殺人とかの犯罪でリンチに合うものは誰もいません。

ですが、性犯罪者だけは誰も許さないそうです。

これを良しと考えるか悪いと考えるか判断に悩みましたが、日本も生ぬるいこと言ってないでこれくらいの仕打ちがある方がいいのかもと思わないこともないです。

しかしビール飲みながら楽しく話していたのが、一気に吹っ飛んでしまうくらい衝撃的でした。

そんな怖い国に住んでいるんだなあと(;´∀`) 身の危険を感じないでもないですが、普通に生きていれば大丈夫です(๑•̀ㅁ•́๑)✧

というわけで、今回はドミニカ共和国の刑務所でのお話でした。

まだもう少し友人から聞いた刑務所内の理解できない制度について、もう少し書いてみたいと思いますが、今日はこれまで。





ドミニカ共和国の刑務所生活③

一昨日に続き、ドミニカ共和国での刑務所生活です(∩´∀`)∩ワーイ

友人は2ヶ月ぶりに家族と過ごせ、あれだけ頻繁に来ていたメッセージもポツリポツリとなって寂しいですが、

刑務所の中でやることもなく、家族の元へと帰れたら当然ですね(o・ω・o)

じ、実はものすごくまた刑務所に面会に行きたかったんだけど(;´∀`)

日本の厳しい刑務所内の生活をテレビで見たことのある日本人なら、何度行っても飽きない場所だと思います!見学にって意味で(;・∀・)

多分日本人なら皆さん誰もが驚くとは思いますが、ドミニカ共和国の刑務所内は、まるで外とほとんど変わりません。何度、ここは刑務所なのかを聞いたことでしょう!

とういうのも、チキンの屋台やエンパナーダの屋台、コメドール(食堂)までありました。そして洗濯屋、菓子屋にイグレシア(教会)。なんと、ビリヤードの台まであって、カウターがあってさすがに酒は売られていませんでしたが、ジュースがバーの様に並べられていました。

友人から聞いただけですが、刑務所内では何でも手に入るそうです。もちろんマリファナも酒も。

酒は外の人間も持ち込めないようですが、コーンか何かで中で密造酒が作られていると聞きました。

いったい誰が店を経営しているのかと聞いたら、囚人です、囚人!

私は何度も聞きました、誰がやってるんだ?

何度聞いても、囚人がオーナー。その証拠に短パンはいてるだろと。

確かにみなさん短パンはかれてましたが、どうして囚人が刑務所内でお店を開けるのか、未だにピンと来ません。

お金に余裕がある囚人は、刑務所の偉い人から場所を買い取いとることができ、そこで好きな商売を始めることが出来ます。

テレビの修理屋までありました。床屋も。

全部オーナーと店員は囚人です。

最初に書きましたが、お金に余裕があったり、お金を毎回運んでくれる家族がいれば、

刑務所内での生活は、さほど困らないようです。

実は刑務所内で囚人が開いているコメドール(定食屋)で、軽くゆで卵や食用バナナやサラミを買って食べました。

ちゃんと椅子やテーブルまであり、囚人がちゃんと紙ナプキンとプラスチックの皿で出してくれます。

なんら、外の軽食屋とかわりませんでした(;・∀・)

電話の分数やデータをチャージするプリペイドカードは、外の2倍の値段で売られているのにも関わらず、飲食系はそんなに高くはなかったです。昼の定食は100ペソで、むしろ外の世界よりも50ペソ程安いです。

コーラも注文しましたが、ちゃんと氷も入ってました。

もう本当にここ刑務所ですかねって、中にいる間ずっと思っていました(;´∀`)

これらの原材料や商品はいったいどこから来るのかを聞きましたら、外から売りに来る人から買ったり、家族や親戚や友人が持ってきてくれるそうです。

ビリヤード台や冷蔵庫を、囚人の為に刑務所に運ぶとか日本じゃ考えられませんね、さすがドミニカ共和国(∩´∀`)∩ワーイ

また後日書きますが、いくらスマホが持ち込めると言いましても、やはり写真を堂々と撮るのはあまりよくないそうで、隠し撮りっぽい写真になります。友人が収容されている時にメッセージに添付して送ってくれた写真です(๑•̀ㅁ•́๑)✧



一応非公開の刑務所内ということになっているので、一部分ぼかしときますね(・∀・)

2017年12月12日火曜日

ドミニカ共和国の刑務所生活②

えー、朗報です!

刑務所に入っていたドミニカンの友人、やっと刑務所から出ることができました!また今週刑務所に会いに行く約束をしていたのですが、その必要もなくなり、家に直接来てくれ!と音声メッセージが届きました\(^o^)/

2ヶ月、長かったですね!

今週は、トイレットペーパーや歯磨き粉を持って行ったり、少額に分けた紙幣を菓子の箱に入れてとかいろいろ考えてたんですが、その必要はなくなってしまいました。

なんか、ちょっぴり悲しいような気もしないでもないです(;・∀・)

彼に、日本のみなさんにドミニカ共和国の刑務所生活は悲惨だと伝えてくれとお願いされたので、彼から聞いたことは全部書きます(๑•̀ㅁ•́๑)✧

まず、どうして彼が刑務所から出られたのかといいますと、

昔の奥さんに請求されていたお金を全額払ったからです。もちろん、彼の今の奥さんが全部やってくれました。

えー、日本円だと25万円程なんですが、一般のドミニカンにとったら大金です!!!!!

今の奥さんのお母さんの家を抵当に入れてお金を借りたり、いろんな所から借りてやっと全額そろいました!

だから2ヶ月もかかったんですね。

一応聞いてみたんですが、刑務所に入れられたドミニカンの友人は連行された時には無職でした。

もしもこれが無職ではなく、どこかのオフィスに努めていたりした場合、連行されて刑務所に入れられることはなかったとのことです(・・?

よくわかりませんね、ドミニカ共和国のシステム。

ということは、外国人でドミニカ共和国で職もなく、誰も頼れる人がいない場合、刑務所で悲惨な生活を送ることになるのでお気をつけ下さい•̀.̫•́✧

これも聞いたんですが、金持ちが何か悪いことして刑務所に入る場合、大金を払えば免除してもらえ、自宅で監禁生活を選べるそうです。お金があればです、あれば。

サント・ドミンゴには、4箇所刑務所があります。全部郊外で、ちょっと離れています。

おおよそどこの刑務所も、週に2回面会日があります。朝の7時から午後3時までの間です。

刑務所によって違うそうですが、男女問わず誰でも面会できる刑務所、正式に結婚している夫婦だと親族のみの面会が許される等です。面会時間の間は、自由に中で一緒に居られます。

そして、夫婦の営みも可能なんです!!!!!

ここ、日本と大違いですね!友人は、毎週奥さんと刑務所の中で営んだそうでΣ(´∀`;)

貴重品はすべて車の中に置いて、身分証明証と差し入れだけを持って入り口に並びました。

中で他の囚人に襲われる場合があるので、中が見える透明な袋がおすすめです(o・ω・o)

ボディーチェックを受けた後、職員さんの前にそれぞれ立ち、パンツを引っ張って中を見せます、これ、ひじょうーに苦痛でした(´;ω;`)

ここでチップ等をこっそり渡せば、見逃してもらえるそうです。

人が少ない専用の入り口があって、そこでチップを渡せば、並ばずにすぐに入れてもらえることもできます。ラテンですね、チップがすべてです。

そして、手の甲にピンク色のスタンプを押してもらいます。

面会人と囚人の違いを示す為です。

身体検査が終わって中に入ると、日傘を持った囚人が案内役を買って出ようと、たくさん押しかけて来ます!もちろんチップを稼ぐ為です!

面会人の取り合いで、刑務所内だけにちょっと怖かったです(;・∀・)

刑務所の中にもまた警察官が出入り口に座っていて、それより先のエリアに行きたければ50ペソ払ったら行けるようになっているそうです。

たかが50ペソ(120円)ですが、刑務所内の50ペソは大金だそうです。

この50ペソは、警察官へのチップです。国の決まりでも何でもなく、警察官のお小遣い稼ぎで決まったルールです。50ペソ払う余裕がある人は、刑務所内好きなエリアを自由に行き来出来ます。

ってことは、外に通じている出入り口まで来ていた囚人さん達は50ペソ払って来てたんだな(´;ω;`)

watsuppで車にスマホを置くまで連絡を取り合っていたので、ドミニカンの友人は中の2番目の入り口までむかえに来てくれていました。

目を真っ赤にして、涙してくれました (´;ω;`)ブワッ 

よく来てくれたな、今頃遅いぞって言われましたが、ずっと留守にしていたので仕方ないですね!

中に入ってしばらくして友人に言われて気づきました。

囚人と面会人の違いは、囚人は膝までの長さのズボンと決まっていて、みんな膝丈までのズボンをはいていました。スタンプの他にも、短パンで区別をしていました。

面会に行かれる時は、どうか短パンは避けて下さいね(・∀・) 囚人と間違えられてしまいます!


2017年12月10日日曜日

ドミニカ共和国の刑務所生活①

実はですね、ドミニカンの友達が2ヶ月前に刑務所に入れられたそうで、帰ってきてその事実を知りました(´;ω;`)

そして!ドミニカ共和国の刑務所の中にいる彼に会いに行って来ました\(^o^)/

彼は大喜びで、涙を流して喜んでくれました(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)
そして再び別れる時も、涙を流して悲しまれました(´;ω;`)

それほど、ドミニカ共和国での刑務所生活は酷く辛いです。

但し、お金があったらこれまた話しは別です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

まず、彼が何をしたのかと言いますと、

彼は昔の奥さんとの間に出来た子供の養育費を払っていませんでした。これ、日本でもよく聞くお話ですね。ここドミニカ共和国でもよく聞くお話ですが、ドミニカ共和国の場合はちょっと日本より厳しいかもしれません。

昔の奥さんが養育費を払ってもらえないことを、簡易裁判所みたいなところに相談に行ったそうで、何回か話し合いに来るようにという通知が彼宛に送られたそうですが、

友人は一度も受け取ったことがなく、そのような申し立てが来ていることすら知らず、

ある日突然警察がやってきて、彼を連行して行ってしまいました。

1週間裁判所の留置場で過ごした後、今いる刑務所に入れられたそうです(´;ω;`)

もしも彼が裁判所からの知らせを受取り、ちゃんと出向いていたなら刑務所に入れられることはなかったそうです。

一度も届いていないと言っても、警察は聞いてくれなかったそうです(゚д゚)!

こういうところがラテンでいい加減なので、適当ですね。

養育費を払っていなかっただけで、突然凶悪犯罪を犯した囚人と同じ刑務所に入れられてしまうドミニカ共和国、

くれぐれもマリファナとかで捕まらないようにしてください!!!!!

家族も友人もいないドミニカ共和国での刑務所生活は、お話を聞いただけでも悲惨そのものです(`;ω;´)

明らかに外国人と思われる白人のおじさんやおじいさんもチラホラ見ました。

先進国の人間が入って、耐えられる環境ではないのは確かです。

少し上にも書きましたが、お金があれば話は別です!

みなさん疑問に思われるかもしれませんが、刑務所の中と外とはツーツーにつながっています。

日本じゃありえねーみたいな光景に驚き、

ここは刑務所だよな?????と何十回も聞き直したほど、刑務所の中とは思えない光景が広がっていました(;´∀`)

長くなるので、徐々に書いて行きたいとおもいまっす!



発電機

久しぶりの投稿です!

実はプエルトリコに行ったり来たりで忙しくしていました(๑•̀ㅁ•́๑)✧

日本に帰省してました~◯◯に行ってました~と、自分が食べた蕎麦やうどんの写真を載せたりする自分語りのブログではないので詳細は書きませんm(_ _;)m

あくまでも、ドミニカ共和国をとことん紹介するブログです!

ハリケーンの影響で電気が使えず困っている同僚(みたいだな)がいるので、ドミニカ共和国からせっせと発電機を送っていました。


いくつかのお店に行くと、同じようにプエルトリコに発電機を大量に送っている人がいると店員さんが教えてくれました。

すぐに壊れたり使えなくなる中国製は人気がないようで、高くてもホンダをお願いされました。

中国製を馬鹿にするわけじゃないんですが、本当に使えないです。

結局高いものを最初から買っていた方がよかったと、後から思うことが多いと、最近多くのドミニカ人が言うようになりました\(^o^)/

中国製の車やバイク売ってる人も、内心心が傷んでいるようです。こんなに壊れやすい物を売ってるのは安いから売りやすいだけで、自分たちは絶対に使わないと誰もが口を揃えて言うんですね(´・ω・`)

ドミニカ共和国を粗悪品でいっぱいにすることの罪悪感は、何人かのオーナーはお持ちのようで安心しました(o・ω・o)

水屋のオーナーのように、中国製のバンで揃えてあまりの故障率と修理代の高さが嫌になり、ホンダのバンにすべて変えるようなことになっては、結局は高い買い物についたということになりますね。一昨日もそのことを言ってました。

また話しはそれてしまいましたが、約2ヶ月忙しくしていました。

実は留守にしていた間にドミニカンの友達が大変なことになっていたのですが、彼は是非ドミニカの情報を書いてくれてと写真を送ってくれたので、

また本日中か近日中に、ゆっくりと書いていきたいと思います!


※ドミニカ共和国に来られていた◯◯さん!せっかくのお誘い、すみませんでしたm(_ _)m
問い合わせはGメールフォルダに届くんですが、Gメールが勝手に作るソシアルやプロモーションのフォルダに入る事があって1ヶ月前まで気づきませんでした。本当にすみませんでした。


2017年10月12日木曜日

チャイニーズレストランのチャーハン((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

今日の夕方、ステーキレストランに仕事が決まったリカルドが世間話にやってきました(・∀・)

リカルドは前の職場のレストラン(寿司も提供している)の待遇が悪いので、そのレストランを辞めてしばらくぶらぶらしてやっと新しいレストランを見つけました。

リカルドは小さな子供と奥さんいますが、ドミニカ共和国ではこんなに転職は普通です。

そこでまた衝撃的な話しを聞いたんですがね (´Д⊂グスン

前にも何回か書いたことあると思うけど、

もうやっぱり中国系のチャイニーズレストランに行くのは怖いわっ!

リカルドはチャイニーズレストランも何件も転々としてましたが、どこのチャイニーズレストランも、

客が残した白いご飯をチャーハンに再利用しているとのことです。リカルド曰く、自分が働いた中華系全部だそうで((((;゚Д゚))))

皿に盛られた白いご飯、客がそれを半分残したとしたらそれをチャーハンにです。

ドミニカ共和国にはピカポジョという、簡易中華レストランみたいなのが至る所にあり、ピカポジョはとにかく安くドミニカンも多く利用しています。

ピカポジョ系では再利用は見たことないとのことで、まあ安心できるそうで、

ピカポジョよりも値段が高い、レストラン系の方が危険とのことです。

もう一つ衝撃的な話しでは、料理に使う調味料です。

大きなバケツみたいな容器に中華系の調味料が入っていて、そこにはゴキブリがたくさん浮いていたそうですが、オーナーはゴキブリが浮いたその調味料を平気で使い客に料理を出したそうです。

ゴキブリ入り調味料を使っていた店はもう潰れたそうですが、ボリバールという通りにあったそうです。

中国人はドミニカ人の従業員からみても不衛生だそうで、もうやっぱり中華系はピカポジョと言えど (ヾノ・∀・`)ムリムリ になりました (´;ω;`)

リカルドは観光客や金持ちが行くような高級なレストランでも働いたことがあるのでもうちょっと聞いてみると、

そういう高級なレストランでは食材を使いまわすことはないけど、床に落ちた食材を洗って使ったりするのは当たり前に行われているそうです。

私はドミニカンの衛生観念をバリオでよく見ているので、もう怖くてレストランはいいです( •̀ㅁ•́;)

観光客や金持ちが行くようなレストランの従業員は、もれなく全部ドミニカンですからねっ!

これもけっこう衝撃的だったんですが、リカルドが今働いているステーキレストランでは、

従業員が客が残した肉を美味しく頂いているそうです (´;ω;`)ブワッ

金持ちや観光客で持ち帰りする人は少ないらしく、貧しい従業員たちにとってはとても高級な食材ばかり。

日本人から見たら(・・?ですが、ここではアメリカ牛は高級品です。

他人が残したものでも、立派な食事だそうで  もう本当になんていうかなんていうか (´;ω;`)

確かに食べ物を粗末にするよりはいいですが、自分は無理です!!!!!


そういうわけで、ガイドブックで華やかに紹介されているレストランでも、落ちた食材使われたり、

足りなくなったら従業員がその辺りのスーパーで冷凍買ってきたり、

自宅ではとても不衛生な生活をしているドミニカンが調理したり給仕したりしているので、そこはもう目をつぶって楽しむしかないですねっ!

内情は知らない方が、幸せなのかもしれません (;・∀・)

食中毒とかのニュースを聞かないので、そこまで健康に問題はないかと思われます(๑•̀ㅁ•́๑)✧

自分、ドミニカ共和国に住むようになって、料理の腕がめちゃくちゃ上がりました。

よくカップヌードルやどん兵衛日本から送ってもらってますが、夜食に炒飯とかも自分で作ってます(・∀・)

こんなドミニカ共和国ですが、住めば都です!


やっぱり事実は伝えたいと思うので、正直に書きました!リカルドの前にも、中華系で働いてたドミニカン数人から似たような話を聞いたことがあるので、もう確定ですっていうか、店の名前書きたいくらいですが国際関係悪化したら困るんでやめときます!





2017年10月11日水曜日

ドミニカ共和国も進んでます!tPago

ドミニカ共和国をとことん紹介するブログです(∩´∀`)∩ワーイ

ドミニカ共和国が発展途上国に分類されるのは隠しようのない事実ですが、意外と日本より進んでいたり便利だったりすることもあるドミニカ共和国です!

ドミニカ共和国もなかなかやるやんと最近思ったのが、tPagoというスマホを使って公共料金の支払いをしたり、

送金をしたり、買い物をしたり、スマホのプリペイドを支払えたり(もっと色々)のシステムがあるんです!

(゚д゚)! びっくりです

ドミニカ共和国の銀行に口座があると、それと連結させてスマホで支払い。

試しにやってみたんですが、かなり便利!


なんと、アプリまで!

アプリを使えない環境では、*150#をダイヤルすれば操作できます。こんな感じです(o・ω・o)


多くのドミニカンはスマホ料金は毎月決まった額の支払いではなく、必要分チャージしてプリペイ状態で使ってます。


自分の電話番号を登録していれば、1番を選べば自分の番号にチャージ出来ます。

最小料金50ペソ(約120円)からチャージ可能です(・∀・)

2番のその他の番号を選べば、なんと!家族や友達の電話にもチャージしてあげられます!

ね、ドミニカ共和国すすんでますよね???????

携帯のチャージ以外のサービスは手数料取られますが、月に4回以上携帯にチャージすれば利用料ゼロ! 携帯チャージだけに使うのであれば、毎月の利用料まったくかかりません。

今までは薬局やコルマド(日本のコンビニみたい商店)やクジ屋で携帯電話番号伝えてチャージしてましたが、今はこのtPagoで自宅や車の中からチャージできます(∩´∀`)∩ワーイ

ドミニカ、すっごい!

2017年10月8日日曜日

ドミニカ共和国の車のスモークフィルム

ずっと気になっていた、ドミニカ共和国のスモーク事情を書いてみたいと思います(∩´∀`)∩ワーイ

ドミニカ共和国は年中夏なので、日本よりスモークが必要なのは分からないでもないんですが、本当にどの車もスモークだらけです!

ドミニカンにすすめられるまで、スモーク貼るなんてこと考えもしなかったんですが、

何故かドミニカ共和国で車屋さんや部品屋さんと仲良くなる機会が多くて今は多くの車関係のドミニカンに知り合いやお友達がいるんですが、

郊外で車のアクセサリー屋やってるオーナーに、スモーク格安で貼ってやろうと言われてお願いしたのはいいんですがね (´;ω;`)ブワッ  


まず

だいたいどこの店でも、5% 20% 50%の三種類から選べ、さらにその中から3Mか中国製かを選びます!

3Mは中国製の2倍のお値段ですが、2倍長持ち。

「オマエが中国人じゃないの知ってるから言うけど、安いのは中国製で長持ちしないからな~3Mにしとけ」って言われました。

誰に聞いても適当な答えや違う答えしか返ってこないんで、

いったいどれが正しいのかは未だにわからないんですが、一番濃い5%のフィルムでも

フロントガラス、運転席と助手席、後部座席、リアガラス全部貼っても問題ないそうです。

一応決まりはあるらしいんですが、警察も見ても何も言わないし罰金も何もないのが現実で、5%スモークが原因で止められたりとか言うのはまったくないです。

事実、ガラス全部が5%スモークの車が多く走ってます。

おおよその相場ですが、全部のガラスにスモークを貼ってもらうと、

3Mで9,000ペソ(22,000円前後)、中国製でその半額の4,500ペソです!

後部座席とリアガラスだけだと5,000ペソ、フロントと運転席と助手席だけだと4,000ペソって感じです。

オーナーの友人ってことで、材料費だけでやってもらえたので上記の金額よりも安かったです。

ですがね、喜んだのもつかの間、

知らなかった  (´;ω;`)

日本でスモークとは縁がなかったし、スモーク貼った車運転したこともないし、

ましてやフロントガラスに5%スモーク (`;ω;´)


夜は暗くて運転できんわっ!

いつも太陽ガンガンの昼間しか運転しないんで、まさか夜、それも雨の中とか5%スモークで運転するのがこれだけ恐ろしかったなんて (´;ω;`)

そうです、夜間の運転がどれだけスモークで危険になるかまで考えもせず、

もちろんドミニカンが教えてくれるわけでもなく、

後悔といいますか、恐ろしさを感じてしまいました((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

だって多くのドミニカンがこれで夜間運転してるってことでしょ!

危険じゃないですかっ!!!!!!!

それともなんですかね、ドミニカンはあの暗さでも運転へっちゃらなんですか?

いやもう自分無理でした。

今まで知らなかったけど、あんな暗さでドミニカン、夜間に雨の中でも車ぶっ飛ばしてたんだな~と。ある意味すごい!

確かに昼間の運転はものすごく楽になったしあまり車内が熱くならないからいいんですが、

これからは夜間の車の使用はやめにします (・∀・)

というわけで、ドミニカ共和国ではヤクザ顔負けの5%スモークだらけの車が走ってますが、中は善良な?ドミニカ市民ばかりですのでご安心を!

ドミニカ共和国に来られる時は、白い服装と夜行タスキの使用をオススメします(o・ω・o)








エンリキージョ湖国立公園  イグアナいっぱい!

サン・ラファエルビーチに続き、エンリキジョ湖にある国立公園にも行ってきました。


ここは何年ぶりに来たでしょうか、何度来てもイグアナと戯れるのは楽しいです(・∀・)

道路から入ってすぐに、イグアナがいっぱいウロウロしているのが見れます。


ドミニカ共和国のハイチに近い所に、エンリキージョ湖というなんとも言えない哀愁漂っている湖があります。

そこにある国立公園なんですが、いつ行っても観光客がなく従業員のおっちゃん達が椅子にのびてます。

でもここの魅力と言えば、イグアナがたいして管理されてるわけでもなく、自然に近い状態でたくさん歩き回っている姿が見えるところではないでしょうか•̀.̫•́✧




ちょっと行った先に、エンリキージョ湖にある島に渡る船乗り場があるんですが、この時はなんと!自然のワニがいました (゚д゚)!


見づらいですが、手前に緑の苔がいっぱいついた1メートル位のワニがいます。

前回は従業員の人はこの場所まで一緒に来なかったんですが、この時はなぜか仕事やる気モードだったんでしょうか、わざわざ一緒について来てくれて説明もしれくれました(∩´∀`)∩ワーイ

で、その時にそこにワニがいるだろと教えてもらえたんですが、前回はここによくワニがいるということすら知らなかったので、危ないくないですかね?これって。

ワニに注意とか看板もないし、知らずに行ってワニに遭遇すると危険でしょ!!!!!

数えただけでも70匹位は付近に生息してるそうで、大きいので4メートル位のがいるそうです。マジですか!

ボートで島にも行けますが、ワニがいるのにいい加減だから怖いから行かないです。

イグアナは何匹位いるのか聞いたら、適当に数えた時に500匹はいたと教えてもらえました!


この写真ですが、左が道路です。そして右の方にイグアナがウロウロ。

イグアナが車に轢かれたりしないのか聞いたんですが、案の定 (´・ω・`)

何匹も大量に車に轢かれて死んでいるそうです。

柵とか付けて対策とかしないんですか?!と聞いたんですが、やっぱりドミニカですね~。

彼ら(イグアナ)の事情もあるし、これは彼らの問題だからねっと従業員のお兄さん(;´∀`)

一応国立公園でこの管理だから、ドミニカ国民の管理にしてもいい加減なのは推測できるかと思いますが、

だから日本人にしたらとても楽ちんで生きやすい国ではあるんですが、

車に轢かれて死んでしまうイグアナはお気の毒にしか思えません (´;ω;`)ブワッ




サン・ラファエルビーチ playa san rafael

とことんドミニカ共和国を紹介するブログです(∩´∀`)∩ワーイ

これです、これ この海!


この海の青さを見て、まっ、いっかなと思って会社を辞めました (∩´∀`)∩ワーイ

人生で大切な決断を、まいっかな程度で決めさせてくれる何かがありますね、この海の青さに!

これは首都サント・ドミンゴから車で4時間半~5時間西方面に行った場所、サン・ラファエルビーチの手前に見えるカリブ海です(๑•̀ㅁ•́๑)✧

サン・ラファエルビーチにはこのように、山から流れてくる水がこのようにプールのようにたまる場所があり、中の水はとても冷たいです。



もちろん、誰でも入って遊べます。その先はビーチに続いています。



これは、サン・ラファエルビーチです (・∀・)

個人的ですが、東のプンタカーナよりも北のプエルト・プラタよりも、ここのビーチが一番青く綺麗な気がしますっ!

まっつ、ここの海を見て仕事辞めたくらいですからね (;´∀`) 説得力ないですか?


2017年10月4日水曜日

誓約書書かされました!

えー、とことんドミニカ共和国を紹介するブログです(∩´∀`)∩ワーイ

ここドミニカ共和国では、例えば電化製品です、テレビ買ったけどなんか気に入らないという理由で、

簡単に返品や交換ができます。

確か買ってから72時間以内(店によっては15日とかもたまにアリ)であれば、返品や交換が気軽にできます。

だから箱をテープで止め直した製品も、平気で販売されてます。

絶対にレシートを捨ててはいけません!

ですがどこかにも以前書きましたが、絶対に現金で返金されるということはなく、

買った額と同等の金券みたいな感じで返金されます。だからその店でしか使えないのですが、時々この制度も便利です。

買った時には必ず箱から出してその場で電源入れて確かめてくれるし、いい加減な国なんですがやることはやってくれます(o・ω・o)

で、ちょっと高額な電化製品を買いました (・∀・)

ドミニカ共和国にも、展示品限り!というような品物は、半額近くで売られたりもします。

あんまり欲しいと思えるものが無い国ではあるんですが、粗悪な中国製品で溢れている中にたまーに日本メーカーの電化製品があると、

もんのすごく欲しくなって、他に選択肢がないというのも手伝って、どっかーんと買ってしまいます。まあ、絶対に日本にいたら買わないようなデザインとか性能だったりもするんですが(;^ω^)

展示品で傷もついてたんですが、この値段なら絶対に買わないというものが半額なら心揺れますね。

買う時に、お店のおにいさんに誓約書にサインさせられました (;・∀・)

どんなことがあっても、気が変わっても(気が変わったという理由でドミニカは返品ができるから)、絶対に返品は申し出ません!

というものでした。

もちろん不良品だったり1年以内に不具合が起これば、修理や部品は探してくれるそうです。

日本メーカーでもとても微妙なデザインと性能なんだけど、届くのが楽しみでっす!

※SONYやPanasonicでも、海外では日本では絶対に売れないような変なデザインな物がいっぱいです・v・

これはSONYでも許容範囲内のデザインですが、日本では絶対に誰も買わないようなお下品なデザインのSONYもPanasonicもここではいっぱい売られてます (∩´∀`)∩ワーイ


長期滞在でアメリカから遊び呆けに来てる友人が明け方に帰ってきたもんだから、こんな時間にすっかり目が覚めてしまいました( ´Д`)=3








2017年10月1日日曜日

ドミニカ共和国の金貸し

えー、利子の話に続き、

今度はドミニカ共和国の金貸しについてのお話です (・∀・)

ドミニカ共和国には銀行でお金を借りれなかった場合、簡単に金貸し業を勝手に営んでいる人からすぐに借りる事ができます。

一応合法ですが、許可制ではないので届け出もなんにもいりません。

現金が必要以上にあるという方は、明日からでも金貸し業を勝手に始められます。

幸い、日本でお金を借りたことがないので高いのか低いのかわからないんですが、

15日につき10%とられるのがだいたいここサント・ドミンゴの勝手に金貸し業の人達の相場です。

例えば90,000ペソ(約21万円ちょっと)を借りたとしますと、早く返さないと15日毎に9,000ペソを金貸しのところに持参しなければなりません。

1ヶ月何も返さなくても、18,000ペソを必ず持参しなければならなくなります。

元金がまったく減らないで、15日毎に9,000ペソを返している人を知っているのでこの値段を例にだしました(´;ω;`)ブワッ

4ヶ月ほど、毎月合計18,000ペソを払い続けてます。

これだけあれば、もう元金ほぼ返せてるくらいの金額です。さすがに自分が返済してあげて、自分にゆっくり返してくれればと口から出そうになりますが、ぐっと我慢。

ドミニカの金貸しの不思議なんですが、何も保証なしで借りられます。貸す方も、何もとらないで貸します。

それでトラブルは無いのかといいますと、やっぱりこの商売をされている方の多くは危険な目に遭っていて、ボディーガードを二人いつも連れている人を知っています。人件費が安い国ならでわですね(o・ω・o)

時々遺体で転がってしまうこともあるようで、本当に((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルな商売です。

知り合いのドミニカンにいるので、その人の自宅にいる時には頻繁にお金を返しにくる人、借りに来る人がやってきます。

出入り口や部屋には監視カメラまでついてます!この地域に似合ってない!

部屋の中は(写真は流石に撮りませんが)金色の食器など飾られていて、はっきり言って悪趣味です!

ちょっと自分とこの家を改装していて、鉄筋買うお金がないからとかいう理由で知ってる近所の人と金貸しの家の中で会ったこともあります。

ドミニカン、意外と借金に抵抗ないというか、高利貸にも抵抗ないというかへっちゃらっぽいです。

95%くらいは問題なく返済されるそうですが、残り5%はやはりトラブルが起こるようで、本当に命がなんこあっても足りないような商売です。

アメリカに移住したはいいが、アメリカでお金を借りれなくて、

ドミニカに住む親兄弟に頼んでドミニカの金貸しに頼んで借りてもらって、アメリカに送るというような話も普通にあります(´・ω・`)

金貸しのおっちゃん、儲かってるようで、

ものすごく立派なチェロキー他所有しておられます。

自分もおっちゃんの半値の金利で金貸ししようかな~とチラッと冗談で言ったら、もんのすごく睨まれてしまいました(;・∀・)

いやいや、冗談です。金貸しなんて商売、絶対にしたくありません!


これは余談ですが、金貸しの小口といいますか少額の場合は15日に付き10%ではなく、

確か1,000ペソ以下を借りる場合はもっと高額で、15日に付き20%取られるそうです!

なんでこんなことまで知ってんだというくらい、どっぷりドミニカ共和国に馴染んでおります(∩´∀`)∩ワーイ?

ドミニカ共和国に来た時は、普通に銀行から借りてくださいね!年に20%位らしいですから(・∀・)




銀行の利子で生活されている日本人

人の事なので、書きたいと思っても我慢していたことなのですが、ちょこっと書いてみたいと思います(;^ω^)

何ヶ月か前に銀行のアプリでエラーが出て、何重にも重なって送金してしまったことを書きました。

ちょうど外出先でスマホ操作していじっていた時でした。

そしてふらっとそのアプリの銀行があったので、とりあえず行ってみようとその近くにあった銀行に行った時の出来事です。

順番の番号札を取って座って待っていると、外国人発音のものすごく下手なスペイン語が聞こえて来ました(;・∀・)

見るからに日本人っぽい感じだったんですが、後ろからみてもモロ日本人の服装と帽子にバッグの斜めがけでした。

途中省きますが、振り返って あっ!

過去に会ったことがあるスペイン語が下手(嫌い)な日本人の方でした。話が合いそうな方だったので初めて会った時に電話番号教えてもらってたんですが、後日電話かけたらまったく違うドミニカ人が出て、嘘を教えられたのかとショックでした(´Д⊂グスン

そんなことがあったので話しかけるの悩みましたが、せっかくなんでまた話しかけてみました。(電話番号のことはつっこまず)

その時に教えてもらったことなんですが、ドミニカ共和国は銀行の利子が高く、利子だけで生活している外国人がいっぱいいることのこです•̀.̫•́✧

初耳でした。

その日本人女性も、ドミニカ共和国で利子で生活しているとのことで驚きでした(゚∀゚)

だってまだ年金とか退職とかの年齢じゃっ!

深くは聞かなかったんですが、月に日本円でXX万円位入ってくるそうです。

はぁーXX万円ならすっごい贅沢しなければ余裕で生きれる額だと思うんですが、その時は直接本人に聞かなかったんですがいったい幾ら預金したんでしょうねと気になったので、

彼女と別れた後にアプリで誤送金した話の後に、利子についてちょっと銀行のおねえちゃんに聞いてみました。

その日本人女性は、銀行つぶれた時はその時よーと笑ってましたが、期待してないけど一応保証制度はあるみたいだからと楽観的でした。

自分はこんな不安定でいい加減な国に投資するとか大金預金するとか、絶対に無理((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

5百万ペソの5年定期だと1年6.5%で、それを12で割った金額が毎月もらえるそうです(10%の税金が引かれる)。

このことから推測しても毎月XX万円以上の利子っていったいどんだけ預けてんだと(゚д゚)!

計算するのも恐ろしんですが、ここドミニカ共和国ですよっ! 余裕で5千万円以上は預金してる計算になるんですがっ!

よく外国人が投資とかでドミニカ共和国のハリボテアパートにしてるけど、いくら投資とはいえあんないい加減な建築物に投資とか自分(ヾノ・∀・`)ムリムリと思ってるし、

建築途中のまま工事が止まっている物件とか、建てても誰も買ってないとか入ってないとかいう物件もあるのにこんな国で投資や利子で儲けるとかどんな発想やねんと!

そんな超いい加減な国に大金あずけて利子で生活するとか、自分にはもうチャレンジャーとしか言いようがなくて脱帽ですっ!上には上がいるんですね・v・

でもお金に余裕があって、これくらい無くなってもいいと思えるくらいならドミニカ共和国で大金預けて利子だけで生活するってのもありですねっ!


(;^ω^)

また電話番号聞いたんですが、また後日かけたら違うドミニカ人出たんです(´;ω;`)ブワッ

嘘を教えられたのか、たまたままた間違った番号を教えられたのか (;・∀・)

もしもここを見つけられたら、是非連絡を下さいっ! 

ひっそりとここで日本人だということを隠して?生きてますが、貴女とはお話が合いそうでっす!ナショナルの飲食コーナーと銀行であった日本人です\(^o^)/


思い出した!

15年か20年前に実際にあった話しらしいですが、元外国人の同僚から聞いたことありました。老後の退職金か何かを全部ドミニカ共和国の銀行に預金して、その利子だけで生活していく予定だったのに銀行が倒産して働き続けなければならなかったアメリカ人の話し。何十年か前の話しなので、どの銀行がドミニカ共和国でつぶれたのかまで知りません。


昔は保証なかったけど、今はあるんでしょうかね?一応銀行のおねえちゃんに確認しましたが、あるとは言ってるんですが自分疑い深いんで

本当ですかねぇと かなり疑ってます (o・ω・o)


というわけで、ドミニカ共和国の定期預金の金利はとても高いので、

お金に余裕がある方は、利子だけで生活していくことができそうでっす!


ちょっと余談になるんですが、ドミニカ共和国ってローン組む人がとても多いです。
スーパーの電化製品コーナーに、必ずと言っていいほど銀行の出張窓口みたい机と椅子が置かれていてローンをその場で組めるようになってます。

簡単な家電製品買うのでも、給与水準が低い国では大変です。

なのでちょっとしたテレビ買うのでも銀行のローンとか当たり前です。

ちなみにガスコンロ1個買うのに2年ローン組んで、1年で20%払ってると近所のおばさん教えてくれました。





2017年9月28日木曜日

(´;ω;`)ブワッ 嬉しいです

ちょっと私事になりますが、このブログが誰かの情報源となっていたようでうれしいというお話です。

ドミニカ共和国の◯◯に到着したと、今朝◯◯◯さんから連絡がありました。

ご丁寧に、どうもありがとうございます (_ _)

読んでいてくれる人がいてうれしいですっ!

ちょっと気合が入りました。

concret5からここに移動した時、抜けている写真とかあってもそのまんまでした。

ちょっとやる気が出たので、近日中に抜けている箇所をなおしときます( •̀ㅁ•́;)

愛想はないかもしれませんが、これからもドミニカ共和国に関する楽しいお話、日本にお住まいの(その他の国も)皆様にお伝えできたらと思います(∩´∀`)∩ワーイ

日常生活においても友人や家族に対するメールも半年とか1年書かないこともある自分ではありますが、なるべく記憶が薄れないうちに

これからはドミニカ共和国で面白いことを見聞きしたら、なるべくすぐに書くように努めます(`・ω・´)ゞ


アメリカ国籍持ってるドミニカンの旦那さんだったか彼氏だかがいる日本人女性が、そんな商売でそんなに稼いでいた!という話しや、ドミニカの銀行の利子で生活しているチャレンジャーな日本人の話やあれやこれやあるんですが、

人様の事なのであまり書かないようにしてたんですが、

オブラートに包むようにして書いてもいっかな、、、、、?ナイスアイデア!と感心で、自分はまだまだドミニカでは駄目だなと頑張る気になったお話もあります。

また後日!っていつやねん

◯◯◯さん、おこしやす~

2017年9月27日水曜日

ペットが亡くなった後

子供の転落事故の話しに続き、これも悲しいお話です (´;ω;`)

実は

仲の良いご近所さんの家で飼っていた猫が、寿命を迎えて亡くなってしまいました。

20年という大往生でした。

ここドミニカ共和国では、猫の立場は犬よりも下らしいです。そんなドミニカ共和国で20年も大事にしてもらえたとは、ある意味奇跡に近いです。

喘息治療に猫を捕まえて食べたり、貧しい人は猫を捕まえて食べると聞いたこともあります (;・∀・)

モニカという猫だったんですが、モニカはどこに埋葬したのかを聞いたところ、

ああああああああ、聞くんじゃなかった!!!!!!! (´;ω;`)ブワッ

ゴミと一緒に出したって、、、、、、、、、、、、、、


聞きたくなかったです。

時々モニカを撫でたり抱いたりしていたのに、聞くんじゃなかった (´;ω;`)

アメリカ人の友人が死んだ金魚をトイレに流したと聞いた時も衝撃だったけど、ゴミと一緒にもかなり衝撃的です!

20年も一緒に過ごしてきて、最後はゴミと一緒って理解できませんっ!

これ聞いたの、2回目です。

ドミニカンは猫の亡骸をゴミと一緒に出すのは、普通なんでしょうかね  (´・ω・`)

意外と割り切りがいいというか、サバサバしているというか、

ま、これからはドミニカンにこの類のことは聞かないようにします!





また日本で転落事故ありましたね(´;ω;`)

ドミニカ共和国をとことん紹介するブログです(∩´∀`)∩ワーイ

ここドミニカ共和国では、何故か人々は家の中で過ごすよりもバルコニーや家の外にプラスチックの椅子を出して過ごす事が多いです(・∀・)

そんなドミニカ共和国にすっかり馴染んでるので、今日も近所の人とビール飲みながら路上の椅子に座っていました。

スマホをいじりながらだったんですが、また不幸な事故がありましたね(´・ω・`)

先週も6階から女の子が落ちたと思いますが、今度は13階からですか。

そこで一緒に飲んでいたドミニカンに、ドミニカ共和国でも高いアパートから子供が転落して死ぬ事故は起こるのか聞いてみました。

ドミニカンの言うことはけっこういい加減で適当なんですが、やっぱりみんなそんな事故は生まれてから聞いたことがないとか言います。

でもそれは本当かもしれません!

なぜなら、ドミニカ共和国は泥棒がとにかく多いので、

アパートの高層階でもバルコニー一面に鉄格子が厳重に張り巡らされています。窓というまどすべてにです。

私はそれを見て、火事ん時大丈夫なんかな((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルと

でもお国柄、泥棒に入られる確率と火事にあってバルコニーから飛び降りなければならない確率どちらが高いかと言いましたら、やっぱり泥棒でしょう!

話はそれましたが、高層階のアパートはバルコニーから窓まで全部泥棒対策に鉄格子があるので子供が落ちようと思っても無理だと思います。

だから日本のような子供の転落事故はないとは思うのですが、反対に建築大丈夫か~と心配になるようなアパートばかりです。

アメリカ人の知り合いもだけど、日本からも建築に詳しい友人が来た時も、こんなの買う人いるの?と驚くくらい、買いではない見てくればかりの物件で溢れています。危険なんでしょうがデザイン性というか、可愛いなと思うアパートはいっぱいですよ~!

そんなハリボテ資産価値なしのアパートばかりの首都サント・ドミンゴですが、分譲マンション(アパート)は日本の地方都市の分譲マンションと変わらないお値段がついています!だーれがそんなの買うんでしょうかね~と思うでしょ?!でもみんな何にも詳しくないので、成金さんたちはバーンと買っちゃってるようです。自分はドミニカでは高層建築には近寄らないようにしてます。

またまた話はそれましたが、ここで余談です。

今自分が住んでいる家は、なんと一戸建てです!

何年か前にアメリカに移住したドミニカンが、超格安で譲ってくれました。その変わり、小型犬一匹看取るまで面倒みるという約束で(;´∀`) 

犬はアメリカに連れて行かなかったんですね、ここで元気にしてますよっつ!

友人の助言で、一応寝室だけ鉄骨で補強してます。一階建てなんで、これくらいしておけばまあ大丈夫だろうと。ドミニカ共和国でアパートに住むよりも、賢い選択だと褒められてしまいました(∩´∀`)∩ワーイ

地震もあるのにこんな感じのドミニカ共和国ですが、子供がアパートから落ちる心配は日本よりはなさそうです。





2017年9月22日金曜日

ドミニカ共和国の保証書

さきほど今日は晴天?と書きましたが、

あの後、ザーザー降りの雨がきました、そして今は曇ってます。

アメリカ人の友人は、こんな天気の中嬉しそうに出かけて行きました(;´∀`) どこに行くんだか


実はですね、ドミニカ共和国はよく盗難にあいます。

盗難に合わないように努力をしてないことはないですが、たまたま気が緩むことだってあります(๑•̀ㅁ•́๑)✧

で、まあまあハイスペックなスマホを盗られてしまいました(´・ω・`)

車の窓開けてスマホいじっていたら、さっと手を突っ込まれてバイクに乗って逃げてっった。

一瞬の出来事ですが、ここではよくあることですっ!

これを期に、やっすいスマホを持つことに決めました。持ち歩き用に、盗まれてもちょっとだけ痛くて痒い程度で済むスマホです!2,450ペソ(5,880円)


中華半島メーカーは絶対に嫌なんですが、まあアルカテルならいっかということでアルカテルのスマホです・v・ フランスらしさを一生懸命探してます!

ドミニカ共和国には

orange(tricom)
claro
viva

があって、今まではvivaは日本に例えるとソフトバンクだとか馬鹿にしていたのですが、

いやいや、もうviva最高です!日本のソフトバンクとはぜんぜん違います!ずっといい!SBは半島系だし、比べるのも失礼でしたm(_ _)m

TVチャンネル持ってるドミニカ人がオーナーだと聞いたので、ドミニカ人の企業を使ってあげたいなと心から思ったからvivaでスマホを買ってみました (・∀・)

orangeにしてもclaroにしても、利用料ばっか高いです。

今頃になって知ったんですが、vivaは最近やっと4Gが使えるようになったらしく、それまでは2Gだったそうです。利用料が2Gの時と比べて倍になったそうですが、データー通信の利用料が3社の中で一番安い!

是非、日本から旅行でお越しのさいはvivaを使ってあげてください。

パスポートがあれば、100ペソか150ペソでSIMがすぐに買えます。

データ通信は1日使い放題40ペソ(96円)、3日だとなんと60ペソ(144円)!

使い放題ですよ~!実際に使ってみましたが、動画余裕で観れました。おまけにvivaで販売されているスマホはどれもSIMロックされていません。orangeやclaroはばっちりロックされているので、SIM解除にお金かかります。

比較にですがorangeでデータ通信使う場合、こんな感じです!高いです!

150MB$59.001 日
150MB$75.007 días
250MB$99.007 días
500MB$149.007 días
1GB$249.007 días
500MB$275.0030 días
1 GB$399.0030 días
vivaがどれだけ安いかわかっていただけたでしょうか。vivaは使い放題です。

前置き長くなってしまいましたが、

帰る時に箱は邪魔だから要らないと、vivaのおねえちゃんに捨ててもらおうとしたら、この箱がないと保証がないから持って帰れと言われました。

そうなんです、ドミニカ共和国では箱が大切です。保証書にスタンプとかなくて、レシートよりも箱です。ドミニカ共和国で通信機器を買われる時は、箱を捨てないようご注意ください(∩´∀`)∩ワーイ

ポータブルWi-Fi契約するのもと思って、今までは外出時に必要な時だけclaroやorangeでデータ通信買ってましたが、これからはvivaですね!

※vivaのまわしものではありません








タコ・ベルのおにいさんの給料

えー、イルマに続きまたウラカーン(ハリケーン)がやってきたドミニカ共和国です。

ここ首都サント・ドミンゴは、木曜日は学校も店もすべて休みになりましたが、

たいした雨も風もなく、今日はまあまあ晴天?です。明け方目が覚めた時、風と雨がすごかったのは聞こえたけどすぐまた寝てしまいました(=_=)

これは一昨日の話しですが、今、アメリカからアメリカ人の友人が長期で遊びに来ています。

まあアメリカ人がドミニカ共和国に何をしに来るかと言ったら、それはおいといて(;´∀`) 想像におまかせします。

彼らはジャンクフード好きですからドミニカ料理に行くよりも、チャターラ(ジャンクフード)屋に行きたがります。

友人とタコ・ベルに行った時に、休憩中でスマホいじってたドミニカ人の若いおにいさんの従業員に給料とか待遇を聞いたんですが、もうやっぱり聞くんじゃなかったと思いますね
(´;ω;`)

1ヶ月の給料、たったの10,000ペソです。今のレートで24,000円程でしょうか。

1日8時間働いて、休憩はたった20分だそうです。オーナーは鬼ですか?????

1食賄いが付くそうですが、毎日タコ・ベルのタコスやジュース。

近くのピザ屋で働いている人とかと、自分たちの賄いを交換して食べるそうです。

そりゃ、毎日タコ・ベルとか飽きますね。

10,000ペソの給料に毎月プラス4,000ペソのチップ代が付そうで、合計14,000ペソになります。

ファストフード店でチップ払う人はいないのに何故?と聞いたところ、

客が払う料金にサービス料というのも徴収されてて、そっからオーナーがチップ代としてプラス4,000ペソプラス払うそうです!!!!

本当にドミニカ共和国の経営者というのは、鬼ばかりですね。

やっすい給料で働かせて、自分たちは先進国以上の料金を客から徴収、そしてサービス料まで客に請求。自分たちが払うのは、たった10,000ペソだけ。

まあドミニカに限らずでしょうが、発展途上国の嫌いな点の一つでもあるんですが、

自分がオーナーに文句言ったからって変わるもんじゃないでしょうが、こんな阿漕なやり方で稼いだなんてはっずかしいわっ!男なら、自分の能力で稼げと言いたいですね(๑•̀ㅁ•́๑)✧ 店舗開くのも能力に違いないが、嫌だ嫌だ嫌だーーーーー!給料安すぎでかわいそうすぎでもう(;_;)

アメリカで食べるタコ・ベルの1.5倍から2倍の料金です。ですが従業員の給料は、たったの月に10,000ペソ。

スマホいじりながら、賄い食べてるおにいさんの姿見たら泪じんわりです。

オーナーたちは立派なジペタ(SUV)に乗って登場するんですが、もっと還元してやろうとは思わないんでしょうかね、人間って悲しいですね( ´Д`)=3

こんなのはどこも当たり前なドミニカ共和国なんで、誰でもアメリカに出稼ぎ移住に行ってしまって帰ってこないのはわからないでもないです。

昨年末にアメリカに出稼ぎ移住に行ってしまった近所のカルロスに電話をしたら、だーれがあんなとこ(ドミニカ)に帰るかっ!とか言われてしまいました。出発するまでは、必ず定期的に帰ってくるみたいなこと言ってたんですがね(;´∀`)

みんなアメリカで人並みの給料を稼げるようになるので、もうだれもここで雀の泪で働くなんてゴメンなのでしょう。

問い合わせにも時々あるんですが、日本から何かを輸出したいとか聞かれたんですが、その類の質問には多分答えられません(;・∀・)まったく関係ない事で生計を立てていますので、答えられませんっ!友人にやっている人いますが、違う国でやってるので参考にならないと思います。

自分の意見ですが、日本から何かを輸入するとか、そういう輸入関係の仕事って不安で無理っす。ましてやドミニカ人相手なんて、博打じゃあるまいし(;´∀`)浮き沈みも激しいし、それで失敗したイタリア人の悲しい結末も見たことあるし、どこの国にいてもパソコンがあればできるみたいな仕事だとここで暮らすのも問題ないと思います。輸入とかの仕事って移動とか面倒でしょう。それにあまりかっこ良くないし、聞こえとか あっ、すみませんっ!

話がズレてしまいましたが、また後日です。

先日、ずっとここに住む予定なのかとか、どんな仕事をしているのかの質問みたいなメールが来たのですが、またそれも後日書こうと思います!ありがとうございました(_ _)









2017年9月13日水曜日

やっぱり今日もドミニカ共和国はいい加減です

ドミニカ共和国では言葉の問題と言うより、何というんでしょう、

とにかく意思の疎通ができない事が多いように思います。

言葉は通じているはずなのに、思った結果が返ってこないとか当たり前です。

何があったかと言いますと ヽ(`Д´)ノプンプン

ドミニカ共和国にも、日本のようなスーパーが数多く存在します。

どこのスーパーも売っているものが同じにしか思えないんですが、高級な地域の店舗に行けば、おおっっと思うような品揃えで、腐った肉が紛れていることもありますが、

日本よりも売られているものは立派と言いますか、発展途上国とは思えない品揃えです。

ですが、サービスとか本当にいい加減です!!!!!!

あるスーパーにしか置いていないものがありまして、その在庫確認を電話でお願いしました。

「◯◯のメーカーの◯◯って、今そこの店舗にありますか?家が遠いので、確認してから行きたいのですが。」

と電話をしましたところ、

「10分後くらいにかけなおしておいで」

と言われ、余裕を持って20分後に電話してみたところ、行かせた従業員が返ってこないからわからない、また後で電話してこいと言われて、言われる通り電話をかけると、

「◯◯は今店舗にはない」

と言われ、行くのを諦めました。

だけど何か自分の心の中でモヤモヤ。まっ、こんな時に霊感っていうかそういうのが働いて、電話の相手が嘘をついているのが伝わってきました。

今日実際に朝一番でその店舗に行って見ると、自分が探していた物がちゃんと売ってありました。

ヽ(`Д´)ノプンプン

とりあえず、無いと答えておけば問題ないだろうと思ったんでしょうが、嘘はよくない、嘘は!

これね、こういうのね、本当にドミニカ共和国ではよくあるっていうか、みんないい加減だから、電話してもまともな答えも得られないし電話するだけ無駄なドミニカ共和国です(´・ω・`)


携帯電話も、好きな番号一つに無料でかけ放題というやつに登録して、確認の為に登録したはずの番号に何分かかけてみるとしっかり課金されていたりとか、もうこういうの当たり前で。

ここでドミニカ人に何かを期待するとか、そういうことをしなければいいんだろうけど、日本人気質っていうのか、

従業員さんは自分の希望に答えてくれる気がして、いつも無駄な電話代ばかり使ってます(๑•̀ㅁ•́๑)✧

旅行で来るぶんにはこのいい加減さも笑いのタネかもしれませんが、

ここに住んでいる外国人にとっては、これが日常です(・∀・)